カテゴリ:ツーリング( 109 )

WR250X 2017 北海道 ツーリング その3(北海道上陸編)

2017年7月29日(土)2日目
a0321323_02093079.jpg
0:30 予定時刻どうり福井県敦賀港を出港

ツーリストAは一番奥のベッドだったためか、プライバシーも確保でき熟睡する事ができた
低い振動がずっと伝わってくるが、逆にそれが心地いいくらい
電灯にコンセントがついておりスマホ等の充電も可能
延長コードや分岐するヤツがあればさらに便利

7:53 朝食
食べたい物を全部取って行ってたら朝食にもかかわらず1000円とかいってしまうので要注意( ̄Д ̄;;
a0321323_00420836.jpg

a0321323_00423769.jpg
しばらく船内を散策
a0321323_00453423.jpg
9:35 ルート思案に入る

荷物は減らしておくべきだが出発前に電子化する暇がなかったのでBikeJINの8月号を荷物に忍ばせといた
北海道特集号である
今考えると最初から電子版買えば良かったんだな…
雑誌見て、ツーリングマップル見て、事前に作った行きたい場所リスト見て…
スマホも電話も使えないので、多分昔から変わらないライダーの時間の使い方
新造船ではwifi環境があるらしいが、むしろない方が幸せな時間の使い方ができるのかもしれない
a0321323_00460542.jpg


















10:24 すいせん とのすれ違い

フォワードサロンがエアコンもよく効いており、ここで地図を広げる事にする
敦賀港で知り合った2人組の方に「WRの方ですよね?」と声をかけられしばし話をする
何度も渡道しているそうで、色々分からない事を聞いてみた

Q:1日、どれくらい走る事ができるものなのか?
A:500~600くらいは走ろうと思えば可能

Q:苫小牧東港に着くのは夜だが、到着後、みんなどうするものなのか?
A:私達はホテルが取れたが、道の駅等でゲリラキャンプしているような景色はよく見かける

Q:行きたい場所がたくさんあってルートが難しい
A:晴れている場所向いて走るのが正解!

他にも20年ぶりの北海道ツーリングの人がいたとか、色々教えてもらった
話終えた結果…「こりゃ今考えても無意味だわ」と思いルート思案を断念
着いたら天気調べて、また考えよう

お昼ごはんを食べて午後からベッドで横になる
太平洋側に出てから多少の揺れを感じるようになって、念のため酔い止めを飲んでおく

苫小牧東港には20:30着岸予定

文庫は2冊持ってきていたので読みふける
眠くなったらそのまま寝て、目が覚めたらまた読みふける

森博嗣 キウイγ(ガンマ)は時計仕掛け
Gシリーズはあいかわらず横軸は軽く扱われ縦軸がメインで進んでいく
次作から一気に縦軸がたたまれて行く模様

夕方には読み終わり夕食をどうするか思案する
動いてはいないのでそこまでお腹は空いていないが食べられないわけではない
北海道到着後の予定が未定なだけに軽く食べておこうと思い福井フェア中のひやしぶっかけそばを食べておいた
フェリーの食事には全然期待していなかったのだが全然美味しい!
このフェリー…快適すぎる…

a0321323_01324398.jpg
20:37 いよいよ降車準備

車両甲板が暑すぎる…
ひとまず上着を外付けしTシャツで準備していく
みんなワクワクが止まらない!!!

ライダーが順番にランプウェイを降りていく
係員さんにどうぞと言われ、ついに北海道に降り立つ!

「思えば遠くへ来たもんだ」

WRで 高知から 北海道へ 着いてしまった…
すげぇなぁ 何とかなるもんだなぁ

a0321323_01330181.jpg
20:51 汗が引くまでちょっと付近を走行

荷物を確認し、いよいよ最初の目的地へ

北海道、最初の目的地は「室蘭」
室蘭の工場夜景が綺麗との事でまずはここを目指すことに

北海道は動物が出てきたりして夜間に走る事が危険らしい
というわけでわざわざ夜間に動く日を増やす事もないだろうと思い、夜間到着した今日のうちに行ってしまえばいいのでは?と考えた結果、本日室蘭工場夜景に行ってみる事にした
右も左も分からないのでひとまずナビアプリで室蘭へのルート検索…
距離が100kmって表示され「へ?!どういう事?!」と思って確認するが間違ってない模様
私の中の室蘭までは20,30分も走れば着くようなご近所なんだと思っていたが、そうでもないらしい

