タグ:写真 ( 36 ) タグの人気記事

コシナ フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95


4本目のマイクロフォーサーズレンズに単焦点レンズである
a0321323_00563632.jpg









予算が無限にあるなら
M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROと撮り比べてみたいものですが
とても予算が追いつかないため、どうせなら尖った物をとフォクトレンダーに

現在販売されているのはタイプ2ですが、動画メインでなければ無印で問題ないと思われる
タイプ2は動画対応の絞りクリック切り替え機構を搭載しています

a0321323_01531541.jpg

a0321323_01523555.jpg

a0321323_01514390.jpg

















a0321323_01511360.jpg


a0321323_01493302.jpg






















a0321323_01490365.jpg






















a0321323_01483392.jpg



















a0321323_17304597.jpg


a0321323_17403663.jpg



a0321323_17294230.jpg

a0321323_17291219.jpg





















a0321323_17155830.jpg




















a0321323_17152065.jpg


















まだちょっと使い慣れてない部分もありますが、使っていて楽しいレンズ
マニュアルフォーカスになるだけで色々考えて撮ることになるので
そのあたりも新鮮で楽しい
今までいかに自分が楽をしてきていたのか分かる…

室内撮りも静物ならこれで問題なく撮れる
動き物は12-40mm F2.8 PROにお任せしよう

開放で撮れば被写界深度は非常に浅く、後で見直してもホントここに合わせたっけ?
くらいな印象、ボケは思っていた以上にキレイにボケてくれて大満足
外で快晴だとF0.95で使うには明るすぎてNDフィルターが必要な気がする

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II(キットレンズ)
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
COSINA Voigtlander NOKTON 25mm F0.95

北海道にどれを持っていこうか…
上半期に買って良かったもの!
[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-24 02:32 | カメラ | Comments(2)

単焦点の世界


2015年12月に購入した OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII
1年半ほどかかりましたが、家内借金の返済がいつのまにか終わっておりました
オークションで意外な物が高価で売れたりして…
計算してみると数ヶ月前には返済が終わってた

a0321323_00403994.jpg









現在の手持ちレンズは

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II(キットレンズ)
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

大三元 2本 と 望遠 1本 なので 混一色くらいにはなってる感じでしょうか
前々から追加するなら

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコンバーターキット

で大三元ではなく、35mm換算で35mmか50mmの単焦点を考えておりました
マイクロフォーサーズで言えば17.5mmか25mm、どちらかになります
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO にこれといった不満はありません
しいて言えばボケがもっと出せれば…といったところですが、マイクロフォーサーズ
である事を考えればサイズとのトレードオフと考えます

そこで気軽にボケを出そうと思うと、明るい単焦点レンズが思いつくわけです

まずは17.5mm(換算35mm)なのか25mm(換算50mm)なのか
カメラの世界は昔のフィルム時代の考え方を基準としますので
昔、先端を手でセットして巻きつけていた頃のフィルムのサイズが
今の考え方の基準となっております。
フィルムの両端に巻取りのための穴が連続して空いており、端から端までが35mmでした
現像したネガフィルムとか上下に穴が空いているのを見た記憶があるんじゃないでしょうか?
このフィルムの1コマが横36mm×縦24mmなのですが、これが今でいうフルサイズの
センサーサイズとなります

なのでフルサイズは換算せずにそのままで行けます
APS-Cやマイクロフォーサーズはフルサイズよりセンサーサイズが小さいため
APS-Cは焦点距離を1.5倍(キヤノンは1.6倍)
マイクロフォーサーズは2倍する事で35mm換算した事になります

焦点距離35mmは人間がぼぉ~っと何かを見ている時の視界の範囲
焦点距離50mmは人間がカッと集中して何かを見ている時の視界の範囲
こんな感じらしいです
まぁ集中してるとそこ以外、目に入らなくなるという事でしょう

わざわざズームレンズと重なる焦点距離の単焦点を買おうというわけですので
何かをガッっと見つめているような画角の50mmを買ってみようと思いました
ただ私個人が思うに35mmと50mmの差なんてどちらを買っても
足で稼げる距離だと思うんだけど、私は何か重大な勘違いしてんのかな…

オリンパス
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 価格コム 43369円
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 価格コム 30680円

パナソニック
LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K 価格コム 48617円
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025 価格コム 47800円
LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH. H-H025-K 価格コム 21980円

これを見て分かる事は
35mmの方が50mmより高い
パナのライカ銘レンズは高い

ここで1つ問題のレンズが発売されております

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO  価格コム 118980円

オリンパスの単焦点PROレンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO と比べるとなると
同じくPROレンズが欲しくなってしまうのは道理
ただ、まぁ他のレンズが5万円以下なのを考えると倍以上なのは躊躇してしまう

欲しいのは「ボケ」
と考えるとF値を最優先で考える
上記5本で最もF値が低いのはM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
う~ん、やっぱりこれしかないのか?!

