WR250X GIVI 取り付けベース 改修

a0321323_11022807.jpg

通勤に便利なGIVI箱ですが、できる事ならツーリングの時くらいスタイリッシュwに走りたい・・・
ただ積載量もそれなりに欲しいのでシートバッグは取り付けられるようにしたい
またロングツーリングの際にはBBQ網をベースにして底面積を稼ぎたいのでGIVIのベースは取り外す事になる
このあたりの作業が簡単にできるように考えてみた

まずは毎年恒例、ステムのベアリング注油
a0321323_07305699.jpg
外せるだけ外して
a0321323_07311524.jpg
通勤バイクとして1年使用してこれくらいの残量
a0321323_07310738.jpg
受け側も去年と大差ないように思える
冬場のあまり走らない時期に毎年点検するようにしているが多少の劣化は感じられる
a0321323_07362328.jpg
純正のデカールを型取りし
a0321323_07363210.jpg
型紙を元に切り出す
赤のカッティングシートが手持ちがなかったため、何かの際に間違って注文した赤のカーボン調シート
感じさえつかめればいいのでこれでいいや・・・
a0321323_07475160.jpg


a0321323_07474350.jpg
白もイイジャナイ!
カッティングシート 買っとかないとなぁ

本題 GIVI取り付けベース
a0321323_07513822.jpg
ベースのベース、プロモトビレット アルミキャリア
元々の取り付け状態はこちら

操作を簡単にするために水平度と高さを調整
a0321323_07533906.jpg
アルミカラーを追加し斜めカット部分を微調整
a0321323_07563895.jpg
車輌前方は40mm、後方は30mm追加
元の高さはカウルから出ている一番下の段のカラーの高さ
a0321323_08012762.jpg
表面
GIVIの取り付けベースのネジ位置
後方取り付けボルトは回転防止のため四角の金具とナットで締め付け済
a0321323_08022043.jpg
車輌前方側をフック状に変更していく
a0321323_08031408.jpg
裏面からの状態
前方:フック(適当なステーを削って作成、プロモトビレットとの接地面にゴムを貼り付け)
後方:通常ボルト(ボルトが回転しないようにナットで固定済)
この状態で今後、表面にアクセスする必要性をなくしたので表面カバーを取り付け
a0321323_08091934.jpg
アルミキャリアの穴に前方フックを落とし込み、車輌前方へスライドさせる
a0321323_08104120.jpg
後方ボルトは回転しないようにしてあるので金具を挟みこみノルトロックワッシャーと蝶ナットで取り付け

これで蝶ボルトのみでGIVI取り付けベースの取り付け、取り外しができるようになりました

GIVI(ジビ) リアボックス E43NTLD モノロックケース (43L) 95339
GIVI(ジビ) (2017-02-26)
売り上げランキング: 4,264

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-28 00:00 | 整備 | Comments(0)

作業台 作成

塗装ブースが完成したところで作業台も作成していく
a0321323_23481571.jpg
型枠コンパネを切っていく
丸ノコがないので2×4の材木をガイドに切っていく
a0321323_23484947.jpg
作業台手前と左右にカンナをかけて丸くしておく
a0321323_23523460.jpg
水槽台とコンテナの間に滑り込ませ固定
型枠用の塗装コンパネも、もうちょっと色のバリエーションがあればいいんだが・・・
a0321323_23570993.jpg
右利きのため右手側にエアブラシやリューターを置けるように設置
バイスも何かと使うので小さいのでもあると便利
a0321323_23571847.jpg
エアブラシの清掃に何かと必要なキッチンペーパーも取り付ける
無印良品のホルダー(キッチンペーパーホルダー マグネットタイプ)が非常に便利

作業用のライトも完全にオーバースペックだがテクニカ LEDライト60クリアー
これまた水槽を減らした事で余っていたライト
a0321323_23573065.jpg
水槽台の収納スペースに溶剤とコンプレッサーを設置
コンプレッサーは専用防振マットを使用
a0321323_23564951.jpg
25年ほど使っている衣装ケースw
ほとんどの小物がダイソーでそろうのはありがたい

