WR250X R化(オフロード化)計画 まとめ

a0321323_00481026.jpg
WR250XからWR250Rへのコンバートを行ったわけですが
今回かかった費用を計算してみます

まずは新品換算(webike価格)

ホイール
ワイズギア フロントホイールASSY  27000円
ワイズギア リアホイールASSY    45360円

タイヤ
ミシュラン AC10 80/100-21    5725円
ミシュラン AC10 120/90-18    7110円

チューブ
ミシュラン 強化チューブ 022590  1653円
ミシュラン 強化チューブ 067490  1653円

リムバンド ダンロップ (前後)   260円 × 2本

ホイールスペーサー(X・R 共通)
3D7-25183-00 純正部品フロント左 1242円
3D7-25186-00 純正部品フロント右 1156円
3D7-2531S-00 純正部品リア右 2300円
3D7-2530S-00 純正部品リア左 2452円
 
スプロケット(変更するなら)
サンスター  388-12 フロント   2570円
サンスター  3-3592-44 リア   7711円

フォークガード(ローターサイズ変更なら)
純正部品1C3-2315H-10 1210円
純正部品1C3-2315J-10 1210円

ブレーキパッド(交換が必要なら)
ベルリンガー 1100S 6POT     7484円

ディスクローター(社外ローター使用中なら)
WR250X 純正 φ298  15000円

ディスクアダプター(どちらか一方)
Z-WHEEL ローターキャリア        12052円
SPEEDTECH ブレーキディスクアダプター 12000円

サイドスタンド(Xの物より2cm長い)
WR250R 純正部品     4500円

リムテープ(必要なら)
S3 ホイルカラーチェンジデカールSET  6900円

今回の変更を全て新品で行った場合 150000円程度 + チェーン交換費用

必要ない物を削っていくと
S3 リムテープ(見た目のみ)
ブレーキパッド(純正ローター、純正キャリパーなら交換必要なし)
ディスクローター(上記同様)
フォークガード(上記同様)
スプロケット(ギア比変更なしなら交換必要なし)
ホイールスペーサー(X純正ホイールなら流用可能)
サイドスタンド(車輌の傾きを気にしないなら)
チェーン(ギア比変更なしなら交換必要なし)

となると
ホイール、タイヤ関連 + ディスクアダプター で変更可能となる

今回、私はオークションで2000km使用のタイヤ付きホイールを6万円台で落札
程度にもよるだろうが5万~8万くらいで中古から新品まで出品があると思われる
人によってはチューブレス加工済であったり新品タイヤに交換済であったりするため
自分好みの仕様が出品されるまでしぶとく待てるかどうか・・・

ホイールさえ安く調達できれば最安値は6,7万円で可能なのではないだろうか

ただし根本的にはサスペンションやインジェクションのマッピング等は違うため、ホイール交換したのでXがRになりました!というほど単純な物ではないかと思われる
本気でオフロードやりたくてガレ、ゲロも踏まえるなら、もう1台、WR250Rを増車した方が確実なのは間違いない
私が今まで走ってきたようなフラットダート+α程度ならホイール交換+サスのセッティング変更で大丈夫と思われる

ひとまず何処かの林道で色々試してみようと思います
a0321323_00513709.jpg

















今年は剣山スーパー林道、行くぞ!
MICHELIN ミシュラン/AC10 【80/100-21 M/C 51R TT】 タイヤ
MICHELIN ミシュラン/AC10 【80/100-21 M/C 51R TT】 タイヤ 125EXC

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-16 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X R化(オフロード化)計画 その6

before
a0321323_00275983.jpg

a0321323_00270779.jpg

a0321323_00292107.jpg

a0321323_00323514.jpg

a0321323_00334489.jpg


a0321323_00342373.jpg

a0321323_00351096.jpg

a0321323_00390866.jpg

a0321323_00414482.jpg


a0321323_00421705.jpg


a0321323_00434885.jpg


a0321323_00363969.jpg
家から10分の仁淀川の河原へ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・



・・・・・・



・・・



・・






after

a0321323_00474315.jpg
普段、走り慣れているはずの近所の道を走ってみる・・・

a0321323_00475270.jpg
いつもと同じ速度域で突っ込んで行くと・・・

a0321323_00480192.jpg
全然、曲がりきれない!?