オリンパスがC-3030でF2.8だった頃、コンデジでも随分明るいレンズが出たもんだ
って話だったのに…今やF1.2とかなのね…
というかこの当時で定価125,000円のコンデジってスゴイな…
M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO とほぼ同額じゃないかw

でもなぁ…素人が分かるくらいの性能差が12万払って手に入らなかったら…
かといって使い勝手のいいM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを
手放す気にはならないよなぁ…

というわけで猿でも分かるボケを手に入れるため

フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95 には無印とタイプ2がありますが
絞りのクリック切り替え機構の有無のみが変更点となるようです
動画メインだと絞り変更時にカチカチならないようにタイプ2の需要があるようです

無印 68,000円 タイプ2 75,200円
118980円を思えば大分抑えられてきたもんです
さらに抑えるべく、ここは無印、さらに中古品をヤフオクで狙います
割りとコンスタントに出品がある模様
何度か落札争いに負けつつ、ついに4万円台で落札
a0321323_02272761.jpg
















金属製でずっしり重くリングの廻りもほどよい固さ
a0321323_02303899.jpg















大口径レンズでF0.95で開放させるとリアキャップの裏面が見えるほど開放されます

フォクトレンダーのキャップとフードが付属しますが、オールドレンズっぽくしようと
穴あきフードに変更、純正キャップにしてみた

初の単焦点、しかもマニュアルフォーカス…
どうなる事やら…



[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-13 00:00 | カメラ | Comments(0)

四国 最西端の旅 その3

2017年5月20日(土)

R197を戻り大久展望台から見晴山の方へ脇道に入る
a0321323_22322726.jpg
16:41 せと風の丘パーク へ (M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO)
a0321323_22375789.jpg
丁度、1基整備中だった
2本の羽をワイヤーで固定して作業する模様

a0321323_23470494.jpg


a0321323_22381536.jpg
なかなかの風車集合地帯
佐田岬全体では結構な数の風車が設置されている

八幡浜まで戻り、今度はR378で瀬戸内海沿岸へ

以前から来てみたかったけど、ひとまず今回はどんなものか下見に…
a0321323_22493562.jpg
18:11 JR予讃線 下灘駅
a0321323_23472621.jpg

完全に観光地化が進んでおり写真どころではないようだ…
a0321323_22540234.jpg












a0321323_22564588.jpg
平日でないと思うようにはいかないようです

人だらけなので再びR378で道の駅 ふたみ へ
a0321323_23500907.jpg




















a0321323_22595094.jpg


















18:55 ここもメジャーな夕日スポット(M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO)

これで 東 西 北 が終わった事になる

最後は割りと有名な最南端

高知県 足摺岬

結婚前に2人で行った事があるが、8年ほど前な話なので
近いうちにまた行ってみようと思う

a0321323_21102951.jpg












OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK
オリンパス (2015-02-20)
売り上げランキング: 117,612

[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-06 00:00 | 四国ネタ | Comments(0)

四国 最西端の旅 その2

2017年5月20日(土)
a0321323_21395513.jpg






















四国最西端 佐田岬(さだみさき)
九州最南端は佐多岬(さたみさき)
濁る方が四国
濁らない方が九州
有名なのも九州

八幡浜市から最西端手前の駐車場まで50km弱
快走路を1時間ほど
a0321323_21285317.jpg





























14:00 瀬戸内海国立公園

私の記憶が確かなら、この佐田岬が四国最○端の中で一番、歩かされる
時間にして20~30分ほど、アップダウンはさほどない
a0321323_21380212.jpg
10分ほどで海岸線へ
こちらは南海岸
a0321323_21460445.jpg
北海岸側は更地に
以前はここに佐田岬灯台キャンプ場のトンガリ屋根のバンガローが何個も並んでいた
2009年に来た時にすでに手入れがなされてないような感じだったけども
去年くらいに撤去されたっぽい
代わりにトイレが設置されてた

