カテゴリ:アウトドア( 91 )

あれから5年・・・






a0321323_23362345.jpg
2013年10月 屋久島周遊

2017年度は入社20年
私が入社した会社はすでにありませんが、統合、合併を繰り返した結果
社員の福利厚生にも斜め下の変化がございます
移行期間という事で何とか以前の条件を受けられるようですが、今後は縮小していくようです

というわけで
入社5年目 覚えてない・・・
入社10年目 富士登山
入社15年目 屋久島周遊

a0321323_01065956.jpg
あれ以来、嫁さんとも時々話題に出るが、屋久島にまた行きたい!
縄文杉と白谷雲水峡はもういいんだけども、太忠岳と宮之浦岳に行きたい!
前回、4泊5日で埼玉から24万円ほど

前回に比べれば、道具は揃っているので準備段階でお金はそれほど必要ではないはず・・・

羽田-(飛行機)→鹿児島空港-(バス)→鹿児島港-(トッピー)→宮之浦港 だったわけだが
鹿児島まで高知空港かの直行便はない・・・

となると陸路となるわけだが

高知から鹿児島まで瀬戸大橋経由(軽自動車 ETC考慮せず)
いのIC→鹿児島IC 843km 16690円 9時間42分
ちなみに地理的に考えればしまなみ海道の方が近いように思うが、実際は距離もながく値段も高い
埼玉から高知まで900kmほどで15時間程度だった事を考えると14時間程度だろうか・・・

海路を考えてみる

四国の最西端、愛媛県、佐田(さだ)岬の根本、八幡浜(やわたはま)から大分県臼杵(うすき)へフェリーが出ている
a0321323_00153739.jpg
2010年5月 高速ETC 1000円時代に角島からの帰りにわざわざ九州に渡って臼杵からフェリーで帰ってきた
割と便も多く航路の時間も短いため便利である

高知-(自走)→八幡浜 (いのIC→大洲IC) 195km 3810円 2時間26分
八幡浜-(フェリー)→臼杵港 4m未満 二等 9320円(車+1名)+2310円(大人1名)2時間25分
臼杵-(自走)→鹿児島 320km 5140円 4時間20分

多少、負担は減ったものの、それなりに面倒そうではある
九州への航路はいくつかあるが佐田岬先端の三崎からも出ているが先端に行くだけで2時間ほどかかるので現実的ではない

高知から九州への航路もある
高知県宿毛(すくも)から大分県佐伯へ渡るフェリーもある
高知-(自走)→宿毛 (いのIC→須崎IC) 126km 670円 2時間19分
宿毛-(フェリー)→佐伯 4m未満 二等 9930円(車+1名)+2570円(大人1名)3時間10分
佐伯堅田IC-(自走)→鹿児島IC 304km 4550円 3時間54分

自走距離も抑えられるしお値段もお安い
ただし宿毛佐伯フェリーは1日3便

鹿児島への飛行機は松山からLCC
または伊丹からのどちらか
JRは岡山経由となるため料金、時間とも高額となる

高知から九州へ渡るには現実的に考えて宿毛案かなぁ・・・

鹿児島へ着いてからも、1つ問題がある
自走してきたわけなので手元に車がある
屋久島内での移動をどうするか?
前回はレンタカーを借りたがこのまま上陸も考えてみる

鹿児島からの車も乗せられるフェリーは1日2便(それぞれ別)
 朝便 フェリー屋久島2 県外マイカー往復ネット割引 8:30→12:30
 4m未満 29000円(車+1名)+6700円(大人1名)

 夕便 はいびすかす 往復 18:00→翌7:00
 4m未満 28600円(車+1名)+6600円(大人1名)

はいびすかすは種子島で一晩停泊しているので時間を有効に使うならフェリー屋久島2、一択!
35000円+ガソリン代ほどあれば島内をマイカーで気ままに移動できる事となる
ただし島への出入りにフェリーに縛られる事になる

a0321323_01034794.jpg
ではレンタカーの場合

鹿児島港でマイカーをパーキングへ 4日間(96時間) 5400円
島へはトッピーorロケットで人間のみ往復15000円 × 2名
カミヤマレンタカー 5日間 24000円程度 (軽自動車)+ガソリン代
約70000円ほどの費用と思われる

となると
高知から宿毛へ3時間弱、自走し 0円
(いのIC→須崎IC間は乗ったところで誤差なので下道)

0:30 宿毛佐伯フェリーで九州へ 12500円
(3:40佐伯着 鹿児島港 8:30発に間に合うよう)