夜間に下道は危険と感じたのでおとなしく高速道路へ
道中お腹が空いてきて、北海道最初の食事はどうすべきか迷ったが
a0321323_01331764.jpg
21:40 途中のPAにセイコーマートがあったので晩飯を調達

ある意味、これこそ北海道飯なんだと思う

結局1時間走り続け室蘭に到着
フェリーで見たBikeJINの情報からまずはちきう岬へ

BikeJINのちきう岬の写真は夜間の灯台と海面が月に照らされ非常に綺麗である
a0321323_01292044.jpg
22:44 ちきう(地球)岬 到着

誰もいない
そして何も見えない

高速道路道中で月が沈んでいくのが見えた
それでももしかしたらと淡い期待を持って来てみたが霧の中を灯台がグルグル廻るだけ

a0321323_01323052.jpg
23:17 道の駅 みたら室蘭

行き当たりばったりで来てみてもいいロケーションが見当たらない
時間も時間なので最後に室蘭大橋の動画でも撮って終わろうと思い橋を渡る
a0321323_01445326.jpg
橋を渡った先に埠頭があり、何枚か撮ってみる
a0321323_01464545.jpg
23:54 何枚か撮っているうちに一番シンボリックな白い塔のライトが消えてしまい時間切れを悟る

今夜のお宿はここからほど近い室蘭岳山麓総合公園
キャンプ場は無料のため、そのまま突撃!

途中セイコマで明日の朝食を買っておき、20分ほどで到着
音を立てないように駐車場でテントを組み立てそのままキャンプ場に移動

初日からちょっとハードスケジュールでしたが、多分、私の旅はずっとこんなんだろうなと思いながら床につく

その4へ続く
すべてがFになる (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 5,527

[PR]

by mystxl1200 | 2017-08-22 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 2017 北海道 ツーリング その2(フェリー乗船編)

2017年7月28日(金) 1日目

雲行きがあやしいが大野ダムをあとにして日本海を目指す

12号から国道162号で北上する
大野ダムを出たあたりで多少の水滴が落ちてきたが気にしない事にしたが…
a0321323_00570203.jpg
14:51 162号で山に入った途端、ピンポイントで豪雨に…
あまりのドシャ降りに道端の東屋で雨宿り
30分ほどで雲は移動するようなのでひとまずここでやり過ごす
時間的に問題になるようなロスではないので色々お天気アプリを試してみる
a0321323_01121799.jpg
15:33 雨が止まないものの小降りにはなってきた
まさか本州で雨具フル装備になるとは思わなんだ…
ひとまずこれからの長い行程を考えると、何よりブーツを濡らす事が一番問題と思えたためブーツカバーまで着けての完全フル装備

福井県に入り16号へ
このあたりはすでに路面すら濡れていない
やはり美山周辺のみ降っていたようだ

16号から1号へ折れて農道を走っていく
以前の福井ツーリングの際に諦めた大津呂ダムを目指す

今回もなかなか道が分からなかったが、遡上する川が分かれば後は簡単だった
ダムまでの道にフェンスのゲートがあり自ら開閉する必要があり
a0321323_01152578.jpg
16:30 大津呂ダム 到着
ダムカード:大津呂ダム管理事務所8:30~17:15(4月1日~11月31日は水曜日のみ12月1日~3月31日は全日)
天端が折れ曲がっているちょっと変形仕様

職員さんと話していると
「高知からきたヤツなんか初めてやぞ」という事で記念写真を撮ってくれた(笑)

今日、かなり余裕を持って朝早く出てきた理由のひとつに福井県にある真名川ダムに行こうと思っていた
アーチ式ダムでかなりの大きさなので見ておきたいと思ったからだ
この感じだと朝2時とかに出ないと間に合わなかったのかもしれない…

時間的にダム巡りも大津呂ダムが最後となり、あとは敦賀のフェリーターミナルを目指すだけ
国道27号まで出て小浜西ICから舞鶴若狭道に乗ろうかと思ったが時間的にも余裕があるので下道で敦賀を目指す事にする
もっと時間が早ければ三方五湖レインボーラインとかも走ることができたなぁ
a0321323_01464000.jpg



















19:05 新日本海フェリー 敦賀フェリーターミナル 到着

ひとまずフェリーターミナル到着
ご飯など食べるところがあるのかなと期待していたが時間的にやってないようだった
e乗船券発行済のため特に現地での手続きはないはずだが、なにぶん初めてで作法が分からないため窓口で一応聞いておいた
23時過ぎに乗船開始らしい