a0321323_00481734.jpg
オンタイヤと違ってフロントが食いついてくれないので

a0321323_00481026.jpg
全然違う感覚!?
a0321323_00482586.jpg
オフタイヤには過ぎた大径ブレーキだが

a0321323_00483585.jpg
効かないよりは全然いい
今までと同じタッチで握れるのはありがたい
a0321323_00484513.jpg
河原も砂利が深いとケツが左右に振り続けてまっすぐ進んでくれないw

このあたりはこれから練習して行こう


a0321323_00490281.jpg
オフ用に携帯工具を追加

予備チューブ
IRCヘビーチューブ(100/80-21)前輪用だが最悪は後輪に流用できる
タイヤレバー3本(DRCの22mm、27mmとKTCのレバー)
ビードクリーム、虫回し、ビードキーパー
連結延長用の塩ビパイプ
a0321323_23453879.jpg
塩ビパイプは HI(ネイビー)
通常のグレーの物と違って HI 耐衝撃性硬質塩ビ管 と呼ばれる物
えげつなく硬く穴開けるだけでも大変な代物
でもお値段は100円とかなのでタイヤレバーに合うサイズを買っておけばいいと思う
延長すればかなりの高トルクで締め付ける事が可能

さぁ・・・何処の林道でシェイクダウンしようかなぁ
KTC ケイティーシー/タイヤレバー
KTC ケイティーシー/タイヤレバー

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-15 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X R化(オフロード化)計画 その5

そこそこの雨が降ったりやんだりで作業が進まない・・・
ブレーキフルードを考えると前輪は今日はあきらめるべき
a0321323_23283007.jpg
ひとまず後輪にとりかかる
後輪はあまり考える必要性がなし
しいて言えばスプロケの丁数とチェーンのコマ数くらい
ブレーキ周りはポン付けなので気楽である

チェーンは交換が面倒なのでコマ数変更無しの108リンク
スプロケは加速寄りの12Tと44Tの組み合わせ
a0321323_23284545.jpg
今回もチェーンは灯油洗浄
どのみち今日中に組み上げる事もないので自然乾燥させた
a0321323_23362458.jpg














形だけ見ておきたかったのでホイールだけハメ込んでみた
細かい部分でフォークカバーを多少削らないといけないのとサイドスタンドが短い
a0321323_23383263.jpg
翌日・・・今週の唯一の晴れのため仕事から帰ってきてからフロントのフルードの交換とエア抜きだけ終わらせておく
a0321323_23401844.jpg
SPEEDTECHのアダプターを取り外し、Z-WHEELのローターキャリアに付け替える
a0321323_00455203.jpg
こちらがSPEEDTECHのアダプター

両者、アルマイトの処理などは大差ないイメージ
剛性的には形状がシンプルなSPEEDTECHが高い印象を受ける(実際は不明)
ラッカー系で仕上げたカラーはフォークとの接地面は塗膜が剥がれてきているw
a0321323_23453879.jpg
オフホイールの取り付けにあたってアクスルシャフトの締め付けにはDRCのPROタイヤレバーを使用
理由はチューブタイヤのため車載工具で外せるトルクで取り付けておく事が重要なため
リアはのちのちチューブレス加工を考えていますが、タイヤ交換まではこのまま行く予定
本来のリアのアクスルシャフトは125Nm
フロント 22mm リア 27mm のタイヤレバーを購入
2本のタイヤレバーを塩ビパイプで延長させてトルクをかければ125Nm弱くらいには締まる気がする・・・
a0321323_23591987.jpg
改めて各部を見ていると・・・
エンジンブロックの腰下部分がやたら煤で汚れている
排気漏れが再発・・・
アルミテープでガスケットを作成し取り付ける

ほぼほぼ仕上がってきたところでサイドスタンドに取りかかる
WR250Rのサイドスタンドは4500円
a0321323_00092486.jpg
こんな感じでかっこよく仕上げられたら問題ないのだがなかなか難しい・・・
自宅にNCフライス盤があれば・・・

下側の下駄部分と上側の固定部を考える
下部分は適当なゴム材か金属片でもいいと思うがあまり重いとスタンドが下がってしまう
固定部もシンプルにビスではさみ込む仕組みにしたいが、なかなか形状的にも難しい
ホームセンターで使えそうな材料を探してみるが、あれもコレもカゴに入れていったら3000円近くなってきた・・・
3000円かけて変な仕上がりなら4500円で純正部品買った方が絶対にいい・・・

というわけで徹底的に経費削減してゴム足 260円を購入
a0321323_00020049.jpg
スタンド裏に穴を開けてタップでねじ切り
a0321323_00020906.jpg
ゴム足付けて完成!

次回、最終回!
本当に仕上がるのか!?