佐伯堅田から鹿児島へ304km、4時間半ほど 4550円

8:30 鹿児島港からフェリー屋久島2にて25700円(往復)

12:30 宮之浦港着

前日、20時くらいに出れば翌日昼には屋久島にいることになります
佐伯→鹿児島間の自走がかなりタイト・・・
何かトラブルがあれば、間に合わないでしょうw



というわけで・・・

日程は未定ですが、2017年度の暖かい時期に

a0321323_22045135.jpg
初・北海道 行ってみようと思います!(もちろんWRでソロで)

だって嫁さんと休みが合わなさそうなんだもの・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-23 00:00 | アウトドア | Comments(0)

里山登山 皿ヶ峰(高見山)

2017年1月21日(土)
軽く出かけようという事で前々から行ってみようと思っていた里山に・・・

大した登山ではないので出発は11時
雨具なども持たずおにぎりと水筒をリュックに入れて出発!

11:27 筆山公園 駐車場着(トイレあり)
父親や甥っ子はよく来ているそうで「1時間くらいで登れるわ」と事前情報
a0321323_23175443.jpg
11:30 登山開始!
おそらくこの高見山を目指す事になると思われる

ちゃんとした(登山な)格好な人が多く意外に思う
のちのち聞いてみるとトレーニング用のコースとして結構人気があるそうな

墓地の中を進んでいく
a0321323_23205132.jpg
高知市内を一望できる
a0321323_23222857.jpg
11:39 筆山から登ってきた
皿ヶ峰との分岐点
この先にも烏帽子山、鷲尾山とずっと歩いていけるとの事
a0321323_23220187.jpg
11:59 皿ヶ峰 163m 登頂!
あれ?!もう終わり?!
1時間くらいはかかるって話だったのに?!
a0321323_23221035.jpg
遮る物は特にないので四方見渡せる
ひとまずお昼ご飯にしてちょっと休憩
a0321323_23224447.jpg
分岐から少し先に行くとあるライオン岩と呼ばれる岩
どの辺がライオンかは分からないw

後日、父親に聞いてみると皿ヶ峰から土佐塾中高等学校を横切ってさらに進んで鷲尾山まで行って1時間程度との事
全然、理解してなかったわ・・・

a0321323_23225701.jpg
こんな感じの禿げ山ですが
a0321323_23271754.jpg
写真は2009年1月2日
いつも冬場の乾燥した時期で風の強い日に野焼きするんで「わざわざこんな火事になりそうな日に野焼きせんでも・・・」と思っていたら野焼きじゃなくて毎回、山火事だったらしい(゚Д゚;)
墓場の線香なんかの火の粉が飛んで火事になるそうな・・・

とりあえず次回は鷲尾山まで歩くかな・・・
太平洋まで見渡せるとの事
a0321323_23412629.jpg
帰りは筆山でブランコ乗って帰ってきたw

冬は低山に限るねぇ

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-14 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年10月 剣山登山 その2

一度、筆が止まるとトコトン止まってしまうようです・・・( ゚Д゚)y─┛~~
久々の更新、剣山登山の続きを書いていきます

2016年10月30日

リフト駅の脇から頂上を目指す
a0321323_09062831.jpg
10:27 剣山本宮 到着
a0321323_21443584.jpg
本宮とヒュッテの間を抜けて登って行けば・・・
a0321323_21471869.jpg
一気に開けます
a0321323_21481574.jpg
視界はいいのだが、遮る物もなく、風がさぶい・・・
a0321323_22432906.jpg
山頂には日本で一番立派なんじゃないかと思うほどの公衆トイレがあったり
a0321323_22435805.jpg
10:52 剣山 山頂
a0321323_22464838.jpg
ここから次郎笈に向かって縦走します

剣山が「太郎笈(たろうぎゅう)」、お隣が「次郎笈(じろうぎゅう)」となります
奥祖谷のなかでも最奥となるため、山には困りません
縦走ルートも豊富にありますが、日本アルプスほど手入れはされていないため水場などが少ないため、水をそれなりの量背負って行かないと行けないようです

a0321323_22485171.jpg
次郎笈へは割となだらかな登りとなります
a0321323_21292081.jpg
次、いつ登るかは分からないが、今日以上の天気に恵まれる事はなかなかないのではないだろうか?
a0321323_21305123.jpg
一面のミヤマクマザサは四国の山ではよく見られる光景な気がします
笹ヶ峰なんて山もありますしね
a0321323_21385800.jpg
11:28 縦走路との分岐
三嶺へは、ここから16kmという事になる
登山道を16kmて・・・縄文杉ですらほぼトロッコ道を片道10km弱なのに・・・