a0321323_21554182.jpg

















以前は灯台までしか行けなかったが整備されて御籠島までも行けるようだ
a0321323_21583035.jpg
14:33 椿山展望台

道中、砲台を隠す壕などがあり意外と見どころがある
a0321323_22003658.jpg

a0321323_22011070.jpg
14:40 佐田岬灯台 到着

こんだけ飛び出てると、そりゃ灯台がないと困るわなぁ…
a0321323_22012823.jpg
北が上でない地図はなんでこんなに違和感を感じるんだろう…
本州に3本も橋かけるより佐田岬から九州に橋かけた方が良かったんじゃ…
a0321323_22073655.jpg
14:45 初上陸の御籠島へ

a0321323_22183927.jpg
なかなかキッチリお金をかけて整備したみたいでかなり手が行き届いている
a0321323_22204420.jpg
四国のこんな場所ですら、こんな設備を整えないといけなかった事を想うと
何か色々考えさせられる…ホント戦争してたんだな
a0321323_22255376.jpg
2門あったようで外構部は当時の物が残っている
a0321323_22275910.jpg

a0321323_22283974.jpg
14:57 御籠島

かなり隅々までゆっくり見て1時間ほど
灯台まで行って戻るだけなら往復40分ほどで行けそうな気がする

ミカン売りのおばあちゃん達を適当にあしらいながら駐車場に戻る
a0321323_21102951.jpg























その3へ続く
Garmin GPSMAP 64s 日本語仕様 city+山岳詳細地図
GARMIN(ガーミン)
売り上げランキング: 4,713

[PR]

by mystxl1200 | 2017-07-04 00:00 | 四国ネタ | Comments(0)

♪南国♪ 高知

a0321323_21182397.jpg
2017年2月12日(日)7:45 出発
a0321323_21183272.jpg
南国 高知は今日も暖かいデス!

本日の目的地は 高知県吾川郡いの町寺川
いの町は高知市と隣接する高知市の西隣の市町村
ただし恐ろしい事に高知市に隣接しながらも愛媛県とも隣接しております

いの町なので「なんだ市内から近い」と思っていたら「愛媛の方が近かった」みたいな事がありうるわけです

194号で愛媛方面へ
40号で左折して本川を抜けて
a0321323_21293391.jpg
9:01 長沢ダム 到着
a0321323_21350114.jpg
2016年5月4日の長沢ダム
a0321323_21371348.jpg
ダム湖も氷かけ
この近辺は縦横無尽に林道が延びているんで大森川ダムからも抜けてくる事ができる
40号はさすがに交通量も少なく積雪があるがスタッドレスで難なく走る事ができた
寺川の分岐路からさらに直進し山の中へ

9:46 大瀧(オオタビ)の滝 到着
駐車場は3,4台ほどなら停められます
a0321323_21564509.jpg
何処から滝に向かえばいいのか分からず河原に降りてみたが川を渡れるような場所は見当たらない
たぶん間違っているんだろうなぁ・・・と思い県道まで戻る
駐車場まで戻り反対方向へ歩いて行くと
a0321323_21592530.jpg
手箱山の登山口 発見
a0321323_22111032.jpg
吊橋を渡って山の中へ
大瀧の滝への案内は特になし
途中分岐があるので左手へ(山じゃない方)
ちょっと道が獣道っぽくなるが、そのまま進んでいけば
a0321323_22271709.jpg


a0321323_22281946.jpg

a0321323_23001970.jpg

a0321323_22274645.jpg
滝壺は落下点以外凍っているため、氷面に三脚を設置
さすがに人間が立ってみるのは試せなかった
a0321323_23021850.jpg
高知でも降る場所には降るわけで
四国山地内の山道は冬期通行止めとなります
a0321323_23034267.jpg
チェーンスパイク着用
こんな時期のこんな場所だが、先客も1人
私の帰りしなにも1人、すれ違った

11時くらいには撤退

11:34 長沢ダムを下から撮ろうと思い氷瀑を撮っていた7-14mmを
車内で12-40mmに交換したところ12-40mmの後ろ玉が曇ってしまった
んー なかなか難しいな・・・