DRC ディーアールシー/PROタイヤレバー
DRC ディーアールシー/PROタイヤレバー

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-13 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X R化(オフロード化)計画 その4

さて・・・下準備は終わったので後は組み付けるだけ
a0321323_18561482.jpg
まずはキャリパーの清掃
歯ブラシと中性洗剤で洗ってしまう

キャリパー:BERINGER ベルリンガー:6ピストンキャリパー XRA-B
パッド:BERINGER ベルリンガー:ブレーキパッド 6POT AEROTEC用 1100S

いいタイミングなのでパッドも交換してしまう
購入時(14000km)から未交換
購入時がどれくらい消耗しているかわからないが22000kmほど使用できた事を考えると悪くない消耗具合と思われる
a0321323_21364909.jpg
使用済
a0321323_21371926.jpg
新品
2mm以上使用している事になります

各ピストンを回しながら掃除してCCIメタルラバーで揉み出し
a0321323_22362558.jpg
パッドピンも研磨しておく
パッドに向きがあるので説明書の通りに取り付け
新品パッドだが角の面取りやら面倒な事はやらずにそのまま取り付け
音がなるようなら再度、考えてみよう
a0321323_22402498.jpg
新品パッドに新品ディスクローターなため6ポット全てを押し込めないと取り付けができなかった
a0321323_22405476.jpg
6ポット全て押し込むとマスターからフルードが溢れるため養生しておく
外装に塗装がないのでオフ車は、この辺りは楽ちん
a0321323_22470283.jpg
タイヤをはめ込んでみる・・・
おぉ!?この時点ですでにカッコイイじゃないかw
ひとまず確認にアクスルシャフトも締め込み前輪を回してみる・・・
特に接触等もなく軽く廻るのでこの時点では問題はない模様
a0321323_22484771.jpg
キャリパーを取り付けてみる
すると・・・

全然廻らない・・・
心配していたスポークとキャリパーの接触はなし
写真の通り内側のピストンは一切出ずに外側のピストンだけが稼働している
内側のパッドはキャリパー自体にローターへ押しつけられていて、それが原因でホイールが回転しない
その2で書いたとおりSPEEDTECHのアダプターはアダプターの内側にローターを取り付けるため外側にオフセットさせる事ができない
a0321323_22593554.jpg
キャリパーを内側へ寄せるとスポークと接触してしまうため、ローターを外側へ寄せてみる事に
ワッシャーを1枚かましてローターを設置してみるもキャリパーの内側ピストンは未だ見えず・・・
ワッシャーを2枚かましてみたところ何とか内側のピストンも稼働しはじめたが、両側のピストンにまだ差があるため3枚かましてみる事に・・・
a0321323_23054974.jpg
3枚かましてみたところ、今度はアダプターとベルリンガーの取り付け部が干渉するように・・・
2枚だとギリギリ干渉しないが、クリアランスは0.5mm以下・・・
何か振動を受けた際にいきなり前輪がロックしかねない・・・
さすがにちょっとこれは乗れないなぁ・・・と

R化に暗雲が立ちこめてきたところでリアルお天気も急に雨が降り出し、開放していたマスターのフルードにも雨が・・・
完全に前輪に関してはお手上げ・・・

ここまでを踏まえると・・・
ベルリンガーのキャリパーはノーマルキャリパーに比べて外側にオフセットされてしまっている可能性がある
ただしノーマルキャリパーは片押しのため、対向のベルリンガーと比べてこのような事が発生してしまったのかもしれない
ノーマルキャリパーでの不具合報告はネットを見る限り報告がないのでおそらく問題ないのであろう

ひとまずZ-WHEELのローターキャリアを注文した
Z-WHEELのローターキャリアがローターを外側にオフセットできる事を祈るしかない・・・

のちのちSPEEDTECHのディスクアダプターはヤフオクに流そうと思いますが、ご入り用の方はご連絡いただければお安くお譲りしたいと思います
取り付けのみで未使用、取り付けによるキズ等はありますが使用に問題はありません
BERINGER ベルリンガー/ブレーキパッド 6POT AEROTEC用
BERINGER ベルリンガー/ブレーキパッド 6POT AEROTEC用 汎用

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-11 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X R化(オフロード化)計画 その3

一番の難題であるブレーキ問題を解決できたので着地点が見えてきた

次はスプロケット
a0321323_01064391.jpg
まずは純正仕様
WR250X ドライブ 13T ドリブン 42T チェーン 108リンク
WR250R ドライブ 13T ドリブン 43T チェーン 108リンク