実家になぜか5.1chのアンプが余っていたのでipad接続用に繋げてみた
ステレオミニプラグから光に変換しようと思ったが高いし元々がそんないい音質で入っているわけでもないので断念
Lightningからの変換も考えたが無駄な予算と判断
a0321323_00130672.jpg
パワーコンプレッサーの特徴としてエアブラシをセットするとコンプレッサーが止まり
エアブラシを持ち上げるとコンプレッサーが起動するようになっている
・・・がセットした時のガクッ!っと動きが微妙・・・
ちょっとエアを止めたいときもセットしないと止まらない
セットしたらしたで不安定なホルダーで調合した塗料をカップに入れる事になるため
あまり便利とは感じなかったため取り外して運用する事にした
a0321323_16130612.jpg
ただし操作性を犠牲にするわけにはいかないのでコンプレッサーのコンセントをフットスイッチと連携させ、フットスイッチを踏めばエアが吐出され、もう一度踏めばエアが止まる
好きなタイミングで操作できるため、この運用の方が塗装しやすい

さぁ!プラモ作り始めようかねぇ
プロクソン(PROXXON) ミニルーターセット No.28512-SK
プロクソン (PROXXON)
売り上げランキング: 423

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-26 00:00 | プラモデル | Comments(0)

塗装ブース 作成

a0321323_22254229.jpg
コンプレッサーは、そこそこいい物を買った

しかしながらエアブラシ未経験のため扱いが悪くエアブラシを壊してしまうおそれがある
そのため割と安価な物を2点買ってみた
接続にPF-1/8に変換するアダプタが必要
塗料カップが樹脂製で取り外し可能(大容量カップに変更可能)
ノズル 0.3mm 
びっくりするほど安いが、使ってみた感じ特に問題なし
大容量カップもあるのでサフ用として今後、使おうと思い買ってみた
a0321323_22292195.jpg
スパーマックス エアーブラシ SX 0.3D
5000円代 ダブルアクションタイプ
カップ一体型 容量:7cc
ノズル 0.3mm
クレオスやタミヤの主力エアブラシから言えばワンランク下の物
高い物を知らないが十分な高級感、ノズルも王冠タイプでないため、うがいがしやすい

エアブラシの扱いに慣れてきたらスプレーワークHGのエアブラシにも手を出してみようと思う


では・・・何処で塗りますか?
という事になるのだが、毎回青空塗装というわけにもいかないし、基本的には夜、集中して作業したい
となると塗装ブースが必要なのだが
a0321323_22511360.jpg
27000円もするんです、これ・・・
でも仕組み的には換気扇にフィルター着けてダクトホース伸ばしてるだけなんです

つーわけで作って行きます!
a0321323_22554408.jpg
まずは衣装ケースのようなコンテナボックス
アイリスオーヤマ コンテナ BOXコンテナ B-65 クリア
底面に穴を開けます
今回はダブルファンで作成するので2箇所
a0321323_22591282.jpg
ここに納屋に転がっていた浴室用換気扇を取り付けて行きます
INAX UF-23A
本当はもっと風量の大きなシロッコファンを使うつもりでしたが父親がタダでくれるとの事で、ひとまずコレで作ってみる事にした

ファンの形状については一般的な換気扇(扇風機の羽根みたいなヤツ)は吹き返しがあるため、あまりオススメできません
シロッコファン形状の物がこの用途には合ってると思います
ダクトホース径は100mm

a0321323_23065660.jpg
図面なんか引いてないので、全てその場で現物合わせで組んで行きますw
a0321323_23084618.jpg
ボルト固定しボックスとの隙間は隙間テープやホットボンドで塞ぐ
a0321323_23103428.jpg
土台となる台は
コトブキ プロスタイル600Lブラック
これまた余っていた水槽台
幅600mm 奥行き460m
両サイドにメタルラックの支柱を固定してUボルトでボックスを固定

次は電源工事
a0321323_23155126.jpg
シロッコファンの電源はスイッチでON/OFF
2段目に足下スイッチでON/OFFできるコンセント
3段目に常時導通のコンセント
a0321323_23182584.jpg
ダクトホースはアルミテープで接続し
a0321323_23185530.jpg
排気用に材木で作ったガイドに通す

最終仕上げ
a0321323_23222533.jpg
ファンに鉄を貼り付け磁石を取り付ける
a0321323_23240006.jpg
BBQ網に不織布をクリップで取り付け磁石を利用して貼り付ける
a0321323_23255704.jpg
ダンボールを貼り付け重ねて
a0321323_23270818.jpg
ミスト用のフィルターをセットして完成!