このまま帰ろうかと思ったが帰り道なのでちょっと寄り道を
194号まで戻りグリーンパークほどの方面へ

11:56 にこ淵 到着
前回訪問は2016年8月17日 お盆の時期
さすがに夏場は人気があり、なかなか人人人だらけだったが冬場の今なら・・・
a0321323_23182029.jpg


a0321323_23183387.jpg


a0321323_23184947.jpg
さすがに冬は貸し切りだなぁ
透明度は季節で大差ない模様
12:13 滝の左側に日が差し込む
12:00~13:00ほどが滝に日が当たる時間帯になりそう

また季節を変えて来てみようと思う

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-19 00:00 | 高知ネタ | Comments(0)

飛翔&別れ

2017年1月7日(土)
a0321323_22352731.jpg
近場でよさげな海岸を探していたが、なかなかなく結果的に仁淀川の河口付近となった

体感でちょっと風が強いため、様子見に
a0321323_20273331.jpg
鳥さんを揚げてみる
風が強いので揚がるには揚がるが風向きが安定しない
a0321323_00384496.jpg
カイトフォト用の凧としては小さなサイズではあるが、ストアウェイ・デルタですら161cm×93cmあるので
強風だと独りでは降ろせなくなる可能性がある
嫁さんがいるので私が下げて嫁さんが糸を巻く事でなんとか降ろせるが、上空まで揚げると結構な引きがあるので無理にさげられない

ひとまず50mほど揚げてみて、これなら降ろせそうだったため一旦降ろしてカメラをセットする

では記念すべき初フライト!


水糸の長さは250mなので45°くらいの角度で揚がっていたとして高度180mほどと思われる
一旦、動画で揚げてみたがブレがハンパなく見れたものでないのでタイムラプスで撮影した
タイムラプスの方がその瞬間瞬間のため、画角的にも面白くカイトフォトには合ってる気がする

カメラの直下は海面のため糸が切れれば凧はおろか、GoProも失う事になるw

そんななか嫁さんの鳥さんがテトラの向こう側に墜落し、そのまま帰らぬ鳥となった・・・

今回の反省点として
糸が切れてない状態での墜落の場合、海面に落ちた場合は糸で回収ができるので沖にテトラがない海岸を選ぶ必要がある
同時にGoProも回収可能な事を考えると防水ハウジングでリグに取り付ける必要性を感じた
裸ハウジングだと軽量化はできるが、落下の衝撃や水没した場合にGoProが故障するため使いづらい


a0321323_22584406.jpg
水糸だと糸巻きに巻き付けられる量が少ないため(糸が太い)海釣り用のPEライン(強度も高く糸も細い)に変更
6.0号 80lb 500m 
計算上、糸を全て出し切れば350m近く揚げることができるはず
a0321323_22582264.jpg
巻き取りは500mのため、巻き取るだけで30分とかかかりそうな気がする・・・

近場にテトラがないような海岸がないかなぁ・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-12 00:00 | カメラ | Comments(0)

テストフライト その2

2016年12月17日(土)
a0321323_00453831.jpg
道の駅で小休止後、安田町まで行き12号で今度はさらに山奥を目指す
493号で北川村を経由して北川温泉から平鍋ダムを見て、久木、魚梁瀬と目指すこともできるが北川温泉から魚梁瀬までの12号線は崖崩れのために大規模な復旧作業中なため、安田町から12号で魚梁瀬を目指す事にする

a0321323_00594399.jpg
12:35 第19番堰堤札所 『魚梁瀬(やなせ)ダム』 到着
四国にもこれだけ大きなロックフィルダムがある
ただし行くのが非常に面倒なのだが・・・
54号線からダムの全体像を見ることができる
a0321323_01103596.jpg
下から見たい場合は久木ダムを経由して行くことができる

全体像が見えたあたりからさらに54号を進むと小さな展望台がある
a0321323_01104987.jpg
第17番堰堤札所 『平鍋ダム』
第18番堰堤札所 『久木(くき)ダム』
第19番堰堤札所 『魚梁瀬(やなせ)ダム』

3箇所分、まとめて魚梁瀬ダムの展望台に判子が設置されています。
a0321323_01110183.jpg
魚梁瀬ダムはダムカードもありますが、配布は別場所
54号ではなく493号沿いのため、今度は北川村を通って海岸線を目指します

魚梁瀬ダム:ダムカード 電源開発株式会社 高知電力所
9:00~17:00(土、日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)、5月1日は除く)