ただ、まぁ、いつかは行ってみたくはある

a0321323_21313132.jpg
だいぶん登ってきた
剣山山頂がそれなりに遠い
a0321323_21390375.jpg
12:09 次郎笈 頂上 到達



山頂で昼食でもと思ったが、2人とも大しておなかが空いてなく、風が寒いので小休止後、下山を開始
a0321323_21574270.jpg
次郎笈から剣山へは最後、急登となりますが、山頂へは登りなおさず巻いて帰りますw

12:51 巻き道途中にベンチがあったため、昼食に
a0321323_21320732.jpg
ちょっとずつ雲も出てき始めた
やっぱり登山は午前中に限るなぁ・・・
a0321323_22242996.jpg
今年は何処行ってもホント紅葉が残念だった
来年に期待

そういう意味では去年、涸沢に行けたのは幸運だった

14:26 無事下山、見ノ越駐車場着
a0321323_22034724.jpg
高知に帰ってきて初の登山でしたが、十二分に満足が行くものとなりました
標高的には東日本には到底及びませんが、それ以外の部分で満たされる事もあります

来年は石鎚も久々に登るかなぁ

[PR]

by mystxl1200 | 2017-02-23 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年10月 剣山登山 その1

2016年10月30日
高知に戻ってきて半年、元旦のダイヤモンド富士以来の登山となります

今回のお山は 剣山
四国には2つの百名山があり1つは西日本最高峰石鎚山、もう1つが今回の剣山

剣山に登るのは30年振りくらいでしょうか
リフトで登った事は覚えてますが、山頂の様子などは全然、記憶にありません
当時は登り口に見せ物小屋的な物があって、熊がいた記憶があります

年内に1箇所くらいは登っておきたいと思い選定した結果、剣山となりました
標高、ルート、距離など関東の頃と比べるとかなり楽な部類になってしまうのではないでしょうか
標高:西日本最高峰 石鎚山ですら 1982m
ルート:わざわざ泊まろうとしない限り日帰り可能
距離:四国を南北に分断する四国山脈、四国内どこから行っても大した距離ではない
1年前はテント背負って涸沢行ってたわけですから結構な変化です
チャンスがあれば涸沢は、また行きたいなぁ

a0321323_08070421.jpg
6:48 道の駅 大歩危
5時半くらいに家を出た気がする
最近は何となく天候が読めるようになったので今日は快晴だ!と思っていたのに曇天である・・・
昨夜の冷え込み方から考えると晴れ渡ると思っていたのになぁ・・・

国道32号で徳島県にはいり県道45号で祖谷渓へ
県道32号でかずら橋を通り過ぎ県道439号をどんどん東に進む
高知方面から32号でずっと走ってくるとJR土讃線豊永駅手前で439号への分岐があるが、これは京柱峠への酷道439号のため三嶺や剣山に行く場合は大歩危から廻って行った方が結果的に楽できる
a0321323_08140615.jpg
8:21 剣山 見ノ越駐車場 到着
この時点で、まだ曇天模様
どうやら今年の紅葉はダメっぽい
ここ数週間、色々見てきたが何処もいまいちな色づき具合
a0321323_08230576.jpg
8:30 準備完了!
私:カリマー リッジ TYPE2 40L (ポカリ1L 水1L)
嫁さん:カリマー リッジSL TYPE2 30L (ポカリ1L )
重さは計らなかったので不明ですがカメラ込みで10キロちょいと思われる
嫁さんは1桁台

リフトで登れる事もあって観光地化されており駐車場にトイレもあります
a0321323_08280112.jpg
8:38 劔神社を抜けて登山開始
今回はリフトなしで下から歩いて登ります
a0321323_08303919.jpg
8:49 まだ早い時間帯なのでリフト客はほとんどおらず
お昼くらいになればもっと増えるであろう
逆に言えばお昼に来てもリフト乗っちゃえば、それほど時間もかからず頂上目指せます
a0321323_08391778.jpg
9:29 ようやく予想どうり雲が晴れてきた
お隣の次郎笈(じろうぎゅう)、剣山が太郎笈
今日は剣山山頂から次郎笈へ縦走して下りてくる予定