せっかくのオフホイールなので加速寄りに変更したい
ドライブ 12T ドリブン 44T 
この組み合わせならメーター読み5%落ちで108リンク
サンスター ステンズの組み合わせで購入

あと地味だけど必要なのは ホイールスペーサー
a0321323_01223927.jpg
ZETAのアルミのホイールスペーサーが欲しかったけど販売終了なうえに赤は在庫がすでに見当たらない・・・
そこで・・・
a0321323_01074695.jpg















3D7-25183-00カラーホイール1242円フロント左
3D7-25186-00カラーホイール1156円フロント右
3D7-2531S-00カラーホイール2300円リア右
3D7-2530S-00カラーホイール2452円リア左

純正部品買ってきて・・・
a0321323_01255368.jpg















塗ってみた(笑)
a0321323_01073596.jpg
左右が分かりづらいので左のスペーサーにはポンチで刻印を打っておく
金属への食いつきを考えてミッチャクロンを使ってみた
a0321323_01080331.jpg
できる限り塗膜が丈夫な物を・・・という事でラッカー系を使用(ウレタン系があるならそちらの方が有効)
ミッチャクロンで下地をつくりメタリックカラーなので白をサフ代わりにする
赤メタリックを吹いてみるがピンクっぽいのでガイアカラーのクリアーレッドをさらに吹きつけ仕上げにクリアー
a0321323_01081980.jpg














こんな感じで仕上がった
赤アルマイトっぽくて、なかなかイイジャナイカ

タイヤはチューブ仕様のため虫回しが必要と思い
a0321323_01063130.jpg
虫回し付きエアバルブ
プラスチックの質感が安っぽかったので、これも塗装

あとは・・・
サイドスタンドぐらいだが5000円弱もするので他の手を考え中・・・
Xのサイドスタンドでも傾斜がきつくなるくらいなので後で何とかしよう・・・

その4へ続く
SUNSTAR サンスター/フロントスプロケット
SUNSTAR サンスター/フロントスプロケット WR250F
SUNSTAR サンスター/オフロードユース リアスプロケット 『林道制歯』 STENZ [ステンズ]
SUNSTAR サンスター/オフロードユース リアスプロケット 『林道制歯』 STENZ [ステンズ] DEGREE

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-09 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X R化(オフロード化)計画 その2

a0321323_23290815.jpg
で、非常に大きな問題点となるフロントブレーキ
ちなみにリアはそのままポン付け可能

ディスクローター & キャリパー
WR250X フロント φ298  片押し2ポット
WR250R フロント φ250  片押し2ポット
ベルリンガー    φ310  対向6ポット

RからXにする場合
ローターが48mm大きい(半径で考えれば24mm)のでキャリパーサポートを取り付ける事(外周側に24mmオフセットさせる)で問題点をクリアできる

XからRにする場合
半径で24mmで小さいため、さすがにキャリパーがローターを掴みきれない
そのためRのブレーキ一式(マスター、キャリパー)を購入して交換するのが以前の常套手段でしたが
最近はRのホイールハブにXのディスクローターを取り付けるのが主流になってきている模様
a0321323_23351991.jpg
a0321323_23354944.jpg

このどちらかで可能となりますが、多少形状に違いがあります
Z-WHEELは、商品の内側にホイールハブ、商品の外側にディスクローターが取り付く
SPEEDTECHは、商品の内側にホイールハブ、ディスクローターが取り付く
RのハブにXのディスクローター&キャリパーで使用する場合はどちらの商品でも問題ありません

問題は私のWR250Xはディスクローターもキャリパーもベルリンガーに変更済である事・・・
つまりRのハブにベルリンガーのディスクローターを取り付けないといけない
そのために商品の取り付け形状が重要となります
a0321323_23564817.jpg
ベルリンガーのディスクローターのインナーローターの取り付け部は真円

a0321323_06564928.jpg
R純正ローターのインナーローターの取り付け部は足が生えてるような形状
そのため2点の商品とも真円部が当たって取り付けられません・・・
ただし取り付けボルトの穴位置は問題ないため外側or内側に取り付ける事は可能です