493号は復旧中のため迂回路が多いですが、無事、高知電力所に寄って海岸線へ到達
よさげな海岸を探す作業が始まります・・・

それなりに広い浜辺を探してたどり着いたのは安田漁港付近のは海岸線
a0321323_20251744.jpg
14時過ぎに到着
まずは窪川で揚げてみたが、風が弱くイマイチだった、この凧
a0321323_20273331.jpg
高さ 55cm 幅 90cm
数字的には大きそうだが・・・
鳥に似せすぎたため翼面が少なく意外に難しい
さすがに海岸線だと風があるため飛ばすことができた
ただ一般的なゲイラカイトと違い上へ上へどんどん揚がっていかないのでこまめな操作が必要
カメラを含めて347g程度なら、この凧で十分揚げられると思っていたが全然お話にならなかった・・・
a0321323_00334760.jpg
というわけで鳥さんは嫁さんにまかせて別の凧を揚げる事にする
写真のように上へ揚がらず、それほど高くない高度で延々飛ぼうとするのでなかなか難しい
a0321323_00362335.jpg
もう1枚の凧を揚げてみる・・・
巻き付けた水糸は250m
水糸を巻き付ける際にゆるめに巻いたため、糸巻き側でバックラッシュが起きてしまい糸が出せず、巻けずになり落ちていた流木に巻き付けなんとか回収する・・・
a0321323_00384496.jpg
調べてみるとカイトフォトをするには結構な翌面積が必要なようで、そこそこ大きい凧が必要だそうな
安定性を重視するとボックスデルタカイトと呼ばれる形の凧になるそうだが、これまたサイズがデカイ・・・
翌面積2.5㎡~4㎡くらいが理想なようで、そうなると四角形で考えれば2m四方の凧となる・・・
ボックスデルタなら幅3m近くなるわけで、そこまで行くとなるとちょっと私のやりたい事と違ってくる
もうちょっとスタイリッシュwにやりたいわけだw

そこでリグさえ軽くすれば、もうちょっと手軽にできるのでは?と考えた
カメラに関しては幸いGoProが手元にあるのでそれなりに軽い物を作る事ができるはず
それなりに軽量なリグができあがったところでカイトワールドさんでストアウェイ・デルタを購入

ストアウェイデルタ
サイズ:翼巾 161cm×93cm
フレーム:グラスファイバーロッド
セール:リップストップナイロン、マイラー
メーカー:Prism Design Inc.(USA) 製造国:中国

付属品:50ポンド60mポリエステルライン付、カイトバッグ

意外と大きな凧ってAmazonとかでも売ってないもんなんですね・・・
天井凧(凧がどんどん揚がってしまって自身の真上にきてしまう事)をできる限り防ぎたいので6mのチューブテールも取り付けた
a0321323_01034489.jpg
それなりに揚げる事ができたため、一度降ろして空撮を試みる
a0321323_01033277.jpg
16:08 ある程度の高度まで揚がったらリグを取り付けて、さらに高度を揚げていく
ただこの時間帯あたりから風が弱まりリグが思ったように揚がっていってくれない
15分ぐらい奮闘してみるも凧がまともに揚がってくれないため本日は撤収・・・

急ぐ理由もないので夕日を見ていく事に
a0321323_01093099.jpg

a0321323_01095651.jpg
チャー♪
 チャララーラーラーラーラー♪
  チャララーラーラーラーラー♪
   チャラーラーラーラーララー♪

ちょっと金曜ロードショーっぽい

a0321323_01101072.jpg
そしてこれ!
a0321323_01102977.jpg
16:58 ダルマ夕日
高知でダルマ夕日といえば宿毛ですが、見られる時期の長さは高知県東部の方が長いとの事
宿毛で何度か見ようとしたけど結果見ることができなかったと思う・・・幼少の記憶すぎて曖昧・・・

a0321323_01104444.jpg
17:28 奈半利駅前 豚福亭
美味しいよ!?美味しかったんだけど・・・
もうちょっと値段が・・・ねぇ?!

ひとまず凧とリグは問題ない事が確認できたので次回フライトに賭ける!