ほとんど手持ちの物や余っている物で作ってしまったので金額的には参考になりませんが
ファンを買ったとしても自作の方が安く仕上がると思います
磁石や金網など小物は全てダイソー製


ファンに求められる機能ですが
シロッコファン:取り外し可能なら掃除がしやすい
静音ファンであれば、なおよし
風量多くしてシングルファンでもいいと思うが吸気面積が広い方が効果が高いように思われる
浴室用は水気にも強いが、大半が風量が弱め
台所用のシロッコファンの方が風量が高い傾向だが、風量を求めるとサイズが大きくなり
ダクトホースも150mm化する
風量の強弱設定のあるファンもあるが塗装なら強しか使わないだろうし余計な機構は故障の要因
パナ、三菱あたりが通販で購入可能
建築資材として余りがちなのでオクで新品未開封を狙うのもあり

これで塗装の準備は整ってきたぞ!

アイリスオーヤマ コンテナ BOXコンテナ B-65 クリア
アイリスオーヤマ(IRIS) (2000-04-01)
売り上げランキング: 109,796

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-25 00:00 | プラモデル | Comments(0)

あれから5年・・・






a0321323_23362345.jpg
2013年10月 屋久島周遊

2017年度は入社20年
私が入社した会社はすでにありませんが、統合、合併を繰り返した結果
社員の福利厚生にも斜め下の変化がございます
移行期間という事で何とか以前の条件を受けられるようですが、今後は縮小していくようです

というわけで
入社5年目 覚えてない・・・
入社10年目 富士登山
入社15年目 屋久島周遊

a0321323_01065956.jpg
あれ以来、嫁さんとも時々話題に出るが、屋久島にまた行きたい!
縄文杉と白谷雲水峡はもういいんだけども、太忠岳と宮之浦岳に行きたい!
前回、4泊5日で埼玉から24万円ほど

前回に比べれば、道具は揃っているので準備段階でお金はそれほど必要ではないはず・・・

羽田-(飛行機)→鹿児島空港-(バス)→鹿児島港-(トッピー)→宮之浦港 だったわけだが
鹿児島まで高知空港かの直行便はない・・・

となると陸路となるわけだが

高知から鹿児島まで瀬戸大橋経由(軽自動車 ETC考慮せず)
いのIC→鹿児島IC 843km 16690円 9時間42分
ちなみに地理的に考えればしまなみ海道の方が近いように思うが、実際は距離もながく値段も高い
埼玉から高知まで900kmほどで15時間程度だった事を考えると14時間程度だろうか・・・

海路を考えてみる

四国の最西端、愛媛県、佐田(さだ)岬の根本、八幡浜(やわたはま)から大分県臼杵(うすき)へフェリーが出ている
a0321323_00153739.jpg
2010年5月 高速ETC 1000円時代に角島からの帰りにわざわざ九州に渡って臼杵からフェリーで帰ってきた
割と便も多く航路の時間も短いため便利である

高知-(自走)→八幡浜 (いのIC→大洲IC) 195km 3810円 2時間26分
八幡浜-(フェリー)→臼杵港 4m未満 二等 9320円(車+1名)+2310円(大人1名)2時間25分
臼杵-(自走)→鹿児島 320km 5140円 4時間20分

多少、負担は減ったものの、それなりに面倒そうではある
九州への航路はいくつかあるが佐田岬先端の三崎からも出ているが先端に行くだけで2時間ほどかかるので現実的ではない

高知から九州への航路もある
高知県宿毛(すくも)から大分県佐伯へ渡るフェリーもある
高知-(自走)→宿毛 (いのIC→須崎IC) 126km 670円 2時間19分
宿毛-(フェリー)→佐伯 4m未満 二等 9930円(車+1名)+2570円(大人1名)3時間10分
佐伯堅田IC-(自走)→鹿児島IC 304km 4550円 3時間54分