ひとまずは晩飯にしようと思い、敦賀の街中まで戻ってみる
アルプラザ(by平和堂)があり非常に懐かしく思う
ここで飯でもと思って入ってみたがフードコートはもう閉まっていた
仕方なく近くのコンビニで晩御飯を済ます
a0321323_01563830.jpg
20:10 再び敦賀港へ

戻ってきたら丁度、今日乗る便が北海道から着岸するところだった
これは何だろ…今までに乗ったことないサイズだなぁ…
大阪高知特急フェリーでもここまで大きくなかった

a0321323_02003144.jpg


















21:18 バイク整列開始

ひとまず並べといてとの事なので1番乗りで並べておく
2番目の兄ちゃんも北海道は初めてとの事で作法が分からないそうだ
ひとまず何も分からない2人はバイクだけ並べてお呼びがかかるまでターミナルで時間つぶし

a0321323_02051265.jpg


















23:15 まもなく乗船開始アナウンス

戻ってみると結構な台数のバイクが並んでいる
一番混むであろうお盆シーズンを外してこの台数なのでお盆の時はすげぇ台数なんだろうなぁ…

a0321323_02093079.jpg

















23:45 乗船 完了!

サイドバッグやシートバッグは特に外すような指示もなくこのまま固定してくれるようである
タイダウンベルトでの固定は船員さんがやってくれるので必要な荷物だけもって船室へ上がる
a0321323_02095959.jpg
23:52 今夜のお宿に到着 ツーリストA

出港は0:30だが特に何かあるわけでもないので早々にお風呂へ
風呂がある規模のフェリーは初めてだったが快適だなぁ…
大阪高知特急フェリーは21:30出港、翌朝到着とかだったけどお風呂なかったなぁ

売店で缶ビールとおつまみ買って焼きそば食って飲んでそのまま就寝…

20:30には初の北海道 苫小牧東港に入港だ!
たかまる~!

1日目 走行距離 601km

a0321323_02254829.jpg























高速道路主要24時間給油箇所
豊浜SA 吉備SA 西宮名塩SA 淡路島SA
吉野川SAは24時間ではないので明石海峡ルートの場合は要注意
淡路島SAから高知市内まで200km超えます

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル
エスエス製薬 (2005-05-01)
売り上げランキング: 15

[PR]

by mystxl1200 | 2017-08-17 00:00 | ツーリング | Comments(2)

WR250X 2017 北海道 ツーリング その1(本州編)

2017年7月28日(金) 1日目

いよいよ出発ですが、西日本からの渡道となるため京都府舞鶴港からのフェリーが最もポピュラーな渡道方法になると思われます
もう少し足を延ばして福井県敦賀港からの便もあります
これ以上東となると新潟まで行くことになり、西日本からは現実的ではありません
ただし新潟便は北海道に早朝着くため、着いたらそのまま北海道を満喫できます
舞鶴、敦賀便は夜間に到着のため、到着日は宿直行なパターンが多いようです

というわけで北海道ツーリング 第1日目ですが、北海道にたどり着くのはまだ先の事となります

a0321323_23465101.jpg
5:44 なんとか天気も保ちそうな雰囲気

当日朝にも多少パッキングを見直したため多少出発が遅れた
行きのフェリーは福井県敦賀港 0:30発(23:00集合)
時間的にかなり余裕があるが、なにぶん初めての事で余裕を持って動きたいためとりあえず早朝に出ておくことにした
と言っても敦賀まですら400km以上あるので、何か途中でトラブルが発生してもおかしくない

スタートメーターは 38200km
2014年4月、14000km中古車で購入して24000km以上
年式は2008年式のため決して新しいとは言えない車体ですがエンジン関係でのトラブルはなし
基本的なメンテナンスは素人整備で賄っているが、さすがはトレール車なのか大きなトラブルもない
a0321323_00084128.jpg
2017年の4月にRにコンバート可能になり、しばらくオフホイールで遊んでいたが今回の北海道ツーリングに向けてモタードに戻した
タイヤライフは私の計算では残り5000kmほどはイケるはずである…
高速移動が多くなると思われる北海道ツーリングだとモタードの方が適していると考えた
問題は行きたい場所にダートがかなり含まれているが、そこは根性で何とかしようと思う( ゚Д゚)y─┛~~

まずは本州へ
速さと値段を兼ね備える瀬戸大橋ルートで本州へ
ビッグタンクなので300kmほどガソリンに不安はないため、吉備SAで給油(24時間営業)
瀬戸大橋ルートの場合、四国側で給油できるとなると豊浜SAが24時間営業
山陽道から中国道へつなぎ10年前に住んでいた吹田を通る
宝塚から吹田に向けてモノレール沿いを走っていると、毎回、何かちょっとこみ上げるものがある(笑)
名神から大山崎で初めて走る京都縦貫道へ