リフトは駐車場 見ノ越 から 西島 まで
西島手前にテント場がある
a0321323_08451260.jpg
9:32 テント場 到着
なかなか綺麗に整地されてて良さげ
星を見るにはいいかもしれない
5張りくらいは張れそうな感じ
a0321323_08483511.jpg
9:35 西島駅 到着
インナーにフリース、ハードシェルでちょうどいいくらい
動けば暑いが、停まればちょっと冷たい
a0321323_08515993.jpg
テント張っていた人は1組のみ
a0321323_08532206.jpg
西島駅で複数ルートに分岐
写真の鳥居を抜ければ三嶺(さんれいorみうね)からの縦走ルートへ接続
危うく間違えるとこだった
剣山山頂へは西島駅のリフト脇を通る

三嶺(さんれいorみうね)
昔は「さんれい」って呼んでたけども最近は「みうね」と呼ぶらしい
高知県最高峰、日本二百名山
山小屋があるらしく父と姉は泊まった事があるらしい

その2へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2017-01-26 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年8月 大月エコロジーキャンプ場 柏島 その3

2016年8月26日(金)
a0321323_00165285.jpg
















スキューバのツアーだと入り江まで舟で来て潜る事ができるっぽい
こうなるとセレブ感出てくるなぁw

水着・・・持ってくれば良かった・・・
16時前に柏島をあとにする

一旦、大月エコロジーキャンプ場に戻り、お風呂の用意をしてベルリーフ大月
龍馬パスポート参加施設ですが、判子は宿泊のみだそうです・・・
a0321323_00531922.jpg
17:56 今夜も炊飯から
a0321323_00595158.jpg
23:23 妙に寝付けないので薪を全投入!

特にする事もないので海岸まで降りてみる・・・
a0321323_01020320.jpg
















真っ暗で何も見えないが、逆に何か見えた方が怖いので深く考えない事にした・・・
それなりに星空が撮れたので、まぁ満足

テントに帰り眠りにつく
風はなかったが前回ほどの暑さはなく無事、朝を迎える
ドマドームライト2に比べると通気性もよく(両面メッシュ、天井換気)広いのでやはり快適だった
秋口や山での使用となると狭さによる暖かさが恩恵になるのだろう
a0321323_01104214.jpg
朝からカンタロウを発見!?
これでもまだまだ小振り
直径が1cmくらいのものならば過去に見た事がある
カンタロウ、カンタロウと呼んでいたがシーボルトが絡んでいるとは知らなかった・・・
a0321323_01151483.jpg
朝食を済ませ、片付けを開始!
水着に着替え10時くらいには撤収

さぁ柏島へ泳ぎに行くぞ!


今年はホント、がっつり泳いでるなぁ・・・
a0321323_01173617.jpg
14:47 お昼も食べずに朝から泳ぎっぱなしだったので足摺黒潮市場へ
・・・が食事は14:30まで・・・
お土産だけ購入して龍馬パスポートに判子をいただく

ひとまず高知市内を目指し、出発
と、途中に見覚えのある地名が・・・

「以布利港」

というわけで立ち寄ってみる事に
到着が14:58
以布利センターは15時までなので急いで見学させてもらう
a0321323_01180761.jpg
















ジンベイザメが2頭?優雅に泳いでいる
以前いた「以布利ちゃん」と比べるとかなり小振りである

学生の頃、進路相談の際に「以布利センターで働きたい」と言ったら担任に「お前は何しにこの学校来たんや」言われた事を思い出すw
続く成績優秀な友人が「ペットショップで働きたい」といってさらに頭を抱えたそうなw

16時頃に四万十市街で遅めの昼食を取り、そのまま帰宅

いやぁ海も捨てたもんじゃないなぁ・・・
高知の懐は広いなぁ・・・


[PR]

by mystxl1200 | 2016-09-24 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年8月 大月エコロジーキャンプ場 柏島 その2

2016年8月26日(金)
a0321323_01314621.jpg
柏島にかかる橋ができた時(1993年:平成5年)に行ったもんだと思っていたが
そうなると中学生あたりになるのでどうも記憶が一致しない
おそらく全然違う島の橋の記憶なのだろう・・・

というわけで行った事があったと思っていたが全然見当違いだったらしく初上陸となります
ただ大堂の海岸やお猿なんかはダルマ夕日の記憶があるので何度か来ている記憶になる・・・
a0321323_00054128.jpg
数年前にも大堂には来たのだが、昔はいたるところにいた猿が今回も全然見当たらない
かわりにハクビシンを発見!
a0321323_00081061.jpg
14:46 柏島 到着
ブイの内側なら舟の航行の邪魔にならないので泳いでいいという事らしい
駐車場は海岸のすぐ側(トイレあり)
そこが満車でも旧学校の運動場にも停める事が可能なため、それほど焦る事もないと思われる