キャリパーはフロントフォークの内側に取り付けられている
つまりキャリパーを外側にふる事はできない
それを考えると
a0321323_00003043.jpg
ベルリンガーのディスクローターを無理矢理取り付けるならZ-WHEELのは本来の位置より外側にローターが取り付けられてしまうため、キャリパーがローターを掴む事ができない(キャリパーを外側にオフセットできないため)
SPEEDTECHならローターを内側に取り付けられるので何とか取り付けられるかもしれないと思いSPEEDTECHを注文してみた
a0321323_23470561.jpg
しかしながらSPEEDTECHもこの段差に邪魔されて真円のインナーローターは取り付かない・・・
じゃあ、いっそのこと削ってしまうか!?と考え重ねてみたが・・・
a0321323_23481619.jpg
取り付け穴とインナーローターが重なっていて強度的に削れるような場所ではない・・・
つまりどちらの商品も社外ローター(特に真円のインナーローター)に対応していない
純正のWR250Xローター専用と考えるべきである

ベルリンガーのディスクローターを使う事はあきらめよう・・・
マルケジーニに付けっぱなしにする事に決定!

Xのディスクローターを購入しようと思う
X φ298mm ベルリンガー φ310mm
その差12mm(半径で考えれば6mm)
6mmなら許容範囲なのでは?と自分を納得させる

制動力にどれほどの差がでるのか分からないが
そもそもR純正はφ250のローターに片押し2ポットのキャリパー
そこをさらにディスクローターをサイズアップして取り付けようとしているわけで・・・
X純正ローターを取り付けたとしてφ298に2ポットのキャリパーより、6mm接地面積が減った対向6ポットの方が制動力が高い気がしないでもない
そう自分を納得させXの純正ローターを調べてみる

3D7-2581T-10 15120円

・・・高すぎる・・・
すでにSPEEDTECHの商品で1万円以上出費しているのに・・・

オークションを見てみる・・・
なんでこんなに人気あるんだろう・・・
中古のディスクローターが8000円、9000円とかで落札されていく・・・

何かいい方法はないだろうか?と思い色々考えてみる
ようするにインナーローターが真円の物は、たとえボルト位置が一致しても取り付かない

あれ・・・?!そう言えば・・・と思い出した事が
XJR1300のディスクローターがWR250Xにポン付けで流用できたはず

5PX-2581T-00 16308円(1枚と思われる・・・)

XJR1300のディスクローター全てが流用できるわけでなくインナーローターが真円でない年式の物が流用できます

a0321323_00445727.jpg
というわけでヤフオクでXJR1300のディスクローターを6000円で落札
つまり1枚3000円!
予備も出来ちゃった(笑)

じゃ・・・取り付けてみよう!
a0321323_00455203.jpg
おし!これでディスクローター問題は解決!
ちなみに非常に振動や捻れがかかる部分なのでステンレスでなく鉄ボルトを使用してネジロック剤を塗布して締め付け

ここ最近知ったんだけども、振動が多く捻れがかかるような部分はステンレスでなく鉄ボルトの方が向いているらしい
外装程度ならステンレスに変更してしまっていいが、場所によってはあえての鉄ボルトの方がいい場合があるとの事
靱性の差でしょうかねぇ

何回、ディスクローターって文字、書いてんだ・・・(゚Д゚;)

その3へ続く
Z-WHEEL ズィーウィール/ローターキャリア
Z-WHEEL ズィーウィール/ローターキャリア WR250X

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-08 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X R化(オフロード化)計画 その1

モタードである WR250X をオフ車である WR250R に
オフ車である WR250R をモタードである WR250X に

WRの1台で2度美味しい漢の浪漫( ゚Д゚)y─┛~~
前々から考えていたが、なかなか実行に移せなかった

私的にはモタードでダート走るから面白いんであって、オフ車でダート走ってもモタードほどの楽しさは感じないかもしれないと・・・
ただ、まぁ、チャンスがあればとホイールの相場等はヤフオクで見ていたりもした
a0321323_07475160.jpg















実現するもしないも、まずは仕様からまとめていこうと思う
参考までに適当な比較対象なのか分からないがYZ250Fも並べてみる
a0321323_23125598.jpg
WR250X  全長:2125mm 全幅:810mm 全高:1190mm シート高:870mm
WR250R  全長:2190mm 全幅:810mm 全高:1235mm シート高:895mm
YZ250F 全長:2165mm 全幅:825mm 全高:1280mm シート高:965mm
シート高の差は25mm 思っていたより全然差がない
YZとの差はXで95mm、Rですら70mm
a0321323_23125287.jpg
WR250X  軸間距離:1435mm 最低地上高:260mm 車両重量:134kg
WR250R  軸間距離:1425mm 最低地上高:300mm 車両重量:132kg
YZ250F 軸間距離:1475mm 最低地上高:325mm 車両重量:105kg
最低地上高差は40mm 拳くらいの石ころの差といったところか
シート高に比べて地上高は大差がない
モトクロッサーの軽さが際立つ
a0321323_23125965.jpg
WR250X キャスター/トレール26°00′/81mm
WR250R キャスター/トレール27°20′/ 113mm
YZ250F キャスター/トレール27° 05′/118mm
キャスターがより寝ているのはRの方