とにかく暑い…
快晴というわけでもなく曇りなのだが暑くてへばる…
そのためか、やたらと眠い…
休憩の間隔が短くなりなかなか距離を稼げない
仕方なく日焼けを覚悟してTシャツにプロテクター仕様にして走る事にする
これでも眠くてシールド全開で走ることに
念のため持ってきておいたサングラスが役に立った

12:49 京都縦貫道 園部ICで高速を降りる
そのまま敦賀まで上で走っても楽しくないので寄り道をする事に
250ccクラスのバイクとしてWR250Xは高速道路を走ってもそれなりに走る事ができる部類のバイクだとは思うが大型に比べればさすがにツライ
セローとかに比べれば格段に楽だとは思いますが…

園部ICを降りて道の駅で小休憩をして19号へ
a0321323_00360542.jpg
13:05 日吉ダム 到着
ダムカード:日吉ダム管理所9:00~17:00(土・日・祝日を含む)
a0321323_00345542.jpg
なかなかのサイズ感
管理所で対応してくれた職員さんとしばらく談笑
「高知からわざわざ…」という事で「このまま北海道へ行きます」と応えておいた

50号、445号を繋いで国道27号へ
畑川ダムを探すのに多少手こずる
下山バイパスさえ分かればすぐに見つける事ができるだろう
畑川ダムはわりと最近できたダム(2013年完成)
小奇麗なちんまりとした重力式コンクリートダムだった
a0321323_00462838.jpg
13:51 畑川ダム 到着
ダムカード:大野ダム総合管理事務所9:30~16:30(土・日・祝日を含む)

国道27号から12号へ分岐
a0321323_00492189.jpg
14:09 大野ダム 到着
ダムカード:大野ダム総合管理事務所9:30~16:30(土・日・祝日を含む)

何だか雲行きがあやしい…
北海道はまだまだ遠いなぁ…

その2へ続く
a0321323_02254829.jpg






















高速道路主要24時間給油箇所
豊浜SA 吉備SA 西宮名塩SA 淡路島SA
吉野川SAは24時間ではないので明石海峡ルートの場合は要注意
淡路島SAから高知市内まで200km超えます



[PR]

by mystxl1200 | 2017-08-15 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 2017 北海道 ツーリング 準備編

a0321323_23572636.jpg


















2017年7月28日(金)から8月7日(月)
11日間(北海道滞在期間 8日間)の長期ツーリング
人生初の北海道を自分のバイクで旅する事にしてみた

まずは身につける物
下着:ユニクロ エアリズムにTシャツ
上着:パタゴニア R2ジャケット(フリース)     
   カリマー タイクーンジャケット(ハードシェル)
       アチェルビス IMPACT-EVOニーブレース AC-17195

上着は2枚、バイク専用の物を持っていないので山用の物から転用
タイクーンジャケットとセットのフリースは厚すぎるのでR2ジャケットに変更
ハードシェルはアークテリクスのサイドワインダーでも良かったのだが、色が黒のためハチなど虫対策にオリーブ色のタイクーンジャケットにしといた
エルボーガードも持っていこうかと思ったが、おそらく暑くて嫌になると思い、出掛けに玄関に置いて行った
ブーツは林道を考えるとオフブーツ一択
ヘルメットはショーエイ GT-Air
VFX-Wも考えたが雨を考えるとオフメット、ゴーグルの組み合わせは泣けそうな気がした

背中にリュックを背負う
a0321323_02220086.jpg

























リュック:ERGON BC2
内容物:本、熊ベル、レンズ1本、電池類、三脚、筆記用具、動画用小物
カメラをすぐに取り出せるようにと考えた結果
a0321323_00372577.jpg
















かつてのマラサイかと思えるほどに前にカメラバッグを取り付ける
カメラバッグ:パーゴワークス フォーカスL(カメラ&レンズ、予備電池パック)

リュック前後の重さ 6.0kg


バイクに積載する荷物
a0321323_02224599.jpg






















レンズ1本、ツーリングマップル、ipad、DCコンバーター、充電機器

車両のDCソケットは1口のためDCコンバーターを取り付けACコンセントとETC用のDCソケットを確保、ACコンセントにANKERの充電器を取り付けUSB充電を5口確保