では日本の「ランペドゥーザ島」見ていただきましょう( ゚Д゚)y─┛~~
a0321323_00150155.jpg

a0321323_00151399.jpg

a0321323_00154951.jpg


a0321323_00160372.jpg

a0321323_00161797.jpg

a0321323_00163316.jpg

a0321323_00165285.jpg
綺麗、綺麗とは聞いていたが・・・なんつ~か、ここまで綺麗とは思ってなかった・・・
そもそも川の方が海より綺麗って考えが根底にあるので、足摺とか安和海岸ですでに結構綺麗だなぁと思っていたが、こんなに綺麗な海が高知にあるとは思わなんだ・・・

で、この綺麗な海を売りにしたキャンプ場が竜ヶ浜キャンプ場
なんとお値段、高知では破格の5000円!?
今回は竜ヶ浜キャンプ場に泊まろうと思っていた
というのも高知のキャンプ場の相場に慣れてくれば、この値段のキャンプ場は泊まれる気がしなくなる・・・
関東の相場に慣れているうちに泊まってしまおうという案

ただ大月エコロジーキャンプ場ならシーカヤックができるというわけで、そちらにしてみた
まぁ強風で何もできなかったんですけどね・・・(ノ゚ο゚)ノ
a0321323_00350499.jpg
で、どんなもんか見学がてら来てみた
県内ではもっとも最近にできたキャンプ場だったと思う(平成24年4月)
さすがに設備も綺麗で、そもそも値段設定から言って高知の人をターゲットとしていないのでオシャンティ~である
ウッドデッキがテントサイトになっており、デッキ上にテントを張る様式
柏島には最も近いキャンプ場となる

その3へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2016-09-22 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年8月 大月エコロジーキャンプ場 柏島 その1

2016年8月26日(金)
28日(日)の天気が怪しいため急遽、代休と取って26日~27日の日程で今シーズン2回目のキャンプへ
a0321323_00423950.jpg
急遽だったため当日、朝に準備開始
なんだかんだで8時過ぎには準備完了
a0321323_00463467.jpg
10時過ぎには黒潮町付近
a0321323_00492698.jpg
11時には四万十市、赤鉄橋
こっち渡るの久々だな・・・
a0321323_00520878.jpg
13:50 設営完了
今回は久々にロゴス neos PANELドゥーブル 480-L
コールマンのシェードはなし
やはり開放感はシェードの方があるなぁ・・・

ドマドーム2+シェード or PANELドゥーブル480-L か
R2だと荷物的に制限があるため、何かを持って行けば何かを削らないといけない
PANELドゥーブル480-L+シェードもドマドームを買うまではよくやってたが、後ろが見えず運転が面倒だ
ちなみに今回は寝袋すら持って行っていないw
先日の四万十川でのキャンプが余りに暑すぎて夏場はドマドームだときついと感じた
テントサイト 一晩 3000円
高知にしては高い

本日「は」遊泳禁止 となっているが、実際のところ 本日「も」遊泳禁止 らしい
台風の影響で3日前から遊泳禁止との事
「自己責任で泳いでいただくのはかまいません」との事w
シーカヤックがしたくてここに来たのだが残念・・・

暑いわ泳げないわ でここにいても意味がないので出かける事に
ちなみにお風呂は隣接しているベルリーフ大月で入る事ができます

車でさらに西へ
柏島を目指す
a0321323_01252268.jpg
14:10 大堂の展望台へ
a0321323_01302050.jpg
中々の大展望
a0321323_01314621.jpg
いよいよ柏島を目指します

その2へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2016-09-20 00:00 | アウトドア | Comments(0)

すごぉ~ぃ こんなの見た事なぃ~

今週末、キャンプに行こうかと思ったら・・・

a0321323_20541772.jpg
何ダヨ コレw


天気が良ければ、26日~27日でキャンプに行こうかと思います・・・
良ければ・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2016-08-23 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年7月 仁淀川 宮崎の河原キャンプ場

