WR250X 2017 北海道 ツーリング その13(続風力発電編)

2017年8月3日(木) 7日目
a0321323_22172066.jpg

a0321323_22210313.jpg


a0321323_22214045.jpg
これでガーン!と青空で雲の影が丘陵に落ちる感じの写真が撮りたかったのですが、どうにも神様は微笑んでくれなかったようです

a0321323_22234216.jpg
撮影開始から2時間ほど経過

これ以上は見込めないと思い切り上げにかかる
a0321323_22241109.jpg

a0321323_22251808.jpg

a0321323_22262227.jpg

a0321323_22271810.jpg


a0321323_22274294.jpg
14:22 撤収!

お気に入りの屋久島タオルをここで落とす…

残りは2日
北海道滞在期間8日中の3日を宗谷丘陵に費やし大した結果もでなかった(笑)
ある意味諦めがついたので南下する事にする
a0321323_22352124.jpg
14:42 白い貝殻の道を超えて日本海側へ

昨日の知床半島と同じ
日本海側は晴れてきている
オホーツク海側から湿った風が入ってきて丘陵で大挙しているわけだ…
a0321323_22384341.jpg
時期的にそういう天候になりやすい時期なのだろうか?
今のところオロロンラインはいつ来ても晴れである
a0321323_22420113.jpg
7日目にしてスリップライン到達
舞鶴から高知までの事も考えるとちょうどいいくらいなのかもしれない
渡道して初日でスリップライン出たらどうしようかと思っていたが意外に最後はしぶとく頑張ってくれた

国道238号で稚内方面へ
国道40号で南下開始
a0321323_22471552.jpg
宗谷丘陵へ何度も北上、南下を繰り返していると、さすがにつまらなくなってきていた時に思いついた事
「そうだ!カントリーサインを撮ろう!」

抜いた車に抜かされたり、何度も追い抜いたりと色々面倒ではありましたが、それなりに楽しかったカントリーサイン集め
これがなかったら、もっと気が滅入っていたと思う
ただ高速道路は路肩で停まることができないため、何個も何個も泣く泣くカントリーサインをパスする事になった

今回の旅のカメラはRICOH GRとOLYMPUS O-MD EM-1markII
E-M1はタンクバッグへ
GRはリュックのベルトに取り付けたポーチへ
バイクに跨ったままであるとか、タイムスタンプ的な用途ではGRが片手で取り出せるのでGRをメインで使っていた
…が、ここに来てGRの動作がおかしい…
電源入れてシャッターを切ろうとすると電源が落ちる
電池を入れ替えてみても同じ
レンズが沈胴せず途中で止まっている!?
わざわざ、まぁ、こんな旅の途中で壊れるだなんて…

何かあるたびにE-M1をタンクバッグから取り出すのは割りと煩わしい…
でも、残り2日、E-M1 1本で頑張っていくしかない!

a0321323_23022034.jpg
15:32 豊富バイパス(無料区間)

幌延ICまで南下し121号、232号で日本海を目指す
a0321323_23063966.jpg
16:05 右手にオトンルイ風力発電所が見えてくる

これをバックに撮れるいい場所がないかと付近の小道を探る
a0321323_23103923.jpg
そこそこ開けたいい場所を発見
バイクを停めて準備する
a0321323_23115668.jpg
地面が柔らかかったようで…
a0321323_23135186.jpg
突然、傾き、一気に!
a0321323_23145055.jpg

a0321323_23075201.jpg
フルバンク停車!

さすがにフル積載は重たくシートバッグは外さないと起こせなかった
a0321323_23171652.jpg

a0321323_23180199.jpg
16:17 そろそろ今夜のお宿を決めないといけない時間

天塩の道の駅で休憩しながら考える
すぐ近くに鏡沼海浜公園があるが残り2日という事を考えると少しでも南下しておきたい

再び232号を走り始める

日本海と太陽を眺めながら南下していく
今日は絶好の夕日日和かもしれない

遠別の街中を過ぎ、富士見ヶ丘公園か、もう少し頑張ってみさき台公園にするか迷う
みさき台公園まで行くと日没してしまいそうなため富士見ヶ丘公園へ
a0321323_23314524.jpg
17:03 道の駅 富士見