タンクバッグ重量 4.2kg
a0321323_02232118.jpg































左:ブーツカバー、レインウェア、レイングローブ
  救急セット(ポイズンリムーバー等)
  山用サバイバルセット(ヘッドランプ等)
  ジャンプスターター
  ガソリン(携行缶1000ml)
  ボトルホルダー:ナルゲンボトル 1000ml

右:三脚、GoProセルカ棒
  積載用の予備ロープ、ネット
  チェーンオイル、ディスクロック
  雑巾、ヘリノックス チェアワン
  ボトルホルダー:ナルゲンボトル 1000ml

シートバッグを外した状態で遊びに行けるように必要と思われる物をサイドバッグに入れました
万が一のためにジャンプスターター
ガソリン携行缶は1Lの物
三脚は星撮り用のしっかりした物
走行距離が距離だけにチェーンオイル
左右のバッグに外付けのボトルホルダーを取り付けナルゲンボトルをセット

サイドバッグ重量 12.0kg

a0321323_02240742.jpg






















上:食品(カレー、コーヒー等)
  GoProグルグルマウント
  着替え(4日分)
  お風呂セット(石鹸、ひげ剃り、歯ブラシ、速乾バスタオル等)
  タオル、手ぬぐい、洗濯用洗剤
  ゴミ袋(大、小)サコッシュ、ドライバッグ
  プラティパス 1L×2本、シェラカップ、電池類

下:シュラフ(ダウンハガー 800 #3)、シュラフカバー
  テント類(ドマドーム、グランドシート、ペグ)
  トレックタープ、ポール、テーブル、ランタン
  バーナー(プリムス イータパックライト OD缶 110、500)
  ヘリノックス タクティカルコットコンバーチブル
  虫除けスプレー、延長コード、ハンガー
  
外付け:サーマレスト Zライトソル
           Zシートソル
    サンダル

上は生活用品、下はキャンプ用品
ここに入れてある物、全てを置いた状態で出かけられるようにサイドバッグ等に必要な荷物は振り分けた
着替えは下着、靴下、Tシャツを4着(3日+予備)
お風呂セットは着替え等を入れて単体で持ち出し可能
バーナーは汎用性を考えP153とクッカーの組み合わせでなくイータパックライトに
火器とランタンの同時使用を考えてOD缶は計2本(110と500)
110はイータパックライトに内蔵可能

シートバッグ重量 上:12.4kg 下:11.9kg

荷物の合計重量は、およそ50kgほど

この組み合わせでキャンプツーリングはしまなみ海道と剣山スーパー林道で実施済み
ただし一泊のため、ここまで長期間のツーリングは初めて
動画、静止画の撮影機材がそこそこ多いため一般的に北海道ツーリングするだけならここまで大荷物にならないと思われる

出発するまでは毎日、天気とにらめっこ
何が必要で何が不要で…
出発してようやく気が楽になった
忘れ物あっても、もう戻れないしw

その1へ続く
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/グランドシートバッグ MFK-222
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/グランドシートバッグ MFK-222

[PR]

by mystxl1200 | 2017-08-13 23:50 | ツーリング | Comments(0)

帰高


a0321323_15203606.jpg































2017年8月7日(月)
早朝5時頃 無事、高知の自宅に帰り着きました

7月28日(金)~8月7日(月) 計11日間 北海道滞在期間 8日間

走行距離 4460km(高知~敦賀、舞鶴~高知含む)
給油回数 23回 154.01L

しばらくネタには困らないですみそうです

みなさんも遠出する際は丈夫なケーブルを持っていきましょう


[PR]

by mystxl1200 | 2017-08-08 23:41 | ツーリング | Comments(0)

論理計算

a0321323_22210443.jpg
過去にこんな記事を書きましたが

これは 死ぬまでにやってみたい事 AND 行きたい場所 なわけで
死ぬまでに行く場所 なのかもしれない
例えば 死ぬまでに行ってみたい場所 なら ウユニ塩湖  とかになるけど
北海道となれば現実可能LVを考えると行けるはず!

というわけで本日2017年7月28日(金)より北海道に向けて旅立ちます
往復で4日間潰れるんですけど…

a0321323_21511708.jpg




























贅沢は言わない
道北と道東さえ晴れてくれればそれでいい

荷物の総重量は50kg弱
だいたい女性の平均体重くらいか?
つまり嫁さんと一緒に行ってるようなもんって事だな!?