WR250X 110/70R17M/C 54H(チューブタイプ)/140/70R17M/C 66H(チューブタイプ)
WR250R 80/100-21M/C 51P(チューブタイプ)/120/80-18M/C 62P(チューブタイプ)
YZ250F 80/100-21 51M(チューブタイプ)/100/90-19 57M(チューブタイプ)
さすがにスピードヒーラーが必要なサイズ変更なのか!?

・・・で私のWR250Xは・・・となると
シート高:スパイラルのハイシートに変更済
a0321323_23180435.jpg















ホイール&タイヤ
マルケジーニ M10S Motard
フロント 17×MT リムサイズ 3.50 
リア   17×MT リムサイズ 5.00 

ノーマル仕様
タイヤサイズ
110/70R17M/C 54H(チューブ)
140/70R17M/C 66H(チューブ)
ホイール
フロント 17インチ リムサイズ 3.00
リア   17インチ リムサイズ 4.00

変更点は
フロント リムサイズ 3.00 → 3.50  タイヤサイズ 110/70 → 120/70
リア   リムサイズ 4.00 → 5.00  タイヤサイズ 140/70 → 160/60

XとRで部品的に大きく違うのは
ホイールハブ:物が違うのでXのハブにエキセルリムで前21インチ後18インチは可能なのだろうか?
可能だとしてもハブを1セット失う事になるため二度と戻さない前提になる
そのためホイールごと交換してしまうのが一番手っ取り早い
TGRとかハーンホイールとかあるがワイズギアからの純正が一番手っ取り早いと思われる
a0321323_22402204.jpg
何よりディスクローター付
a0321323_22402787.jpg
リアにいたってはスプロケも付いちゃう大盤振る舞い
プラス メーカーが純正品を組んでくれたという安心感付き!(ここ重要!)

お次はフロントブレーキ

その2に続く
YAMAHA ヤマハ ワイズギア/フロントホイールASSY (WR250R)
YAMAHA ヤマハ ワイズギア/フロントホイールASSY (WR250R) WR250R

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-06 00:00 | バイク | Comments(0)

WR250X 抜けてた旅 その2

2017年3月19日(日)

ひとまず香川の堰堤(千足ダム、川股池)を次回に持ち越し徳島を終わらせて行こうと思う
a0321323_01064594.jpg
第十堰をあとにして15号で西へ
次の橋で吉野川を左岸に渡り北上
14号、12号と繋いで318号で北上
a0321323_22385733.jpg
15:02 第1番堰堤札所 『宮川内(みやごうち)ダム』 到着
1番札所ですよ、1番札所
本家で言えば 霊山寺
a0321323_22390632.jpg
ダム湖ではポツポツと人がいてキャスティングにいそしんでいる
結構人気のあるバス釣りスポットのようです
フローターも出ていたな

宮川内ダムから318号へ戻りちょっとだけ北上すると「たらいうどん平谷家」の看板
これを左折して山へ入っていく
少し大きめのダートへ左折して進めば
a0321323_22543879.jpg
なかなかひっそりとした感じ
a0321323_22542318.jpg
15:18 第2番堰堤札所 『御所池』 到着

判子を押していたら軽トラが入ってきた
おっちゃんが出てきて「ちょくちょく押しにきてんなぁ」との事
地元では相坂ダムというよりは「御所さん」(御所池)と呼ばれているよう
判子がどういうものか知らなかったようで四国堰堤ダム88箇所巡りについてご説明
御所池向けてのダートへ入らず舗装路を山へ入る道は立ち入り禁止になっているが、イノシシ捕りなどで結構な人が山に入っているらしい

おっちゃんに挨拶をして御所池をあとにする
時刻は15時半、次がラストくらいか

318号に戻り道の駅どなりへ
結構なライダーがたむろっている
トイレをすませ次の堰堤「高西ダム」について調べる
高西ダム その1 その2 と説明されているだけあってなかなかの秘境のようである

318号を南下し、高速道路手前139号を右折して西へ
しばらく行くと阿波市役所が見えてくる
かなり立派な建物なので分からない事はないだろう
阿波市役所の前の道を走ってさらに西へ進んでいく
すると日開谷川にかかる橋があるのでこれを渡らず広域農道へ右折して北上