とんがった屋根の建物で受付
どうも山側が富士見ヶ丘公園キャンプ場で、海側が遠別川河川公園キャンプ場といった仕組みらしい
「夕日はどっちがオススメですか?」と聞くと
「断然、海側です!」との事

受付を終え海側へ移動
先客はドゥカ モンスターさん お一人
a0321323_23370827.jpg
18:04 設営完了
a0321323_23403261.jpg
ポールとタープだけなのでそれほど荷物にならないかと思い、一応持ってきておいたヘキサタープ

久々にこの張り方した気がする
同じキャンプ場にテント張りっぱなしで長期滞在するならタープもありかなぁ…

遠別の街中にセイコマがあるので食料調達&ガソリン給油を済ませておいた
a0321323_23461856.jpg

a0321323_23464910.jpg

a0321323_23472554.jpg
18:53 日没

ファミキャンの方が1組増えただけで、広大なキャンプはスッカスカ
さすがに疲れが溜まってきたようで割りと早く寝たような気がする

…と!?けたたましくサイレンが鳴り響く!?
a0321323_23505993.jpg
20:45 遠別の街の方で火事発生

すごい燃えていたわりには短時間で鎮火されたようだった

そのまま就寝…
a0321323_02301406.jpg
7日目 走行距離:371km

その14に続く

Commented by noahhaon at 2017-09-27 22:34 x
mystさん,はじめまして。岡山のおじんWR乗りのnoahhaonです。時々,以前よりブログを拝見させてもらっていました。
私もここ8年連続で北海道の旅を楽しんでおります。とは言っても,トランポに積んでの気ままな旅なんですけどね。
望羊の丘,函岳,宗谷丘陵と自分のお気に入りの場所へ旅されていらっしゃるので,思わず読みふけってしまいました。函岳からの夕暮れの利尻の写真には感動しました。私も三回登りましたが,利尻がかすかに見られたのは一回だけでした。地元の人によるとなかなかめったには見られないそうです。

学生時代に四年間,高知に住んでいたもので,懐かしさを覚えコメントさせてもらいました。
この後の続きも楽しみにしております。よろしくお願いします。
Commented by mystxl1200 at 2017-09-28 21:13
> noahhaonさん、初めまして。ブログ拝見いたしました。
8年の歴史を見ていると当然、天気の良い年もあれば悪い年もあるわけですよね。
あの時、あの場所で利尻富士を見れた事はやはり運が良かったというわけで、宗谷丘陵で霧が晴れなかった事も全体を通せば何処かでバランスが取られた結果なのでしょう。
次回、渡道するのはいつになるか分かりませんが、今回のような利尻富士を函岳から見ることは二度とないのでしょう。
そう思うと今回は残念でしたが宗谷丘陵の方がチャンスはあるように考えられるようになりました。
ありがとうございます。
Commented by MuhW at 2017-09-29 20:00 x
初めまして。
MuhWと申します。

昨日、このブログを発見し、北海道ツーリング13巻まで拝見させていただきました。
写真も満載で大変面白かったので、一気読みでした。
今後も楽しみにしております。

実は僕も今年の夏休みは北海道でした。
約10年ぶり。
久々の北海道で、しかも次はいつ行けるか分からないので、相当なな気合いを入れて走ってきました。
僕の場合はキャンプじゃなくて全てホテル泊でしたが。
走る距離はmystさんには遠く及ばないと思います。
宗谷岬に3回も行くなんてすごいですね。
1日に500kmオーバーとか・・・
真似できそうもありません。

また寄らせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by mystxl1200 at 2017-10-01 18:55
> MuhWさん、初めまして。
やっぱり今回は初回という事もあってモチベーションが高かったのでしょう。
次回、行った時も同じようなテンションで動ける気はいたしません(笑)
気軽に動きたい性分のため行き先や時間に制限がかかるホテル泊が私は苦手なのです。
でも今回思ったのは余裕を持った旅ができるのはホテル泊な気がします。
廃墟巡りも味があって楽しそうですね。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mystxl1200 | 2017-09-27 00:00 | ツーリング | Comments(4)

バイク、アウトドア、カメラ、アクアリウム、プラモデル、ゲームなどなど 好事家らしく色々な事に手を出していきたいと思います。


by myst
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30