ERGON(エルゴン) バックパック BAG29402 ブラック ラージ
ERGON(エルゴン)
売り上げランキング: 396,713

[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-28 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 豪雨の旅

2017年7月8日(土)
本当なら今日、北海道へ旅立っているはずだった…
だった…

まぁ色々あって後ろへ後ろへスライドしていますが
準備は着々と進んでおります

高知から北海道までの旅はおそらく非常に長距離を走ると思われるため
オフタイヤでは高速道路での移動が辛いので久々にモタードに戻しました
北海道でも当然ダートは走るつもりですが、まぁ…何とかなるでしょう…

そんなこんなもありまして換装しての試走もしたいが
メッツラー ツアランスネクストがおそらく5000kmほど使用
今回の北海道ツーリングで敦賀、舞鶴への行き来だけでも900kmほど
ピレリ スコーピオントレイルよりツアランスネクストの方が
おそらくライフが長いと思われる
多く見積もって今回の北海道ツーリングで5000kmほど走ると思えば
あまりツアランスネクストを消費できる状況ではない

というわけで近場をちょっとぐるっと巡ってこようと思い
出発してみた
そう…朝晴れてたから天気予報なんか見ずに…

10:30頃 出発
a0321323_01483785.jpg
10:42 鏡ダム

おぉ!放流中!!
梅雨が梅雨らしく今週は結構降ったのでこれはひょっとしたら…
と思い早明浦ダムの放流を期待して向かってみる
a0321323_01530498.jpg
鏡ダムからオーベルジュ土佐山へ抜けて全く知らない道を走ってr16へ
工石山を抜けてポツポツ、ヤツが降り始める…
a0321323_02070406.jpg
着るか着まいか迷っているうちに土砂降りに…
こんなつもりじゃなかったのに…と思いつつカッパを着る

山を降りて土佐町に着くまでに雨は止んだ
路面さえ濡れていない…
雨粒が痛いほどの雨だったんだけどなぁ…
全然だなぁ…

a0321323_02145744.jpg



















ひとまず荷物を乾かす
ブーツへの浸水が半端ない…
いくらゴアテックスでも上から水が掛かったらどうしようもない
a0321323_02152636.jpg

















12:15 早明浦ダム 到着

予想に反してゲートは一切開放なし
考えが甘かったようです
まぁ放流されてたら、ここも水浸しなんですけど…


a0321323_02161931.jpg


















天端を渡りグルっとダム湖を廻る
r17で大川村へ
30分ほど走ると
a0321323_02170197.jpg
13:25 またもや本降りに…
これは…もう…回復しないパターンの…ヤツや…
a0321323_02173148.jpg
13:44 雨の高藪取水堰
a0321323_02183386.jpg
13:50 雨の大橋ダム

a0321323_02190362.jpg
14:18 雨のエネルギープラザ本川 到着

2017年4月よりこちらでダムカードの配布が始まりました
大橋ダム(高知県いの町)、稲村ダム(高知県土佐町)
長沢ダム(高知県いの町)、大森川ダム(高知県いの町)

四国堰堤ダム88箇所巡りで巡ってる方なら写真は問題ないかと思われます
各ダムはそれぞれ離れていますので要注意!

地元でわざわざこんだけ雨に降られるツーリングってのは…
北海道に向けて荷物整理での問題発見もできたのでよしとしよう



[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-26 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X ダート天国の旅 その2

2017年6月3日(土)

r40をそのまま進んで長沢ダム湖方面へ

この付近は県内屈指のダート天国
以前はモタードで来ましたが、今回はオフタイヤで走ってみようと思い今回のルートに
a0321323_18200017.jpg
14:43 10分も走らず、すぐ行き止まり
a0321323_18202010.jpg
橋を渡ればすぐ行き止まり
a0321323_18203443.jpg
15:03 ようやく以前出てきた場所を発見



ツーリングマップルでは、まず東谷伊留谷林道で、その先に伊留谷林道となってます
a0321323_16464364.jpg


a0321323_16471316.jpg
分岐は数多いですが、ほぼほぼ立て看板が出ているので好きなルートで走れます
a0321323_16481248.jpg
15:46 ダート天国の中央に鎮座する大森川ダム

最近ダムカードも発行されました
判子はここですが、カードは全然別の場所となります
この大きさのダムで中が中空ってのが信じられない…

a0321323_16564664.jpg
奥南川林道から来ると、この場所で右へ橋を渡ればダム上流へ
左へ直進すればダム下流へ

a0321323_16595966.jpg
15:55 このラジアルゲートが開いてる時はあるのだろうか…

是非その様子を見てみたいなぁ…
a0321323_17152065.jpg

















前回は余裕がなく下流側に来なかったので(というより下流側に来れる事を知らなかった)
今回、満を持してオフタイヤでの大森川ダム
a0321323_17155830.jpg

