自走距離も抑えられるしお値段もお安い
ただし宿毛佐伯フェリーは1日3便

鹿児島への飛行機は松山からLCC
または伊丹からのどちらか
JRは岡山経由となるため料金、時間とも高額となる

高知から九州へ渡るには現実的に考えて宿毛案かなぁ・・・

鹿児島へ着いてからも、1つ問題がある
自走してきたわけなので手元に車がある
屋久島内での移動をどうするか?
前回はレンタカーを借りたがこのまま上陸も考えてみる

鹿児島からの車も乗せられるフェリーは1日2便(それぞれ別)
 朝便 フェリー屋久島2 県外マイカー往復ネット割引 8:30→12:30
 4m未満 29000円(車+1名)+6700円(大人1名)

 夕便 はいびすかす 往復 18:00→翌7:00
 4m未満 28600円(車+1名)+6600円(大人1名)

はいびすかすは種子島で一晩停泊しているので時間を有効に使うならフェリー屋久島2、一択!
35000円+ガソリン代ほどあれば島内をマイカーで気ままに移動できる事となる
ただし島への出入りにフェリーに縛られる事になる

a0321323_01034794.jpg
ではレンタカーの場合

鹿児島港でマイカーをパーキングへ 4日間(96時間) 5400円
島へはトッピーorロケットで人間のみ往復15000円 × 2名
カミヤマレンタカー 5日間 24000円程度 (軽自動車)+ガソリン代
約70000円ほどの費用と思われる

となると
高知から宿毛へ3時間弱、自走し 0円
(いのIC→須崎IC間は乗ったところで誤差なので下道)

0:30 宿毛佐伯フェリーで九州へ 12500円
(3:40佐伯着 鹿児島港 8:30発に間に合うよう)

佐伯堅田から鹿児島へ304km、4時間半ほど 4550円

8:30 鹿児島港からフェリー屋久島2にて25700円(往復)

12:30 宮之浦港着

前日、20時くらいに出れば翌日昼には屋久島にいることになります
佐伯→鹿児島間の自走がかなりタイト・・・
何かトラブルがあれば、間に合わないでしょうw



というわけで・・・

日程は未定ですが、2017年度の暖かい時期に

a0321323_22045135.jpg
初・北海道 行ってみようと思います!(もちろんWRでソロで)

だって嫁さんと休みが合わなさそうなんだもの・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-23 00:00 | アウトドア | Comments(0)

WR250X メモ 2017 (更新4)

WR250X 私用メモ 2017
a0321323_20502107.jpg


201703 黄色カウル→白カウル変更
    ステムベアリング 清掃 注油
    GIVI取り付けベース 改修
    バイク通勤 終了

201704 車通勤 開始
    フロント ブレーキパット(R用) 交換 35874km
    X→R へコンバート可能に

201706 オイル交換 ヤマプレシンセ 1.4L 37978km
     オイルフィルター 同時交換
     エアフィルター清掃
     マフラー、エキパイ取り外し改修

201707 フロントブレーキパット(X用) 交換 37978km
     外装:イエローストロボ
     ホイール:マルケジーニ に換装(北海道に向けて)

2007年モデル

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-21 00:00 | メンテメモ | Comments(0)

♪南国♪ 高知

a0321323_21182397.jpg
2017年2月12日(日)7:45 出発
a0321323_21183272.jpg
南国 高知は今日も暖かいデス!