広域農道を左沿いに進んでいけば高速道路にかかる高架を渡る
さらにそのまま進めば春日神社
春日神社まで行くと行きすぎである
a0321323_23160673.jpg















高架の名称が 八坂金清跨道橋
春日神社の方に行けば 第2、第3八坂金清跨道橋となっていたので分かりやすいと思う
a0321323_23181034.jpg
さらにもう1本西に跨道橋があるが行き方は分からなかった
a0321323_23160673.jpg
四国堰堤ダム88箇所巡りのサイトではかなりの秘境な感じで書かれていますが、2017年3月現在では道が整えられかなり楽になっているようです
上の写真のコンクリ舗装へ進んで行けば1本道
a0321323_23223899.jpg
16:18 第3番堰堤札所 『高西(こうざい)ダム』 到着
え!?何処!?って感じでしょうが、ここです(笑)としか言いようがありません・・・
堰堤は左側に見えますのでそこまで分からない事はないと思われる

私がたどり着いた時に横浜ナンバーの車が停まっており何かしてんなぁ・・・と思ったら判子押してました
自分以外で判子押してる人、初めて出会った・・・
a0321323_23264884.jpg
堰堤の選定基準が分からないんだが・・・どういう基準なんでしょう・・・
a0321323_23283064.jpg
写真左に判子があるのが見えますでしょうか?
a0321323_23290084.jpg
木の根っこに取り付けられております
a0321323_23293065.jpg
先日、結婚式に行った際にISO感度の上限を25600にしたの忘れてて今回の写真はノイズがひどい・・・

本日の堰堤巡りはここまで
南下し吉野川を渡り192号で西へ
32号で大歩危小歩危走って帰宅


ダムカード:福井ダム、宮川内ダム
四国堰堤ダム88箇所巡り:旧吉野川河口堰、吉野川第十堰、宮川内ダム、御所池、高西ダム

活動時間:13時間
走行距離:425km

数日後、ダムカード整理していたら・・・

旧吉野川河口堰・・・
ダムカードもらってねぇじゃねぇか・・・
マックス 瞬乾 スタンプ台 小型 1号 赤 SA-101SE
マックス(MAX) (2004-02-01)
売り上げランキング: 46,651

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-04 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 抜けてた旅 その1

2017年3月19日(日)
3連休の中日
たまたま5時頃に目が覚めたので出発してみる事に・・・
a0321323_08575464.jpg
7:13 出発
一切の準備をしていなかったため全ての電子デバイスの電池がありません・・・
距離的にはそれなりに走るので時間はある
ひとまず充電できるものは全て繋いで出発!

まずは先日、取りこぼした福井ダムのダムカードを頂きに行こう!
福井ダムへは高知市内から195号線をひたすら東へ160kmほど走ればいいが、冬場の早朝にひたすら山道とかやってられんと思い、ひとまず海へ出る

a0321323_00295900.jpg
7:50 花街道から桂浜、浦戸大橋を渡り吉川町、赤岡と抜け延々55号を奈半利まで走る
a0321323_00301586.jpg
先日の改修工事によりシートバッグを簡単に取り付けられるようになったため、久々のこのスタイル
白外装もシンプルでいいかもしれない

奈半利町から絶賛復旧工事中の493号を通り1時間ほど山の中を走る
室戸岬経由と493号では距離は室戸周りが10kmほど多いが時間的にはさほど大差ない模様
気持ちよく走れるのは海沿いだろうが、何か白馬の王子様に会いそうな予感がして山道を選んだ
天気がすこぶる良ければ海岸線がいいかもしれない
ただ印象的に東沿岸部は防波堤が高く海を見ながら走っている気分にはあまりならない
西沿岸部は岸壁を走る感じが多く眼下に海を見ながら走れるコースが多いような印象

a0321323_00405342.jpg
11:13 南阿波サンライン 第四展望台
以前走ったのは 2009年10月なので8年弱ぶり
前回はほぼほぼ夜間走行だったため、もう一度走っておきたかった
横浪スカイラインと比べるとアップダウンが少なく左右のコーナーがほぼ交互にくるので単調な印象を受けた
こんなんだったっけなぁ・・・前回がスポスタだったのもあって何か印象が違う・・・
a0321323_00520793.jpg
11:55 福井ダム 到着
ダムカード配布時間:9:15~10:00  12:00~13:00  15:00~16:00
狙ったようにちょうどいい時間に到着し、無事ダムカードをいただきました
時間がずれこむようならば
阿南市富岡町あ王谷46 南部総合県民局(阿南庁舎)別館4階 県土整備部 施設管理担当 平日9:00~18:00 でもいただけます