四国堰堤ダム88箇所巡りやってなかったら出会うこともなかったんだろうなぁ…

a0321323_17291219.jpg

a0321323_17294230.jpg

a0321323_17304597.jpg
撮影会に満足し、今度は奥南川林道へ向けて帰る
次回はまた走ったことないルートで来てみようと思う

16:27 奥南川林道 起点 到着
a0321323_17403663.jpg
高知からR194で新大森トンネルを抜けて逆Y字路を川を渡って登って行けば
旧大森トンネルに到着します
旧トンネルはフェンスがされており通行不可
このトンネル手前が奥南川林道起点となる

a0321323_17440581.jpg
17:28 自由軒伊野出来地店

ここ1年のツーリング中の自由軒率が高すぎるw

18:26 帰宅

a0321323_17472623.jpg






















走行距離:372km
活動時間:12時間

四国堰堤ダム88箇所巡り:白猪谷堰堤

[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-11 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X ダート天国の旅 その1

2017年6月3日(土)

出発は普段より多少遅い6:30
a0321323_23235810.jpg
7:53 道の駅 木の香温泉

本日は箱なしで軽快なスタイル

7:57 寒風山トンネル

いつもどおり南側から登り始める
a0321323_23355807.jpg

















8:36 町道瓶ヶ森線(UFOライン)

a0321323_23362744.jpg

















晴天まであと一息…ここ半年では一番、晴れてたかもしれない

a0321323_23365720.jpg

















どうしてあの時、写真を撮っておかなかったのか悔やまれる…


なかなかこの時くらいの快晴に出会う事ができない

UFOラインを石鎚スカイライン向けて降りて行くと
a0321323_23522659.jpg
ポコンとした山が見えてくる
私が過去登った山の中で一番怖かった山「子持権現山
まぁ登ったのは小学生の頃なんで30年ほど前ですが…

鎖場はすでに石鎚山で何度も経験しておりましたが、
おそらく瓶ヶ森に登った後だったんだと思います
瓶ヶ森はそれほど時間がかからずに登れてしまうので
消化不良でもう一山と父親が思ったのでしょう…

当時は今みたいにネットに情報は溢れてないので、
この山の情報を父親が持っていたとは思えません…
帰り道に登山口があったので登ってみよう程度な感覚でしょうw

町道のヘアピンカーブから登山口が始まります。
取り付いたら後は直登…
80mの鎖場です
石鎚山のような傾斜の鎖場でなくほぼ直登の鎖場となります
足場も悪く休憩箇所もないと思った方がいいでしょう
落ちたら…言うまでもなく…
ひたすら怖かった記憶しかありません
登るより降りる方が怖いはずですが、よく降りられたもんです…

ジャンダルムもびっくりの山が四国にもあるもんなんですね…


9:09 よさこい峠 着

ここから40号で高知方面へ降りれば長沢ダム方面へ降りる事になります
ひとまず愛媛方面へ

9:17 土小屋 着 (石鎚山登山口)

今年はひさびさに登ってみようと思ってるが…
夏かなぁ…涼しければいいんだけど
そのまま石鎚山スカイランへ降りる

a0321323_00243276.jpg

















9:29 石鎚スカイラインからの石鎚山
a0321323_00252932.jpg

















多分、最後に登ったのは中学生の頃だと思う…
天狗嶽まで行ったことはなく弥山でいつも終わってる

a0321323_00314770.jpg

















9:55 ちょっと寄り道して面河渓へ

アメゴが結構泳いでる

R494とr153で面河ダムを経由しつつ愛媛向けて走っていく

a0321323_00385260.jpg
















11:36 番外堰堤札所 第9番 『白猪谷堰堤』

これで残りは高知、愛媛の最西エリアのみ
あと1、2回のツーリングで完遂する予感…

a0321323_00525136.jpg















チャリダーの間では石鎚山岳輪道と呼ばれているようです
なかなかいいコース、山部分は何処も絶景

来た道を戻りよさこい峠で長沢ダム方面へ

14:13 大瀧の瀧へ

前回来たのは冬場、氷爆の時期

a0321323_00593996.jpg

a0321323_01005823.jpg
迫力は冬場が上かなぁ…
a0321323_01140638.jpg






















その2へ続く


[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-09 17:52 | ツーリング | Comments(0)

WR250X しまなみ海道の旅 その3

2017年5月5日(金)
a0321323_01145061.jpg
4:30頃 起床

特に寝苦しいなどなく快適だった
いつぞやの鹿に囲まれた夜に比べれば静かな夜だった

a0321323_01185494.jpg
5:54 片付け完了 準備完了!