本日の目的地は 高知県吾川郡いの町寺川
いの町は高知市と隣接する高知市の西隣の市町村
ただし恐ろしい事に高知市に隣接しながらも愛媛県とも隣接しております

いの町なので「なんだ市内から近い」と思っていたら「愛媛の方が近かった」みたいな事がありうるわけです

194号で愛媛方面へ
40号で左折して本川を抜けて
a0321323_21293391.jpg
9:01 長沢ダム 到着
a0321323_21350114.jpg
2016年5月4日の長沢ダム
a0321323_21371348.jpg
ダム湖も氷かけ
この近辺は縦横無尽に林道が延びているんで大森川ダムからも抜けてくる事ができる
40号はさすがに交通量も少なく積雪があるがスタッドレスで難なく走る事ができた
寺川の分岐路からさらに直進し山の中へ

9:46 大瀧(オオタビ)の滝 到着
駐車場は3,4台ほどなら停められます
a0321323_21564509.jpg
何処から滝に向かえばいいのか分からず河原に降りてみたが川を渡れるような場所は見当たらない
たぶん間違っているんだろうなぁ・・・と思い県道まで戻る
駐車場まで戻り反対方向へ歩いて行くと
a0321323_21592530.jpg
手箱山の登山口 発見
a0321323_22111032.jpg
吊橋を渡って山の中へ
大瀧の滝への案内は特になし
途中分岐があるので左手へ(山じゃない方)
ちょっと道が獣道っぽくなるが、そのまま進んでいけば
a0321323_22271709.jpg


a0321323_22281946.jpg

a0321323_23001970.jpg

a0321323_22274645.jpg
滝壺は落下点以外凍っているため、氷面に三脚を設置
さすがに人間が立ってみるのは試せなかった
a0321323_23021850.jpg
高知でも降る場所には降るわけで
四国山地内の山道は冬期通行止めとなります
a0321323_23034267.jpg
チェーンスパイク着用
こんな時期のこんな場所だが、先客も1人
私の帰りしなにも1人、すれ違った

11時くらいには撤退

11:34 長沢ダムを下から撮ろうと思い氷瀑を撮っていた7-14mmを
車内で12-40mmに交換したところ12-40mmの後ろ玉が曇ってしまった
んー なかなか難しいな・・・

このまま帰ろうかと思ったが帰り道なのでちょっと寄り道を
194号まで戻りグリーンパークほどの方面へ

11:56 にこ淵 到着
前回訪問は2016年8月17日 お盆の時期
さすがに夏場は人気があり、なかなか人人人だらけだったが冬場の今なら・・・
a0321323_23182029.jpg


a0321323_23183387.jpg


a0321323_23184947.jpg
さすがに冬は貸し切りだなぁ
透明度は季節で大差ない模様
12:13 滝の左側に日が差し込む
12:00~13:00ほどが滝に日が当たる時間帯になりそう

また季節を変えて来てみようと思う

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-19 00:00 | 高知ネタ | Comments(0)

コンプレッサー

エアツール用ではなく


先日、レミヤンで購入した物
直売のオンラインショップはずっと品切れ中
アマゾンでも在庫があったりなかったりとなかなかの人気っぽい
そんなこんななコンプレッサーですが、なぜか四国の片隅の模型屋さんで3割引にて販売中でした
34800円が24360円に!
このお店で販売されているのは結構前から知っていたのだが、なかなか香川に用事がなく、最北端の旅にて偶然、お店を見かけてそのまま購入!

ちなみにエアブラシの使用経験はありません
塗装は割と昔から色々、自家塗装してましたが誰かに教わったわけでもなく我流
a0321323_00520894.jpg
モーターステージのフェンダーとか
a0321323_00522124.jpg
a0321323_00521726.jpg
a0321323_00521455.jpg
今見るとバランス悪いな・・・

a0321323_00522703.jpg
スポスタのエアクリカバーとか、シートレールとか自分で塗ってました
賃貸のベランダとか風呂場で・・・( ゚Д゚)y─┛~~


ネットでバイクの画像を見ていたら何か違和感のある画像がありまして・・・
ん?!これ?実車・・・なのか?!何か変だな・・・と思ったら
プラモデルでした・・・(゚Д゚;)
色んな作品を見ているうちに・・・自分でも作りたくなって・・・
ただ、まぁ・・・筆塗りには限界があるわけで・・・
a0321323_01092183.jpg
エナメル塗料だと子供の頃からの遺産があるわけだが、次のステップに進もうかと
で、エアブラシの導入を考えコンプレッサーの選定に至る