福井ダムを後にして徳島市街へ向かう
55号、11号と繋いで途中で眉山が見えてくる
吉野川を渡り
a0321323_01011940.jpg
13:38 番外堰堤札所第1番 『旧吉野川河口堰』 到着
a0321323_01023266.jpg
今切川 右岸 旧吉野川河口堰管理所の東屋に判子がある

次は吉野川の右岸を遡上し
a0321323_01063184.jpg
14:20 番外堰堤札所第2番 『吉野川第十堰』 到着
道中、スポーツカイトを発見
23mのチューブテールはさすがに綺麗だった・・・

a0321323_01064594.jpg
この第十堰ですが、空から見ると
a0321323_01150162.jpg
こんな感じで端から端までとてつもなく大きな堰堤
ここで水位を上げて旧吉野川へ分流させているみたい

時刻は14時半、そろそろ本日の目処を付けていきたいところ
最寄りの堰堤は北上して千足ダムと川股池だが、一度瀬戸内海沿岸まで出て山へ登り直すことになる

ひとまず香川には入らず、このまま徳島を終わらせて行こう

その2へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-02 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 最大積載量

a0321323_00292299.jpg
WRでの1番長期間だったツーリングは福井、石川への2泊3日
a0321323_00314666.jpg
福井で宿に一泊、石川でキャンプ場で一泊
タンクバッグ 拡張済 21L
シートバッグ 拡張済 59L
サイドバッグ     22L
計          102L

北海道へツーリングに行くとすればこれ以上荷物も増えると考えるのが妥当である
R1でツーリングした会社の先輩はキャンピングシートバッグ2で何とか・・・といったところだったらしい
キャンピングシートバッグ2は拡張前で59L、拡張後75L
つまり私の持っているフィールドシートバッグの拡張後の大きさになる

カメラはいつもどおりタンクバッグに入れることになるが、北海道なら望遠レンズも持って行きたいので、これまた入りきらない・・・
着替えも2泊3日分とはいかないので、ここでも容量が必要
さすがに焚火台を持って行くほどの無茶はしないが、持って行けるのなら持って行きたいほどである・・・

基本的に荷物が多くなる傾向の私には、現在の構成では容量が足らない
その辺りを踏まえてサイドバッグ、シートバッグを更新しようと思う

まずはサイドバッグ
出来る限り重心を下げたいのでサイドバッグを使うわけだが、ウルフマンのサイドバッグは左右で22L
ただし体感的には22Lも入る気がしない
あと非防水のため荷物を予めビニール袋に入れてサイドバッグに入れるようにしている
バッグの開閉はチャックのため非常に扱いやすい

これより容量の大きいサイドバッグでオフロード車にも取り付けやすく防水となると
19L×2 38L  ただしサイドラックが必要

15L×2 30L  ただしフェンダーへの穴開け加工が必要
a0321323_00563899.jpg
エンデュリスタン ブリザード サドルバッグ L
12L×2 24L  取り付け方法はウルフマンE-12と同じ感じ

防水機能=折り返しでバックルで留める となるため荷物の出し入れは今までより手間になる
このあたりは一長一短か・・・

もちろんラック付けてパニアケースってのが一番楽で確実なんでしょうがWRの軽快さは失われてしまうので、エンデュリスタンかクリーガで検討したい

次はシートバッグだが
いつか行く北海道にはこれ↓を絶対買おうと思っていた
a0321323_00302656.jpg
去年のモーターサイクルショーで見た新製品
容量70Lとキャンピングシートバッグ2の拡張時75Lには敵わないが見た目に惚れたんだから仕方がない(笑)
上バッグ40L 下ハードケース30L
セローに取り付けてあるがWRだとどんくらいの感じになるのか・・・

タンクバッグ 21L
サイドバッグ 30L or 24L
シートバッグ 70L
計      115L~121L

何にせよフル装備でのダート走行は厳しいように思えるが、それはこれからの訓練次第なのだろうか・・・

ひとまず資金集めのため現在のバッグを出品致しました
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/キャンピングシートバッグ 2 MFK-102 59-75L
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/キャンピングシートバッグ 2 MFK-102 59-75L 容量:59L-75L

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-01 00:00 | ツーリング | Comments(2)