やはり誰一人として訪ねてくるような事はなかった

山を降りて大三島ICから四国方面へ
大三島の問題は観光客の島の出入りが一般的に車しかないにもかかわらず
大三島から出る場合のICゲートが「一般/ETC」の1つしかない事
入って来る場合は「一般/ETC」と「ETC」ゲート、2つだった気がする
昨日、お風呂に入りに行った際、延々と大渋滞が発生していた
島で楽しんで、さぁ帰ろうってところであの渋滞はよろしくないと思う
さすがに早朝のこの時間は一切の渋滞なくスムーズに島を出ることができた
a0321323_01214353.jpg
6:33 四国着 来島海峡SA からの眺め

近見山展望台に行こうと思ったが付近の道路が通行止めになっており
回り道してまで行くほどの事もないかと思い諦める
大島の亀老山展望公園からのしまない海道はなかなかの眺めらしい
あいにくの天気だったためこちらも諦めた
a0321323_01344417.jpg
写真はwebより借用

昨日、大三島に渡る前にダイソーで朱肉は買っておいた
それを持ってまずは昨日のリベンジに
a0321323_01292818.jpg
7:03 第60番堰堤札所 『歌仙(かせん)ダム

9:43 R196、R56、R197と2時間半ほど延々走り八幡浜、王子の森公園付近へ

R378に折れて少し進んだあたりから左折し山の中に入っていく
みかん畑の山だが道が無数にあるので分かりづらい
行き止まる事、数回あったがGoogle Mapの拡大を駆使して何とか行き当たる
a0321323_01451962.jpg
10:06 第49番堰堤札所 『八代(やしろ)ダム

この付近のミカン畑に水をやるためのため池
この建屋の裏に判子がある
a0321323_01480104.jpg
なかなかの鬱蒼っぷり…
a0321323_01484438.jpg
右後ろのみかん畑にも迷い込んだが行き止まりだった…

この堰堤のいいところは…
a0321323_01500463.jpg
佐田岬半島が一望できる
周りはみかん畑なので背の高い木もなく非常に展望がよかった

山を降りて王子の森公園を右折
r25,r26を繋ぐ
a0321323_01511957.jpg
10:59 第48番堰堤札所 『布喜川(ふきがわ)調整池
バス釣りしている人達がちらほら…

r25を更に南下

11:39 道の駅 どんぶり館 で昼食
かなり遠回りして帰っているわりには、そこそこいいペースと思われる

r29で一旦、野村ダムを目指す
a0321323_23405646.jpg
12:43 第46番堰堤札所『野村ダム
ダムカード:野村ダム管理所9:00~17:00(土・日・祝日を含む)

なかなかの賑わいを見せるダム
鯉のぼり見に来ていたのかな

一旦来た道をもどり、西予宇和ICから松山自動車道へ
無料区間を三間ICまで走る
a0321323_23512392.jpg
13:33 レストラン畦みちの花
この地方特有のものなのか、鯉のぼりの竿
まっすぐ立てたものに斜めに短いのを噛ませて鯉のぼりを吊るす
高知では見たことない光景

r57で宇和島へ、R320で再び山の中へ
a0321323_23560347.jpg
14:17 第45番堰堤札所『須賀川ダム
ダムカード:須賀川ダム管理事務所9:00~17:00(土・日・祝日含む)

次がこの旅、最後の堰堤
須賀川ダムからすぐ近く、R320から脇道で森の中へ
a0321323_00162621.jpg

















大したダートではない、土っぽくてしっかり硬いのでオン車でも問題なし
ここから歩きで数分
a0321323_00163787.jpg
14:31 番外堰堤札所第8番『柿原水源地第二貯水池堰堤
なかなか大きな流木がかかっている
あのサイズなら結構な値段で取引されるはずw



あとは延々、下道を…
R320で鬼北町、R197で梼原、津野町を抜けて須崎に降りる
R56で高知方面へ、18時前に帰宅



a0321323_00362140.jpg
























5月5日のルート
a0321323_00372297.jpg






















2日間のルート


走行距離:766km
活動時間:27時間半

ダムカード:玉川ダム、石手川ダム、台ダム、野村ダム、須賀川ダム
四国堰堤ダム88箇所巡り:朝倉、横田調整池、立岩、歌仙、上浦、八代、布喜川調整池、柿原水源地

四国堰堤ダム88箇所巡りも残り、8箇所
終わり見えてきたなぁ…

[PR]

by mystxl1200 | 2017-06-24 00:41 | ツーリング | Comments(0)