クレオスのL5,7,10、タミヤの何種か
人気的にはクレオスの方が上な印象
L5,L7あたりが人気ですが、タミヤが最近になって新製品をだしてきた
最終的にはウレタンクリアーが吹けるLVのコンプレッサーでホイール塗装くらいはしたいと考える
と考えるとタミヤの新製品は最大空気圧力約0.4MPa(60PSI)という事でこちらに白羽の矢がたった
そこで最安値を調べているとレミヤンに行き着いたわけだ
a0321323_01251351.jpg
組み立てようと思ったキットはこちら

ここ最近で組んだプラモデルは5年以上前にバンダイMGケンプファー
a0321323_01291951.jpg
ブチ穴がイカスこやつです

タミヤのスケールモデルとなると
中学生の頃にF1のフェラーリとか、アンフィニRX-7とか・・・

四半世紀ぶりくらいにタミヤのスケールモデルを組んでみようかと思います

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-18 00:00 | プラモデル | Comments(0)

四国 最北端の旅

2017年1月28日(土)

メールを見ていたらETCのポイント還元が結構たまっていたため
久々に高速道路でも走ってみようかと思い出発

目指すは四国 最北端 竹居観音岬
高松中央ICで下りて43号を北上
11号を右折し屋島方面へ

屋島に水族館があるが、私が子供の頃は結構なサイズのピラルクがかなりいたのだが、5,6年前行った時には1匹もいなくなっていた・・・
11号を走っていると・・・
a0321323_23463087.jpg
あれ?!
ここ来ようと思っていた店だ!と気づき寄り道

後日記事にするが、とある物を購入!
今日、買うつもりじゃなかったので財布が非常に寂しいものとなった・・・

11号から36号へ入り半島先端を目指す
この付近は石屋さんが非常に多い
a0321323_00075175.jpg
画像はwikiより借用
屋島はメサであり、テーブル状の台地である
ギアナ高地も同じくメサである
カッコええな!

36号を進んで行くと「ここ、降りられんの!?」みたいなコンクリスロープが右手に見える
竹居観音寺=最北端な認識でいいと思う

a0321323_23594797.jpg
13:06 竹居観音寺 到着
海は割と綺麗
a0321323_23470715.jpg

a0321323_00000087.jpg
お参りもしておく
a0321323_23464937.jpg
四国 最北端 竹居岬 到着
私は個人的には東西南北制覇だが、佐田岬、足摺岬も10年近く行ってないので再度、行ってみようと思う
佐田と足摺はバイクで行ってばかりだな・・・
a0321323_00001490.jpg
14:24 高松市街で嫁さんの買い物につきあい、とりあえずうどんを食べておいた
ここのはあまり讃岐讃岐してなくて残念

目的は達成したので帰りは下道で帰ろうと32号をひた走る

道中、金刀比羅宮との案内が見えて「そういや行った事ないなぁ」と思い寄り道する事に
15:30 駐車場 着
駐車場代 500円だが土産物屋で1000円以上買えば駐車場代はただになるそうな
商売上手だな!
a0321323_00275329.jpg
階段の幅も広く割と登りやすい階段
a0321323_00280674.jpg
こんぴらさんは船の神様
a0321323_00293352.jpg
屋島と同じくこちらもメサ
海上から見つけやすく、海上を見渡せます
先日ブラタモリでもやってました
a0321323_00285737.jpg
御本宮までが785段
非常に整備されており登りやすかった

滋賀県にある立木観音(700段ほど)に何度か行きましたが、そちらの方がきつかった印象
ただ、こんぴらさんも奥社まで行けば1368段なので全然、話が違ってきそう・・・
a0321323_00290795.jpg
ポケモンGOが禁止だそうです
今更どうでもいいな・・・

GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】 97006
GARMIN(ガーミン) (2012-02-06)
売り上げランキング: 12,903

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-16 00:00 | 四国ネタ | Comments(0)

里山登山 皿ヶ峰(高見山)

2017年1月21日(土)
軽く出かけようという事で前々から行ってみようと思っていた里山に・・・

大した登山ではないので出発は11時
雨具なども持たずおにぎりと水筒をリュックに入れて出発!