00000010_1257561.png






2016年7月30日(土)
a0321323_01062058.jpg
今日も暑いなぁ・・・
という事で泊まりではなくデイキャンプへ

家から1時間半かからないくらい・・・
吾川郡仁淀川町、宮崎の河原キャンプ場

家からいの町へはわずか5分
いの町と隣接する仁淀川町ですが、市町村合併でいの町がとんでもない大きさになったため
仁淀川町はそこそこ距離がある場所となる

いの町を通り、194号で仁淀川を遡上する
むささび温泉で左折し439号へ
そのまま池川まで走り池川大橋のたもとに宮崎の河原キャンプ場がある

結婚前から毎年、泳ぎに来ていた場所
県内にはもっとアクセスもよく泳げる場所はいくらでもあるので昼くらいに着いても
この場所がそこまで混んでいる事はない

ただ毎年、水量や台風や大雨の有無で河原の形が変わるので若干注意が必要
斜面を降りて左手の河原は今年は大量に砂利を入れていたのでかなり削られたのであろう
5年前にはテントが余裕で張れるくらいのスペースがあった

a0321323_01085859.jpg
浮き輪にアミ、シュノーケリングマスク
小魚は水際でウヨウヨ泳いでいるので、足で砂をかき混ぜてやるといくらでもアミで掬えます

シュノーケリングマスク?って一般的に何と呼ばれるのでしょう?
こちらでは子供の頃から「顔面」と言えば通じます
お店でも「顔面」置いてない?と聞けば通じます
顔面マスク とか、そういう感じの語源なのかしら・・・




ここ数年で一番泳いだ気がする・・・
クモリ取りにいつもヨモギを使っているが、長続きしないのが欠点
対岸へ渡り、下流まで泳ぎだんだん顔面が曇ってくる

下流の誰もいない河原へヨモギを摘み上がっていると・・・
なかなか見つからない・・・
奥の茂みの方へ歩いて行ってみる

顔の周りに黒い点がいくつも飛び回る
耳にはすさまじいくらいの羽音・・・
足に痛みを感じて見てみるとアブが張り付いている

マジか・・・
羽音がどんどん増えていき黒い点が増えていく

河原を走り水面へそのまま飛び込む
顔を上げた瞬間、また襲ってくるのでシュノーケルでやり過ごすw

嫁さんは川の中から見ていたが、私のあとを大群が追ってきていたらしいw
a0321323_01093596.jpg
16時過ぎ、キャンプ場をあとにする

デイキャンプは準備も片付けも楽だわぁ

アブにここまで襲われたのは初めてだな・・・
ハチは過去に刺された事があるのでアナフィラキシーが多少怖い・・・
アブは幼少の頃から何度も噛まれてるけどアナフィラキシーってあるんかな・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2016-08-21 00:00 | アウトドア | Comments(0)

igloo クーラーボックス 改修

1泊ですら氷が保たず2泊以上のキャンプができないため買い換え

igloo(イグルー) マックスコールド 50QT
2013年7月 購入
内寸:47L
今見てみると15000円近いが、当時は12000円代だった模様

R2に載るサイズでできる限り大きなハードクーラーという事で購入

我が家にあるハードクーラーはこれしかないため、泊数に関係なくこれを持って行く
これにロゴスの氷点下パックと倍速氷結、2Lのペットボトルのお茶を凍らせた物
あとは買い出しの際にスーパーで氷をもらってバラまいておけば3泊くらいまでなら問題ない

a0321323_00234595.jpg
これまた先日のキャンプにて破損してしまった
iglooあるあるのようで現在のモデルでは材質が変更されているらしい
a0321323_00365605.jpg
交換用パーツが用意されているのは非常にありがたい
a0321323_00372442.jpg
タッピングでビス留め

ついでなので・・・
a0321323_00375218.jpg
ホームセンターで見つけてきた防水テープ
a0321323_00392212.jpg
脱脂してフタ部分にパッキンとして貼り付ける
a0321323_00373692.jpg
完成!

・・・でしたが、テープが厚すぎてフタが閉まらないw
そこでフタの上に1週間ほど60cm水槽に水を入れておいて放置したら・・・

いい具合にスポンジが変形して閉まるようになった

しばらくこれで運用してみよう

安価で修理できたが、最近気になるクーラーとなると
a0321323_00565467.jpg
値段が値段なんで、ちょっとどうにか・・・というわけにも行かない

これを パクって× オマージュ○ して各社から色々似たようなデザインの物がでてきているので
そのあたりなら何とか手がでるかもしれない・・・


[PR]

by mystxl1200 | 2016-08-18 00:00 | アウトドア | Comments(0)