11:27 筆山公園 駐車場着(トイレあり)
父親や甥っ子はよく来ているそうで「1時間くらいで登れるわ」と事前情報
a0321323_23175443.jpg
11:30 登山開始!
おそらくこの高見山を目指す事になると思われる

ちゃんとした(登山な)格好な人が多く意外に思う
のちのち聞いてみるとトレーニング用のコースとして結構人気があるそうな

墓地の中を進んでいく
a0321323_23205132.jpg
高知市内を一望できる
a0321323_23222857.jpg
11:39 筆山から登ってきた
皿ヶ峰との分岐点
この先にも烏帽子山、鷲尾山とずっと歩いていけるとの事
a0321323_23220187.jpg
11:59 皿ヶ峰 163m 登頂!
あれ?!もう終わり?!
1時間くらいはかかるって話だったのに?!
a0321323_23221035.jpg
遮る物は特にないので四方見渡せる
ひとまずお昼ご飯にしてちょっと休憩
a0321323_23224447.jpg
分岐から少し先に行くとあるライオン岩と呼ばれる岩
どの辺がライオンかは分からないw

後日、父親に聞いてみると皿ヶ峰から土佐塾中高等学校を横切ってさらに進んで鷲尾山まで行って1時間程度との事
全然、理解してなかったわ・・・

a0321323_23225701.jpg
こんな感じの禿げ山ですが
a0321323_23271754.jpg
写真は2009年1月2日
いつも冬場の乾燥した時期で風の強い日に野焼きするんで「わざわざこんな火事になりそうな日に野焼きせんでも・・・」と思っていたら野焼きじゃなくて毎回、山火事だったらしい(゚Д゚;)
墓場の線香なんかの火の粉が飛んで火事になるそうな・・・

とりあえず次回は鷲尾山まで歩くかな・・・
太平洋まで見渡せるとの事
a0321323_23412629.jpg
帰りは筆山でブランコ乗って帰ってきたw

冬は低山に限るねぇ

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-14 00:00 | アウトドア | Comments(0)

飛翔&別れ

2017年1月7日(土)
a0321323_22352731.jpg
近場でよさげな海岸を探していたが、なかなかなく結果的に仁淀川の河口付近となった

体感でちょっと風が強いため、様子見に
a0321323_20273331.jpg
鳥さんを揚げてみる
風が強いので揚がるには揚がるが風向きが安定しない
a0321323_00384496.jpg
カイトフォト用の凧としては小さなサイズではあるが、ストアウェイ・デルタですら161cm×93cmあるので
強風だと独りでは降ろせなくなる可能性がある
嫁さんがいるので私が下げて嫁さんが糸を巻く事でなんとか降ろせるが、上空まで揚げると結構な引きがあるので無理にさげられない

ひとまず50mほど揚げてみて、これなら降ろせそうだったため一旦降ろしてカメラをセットする

では記念すべき初フライト!


水糸の長さは250mなので45°くらいの角度で揚がっていたとして高度180mほどと思われる
一旦、動画で揚げてみたがブレがハンパなく見れたものでないのでタイムラプスで撮影した
タイムラプスの方がその瞬間瞬間のため、画角的にも面白くカイトフォトには合ってる気がする

カメラの直下は海面のため糸が切れれば凧はおろか、GoProも失う事になるw

そんななか嫁さんの鳥さんがテトラの向こう側に墜落し、そのまま帰らぬ鳥となった・・・

今回の反省点として
糸が切れてない状態での墜落の場合、海面に落ちた場合は糸で回収ができるので沖にテトラがない海岸を選ぶ必要がある
同時にGoProも回収可能な事を考えると防水ハウジングでリグに取り付ける必要性を感じた
裸ハウジングだと軽量化はできるが、落下の衝撃や水没した場合にGoProが故障するため使いづらい


a0321323_22584406.jpg
水糸だと糸巻きに巻き付けられる量が少ないため(糸が太い)海釣り用のPEライン(強度も高く糸も細い)に変更
6.0号 80lb 500m 
計算上、糸を全て出し切れば350m近く揚げることができるはず
a0321323_22582264.jpg
巻き取りは500mのため、巻き取るだけで30分とかかかりそうな気がする・・・

近場にテトラがないような海岸がないかなぁ・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-12 00:00 | カメラ | Comments(0)