四国堰堤ダム88箇所巡り:伊尾木川、平鍋、久木、魚梁瀬
ダムカード:魚梁瀬ダム

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-05 01:21 | カメラ | Comments(0)

テストフライト その1

前々から考えていた事があり、高知に戻った事もあり、いよいよ実行に移そうと思う


a0321323_00545850.jpg













材料
ステンレス 各素材
デカいワッシャー2枚の間にゴムワッシャーを噛まして糸への干渉を和らげる
a0321323_00560353.jpg
駆動部
タミヤ ギアボックス(最遅 2回転/分)

このあたりを組み合わせて
a0321323_00575352.jpg
稼働部は緩め
固定はダブルナット

a0321323_00554365.jpg
電源:単3エネループ 1本
a0321323_00230127.jpg
2本のエーモンステーを1点で結合し、軽く稼働するように取り付ける
一方のステーにギアボックスを取り付け回転軸にGoProを取り付けられるようにする
もう一方のステーに紐で封筒を封するような物をワッシャーで2個取り付ける
凧糸とワッシャーを2回8の字で回して取り付けるが万が一の事を考えカラビナも通しておく
a0321323_00231749.jpg
スイッチ付き電池ホルダーに単3エネループ 1本
総重量 347g (ハウジング 本体電池の組み合わせ)

これにて自作回転リグが完成!

これをどうするかというと
a0321323_01033277.jpg
こんな感じで凧と人間の間にはさみ、そのまま上昇させる・・・

新たな試み「カイトフォト」
カイト:凧  フォト:写真
凧揚げしながら写真も撮ってしまおう企画

当然、ドローンがあればこんな苦労してまで空撮を考えません
ただ現状、まともに屋外で空撮できるドローンはまだまだ高価です
そこで考えついたのがカイトフォト

メリット:初期費が安い
     法規制に接触しない
     比較的簡単(凧揚げがドローン操縦にくらべて)
デメリット:好きに操作はできない(風まかせ)
      場所、天候を選ぶ(ドローンなら街中でも飛ばそうと思えば・・・)
      糸切れ=GoPro 紛失 or 落下 or 破損

まぁ落下に関してはドローンも壊れる運命が多いとは思います
a0321323_00552576.jpg
糸切れ対策に水糸を試してみた
水糸:よく工事現場等で水平取るのに張ってある糸、凧糸にくらべ安価で丈夫
270mで500円以下

これを持ってちょっと出かけてみる・・・

2016年12月17日(土)
自宅を8時に出発
55号線で安芸まで走り207号で山の中へ
a0321323_00411329.jpg
10:15 第20番堰堤札所 『伊尾木川(いおきがわ)ダム』 到着

日陰の山の中はまだまだ寒かった
伊尾木川ダムは孤立しているうえに他のダムとも距離があるため、ちょっと面倒・・・

来た道をひたすら戻り海岸線まで戻る
a0321323_00453831.jpg
11:15 道の駅 大山
あまり魚は見当たらなかった

その2へ続く
タミヤ 楽しい工作シリーズ No.110 4速クランクギヤー (70110)
タミヤ (2009-06-23)
売り上げランキング: 3,108

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-04 00:00 | カメラ | Comments(0)

動くモノ

2016年5月22日(日)
a0321323_01093577.jpg
甥っ子の運動会にお呼ばれしたので行ってきてみた
私にとっても母校だが、訪れたのは下手すりゃ卒業以来かもしれない・・・

よくミラーレスやコンデジと一眼レフを比較して、動きモノは一眼じゃないと撮れない等々、色々言われておりますが実際、どうなのか撮ってみた
ボディ:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II(キットレンズ)

基本的にカメラ関係で分からない事(仕組みや語句など)は父親に聞けば、ほぼほぼ分かるので私のカメラの先生は父親となる
まぁそうそう聞かないと分からないような事もないけども自分で調べて生まれた疑問点なんかは父親に聞くとよく分かる

父親のカメラは確か EOS 5D だったと思う・・・
レンズは銀塩時代からのレンズ遺産をかなり持っているため私には把握できない・・・

というわけでレンズ交換式のカメラは初心者なのでどのくらいの焦点距離がいいのか分からなかった
まぁ、さすがに M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO が適してない事は理解しているけどもw

父親にどんくらいのレンズを使っているか聞いてみたら300mmで大丈夫との事だったので
OM-D E-M5 MarkIIの初めてキットレンズ使ってみた

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II
キットレンズ、285gにして防塵防滴で実売 6万円台

マイクロフォーサーズレンズは焦点距離2倍で換算していただければOKです

基本的にトラック外から撮影する事になる
バストアップや全身像は300mmで十分だった
顔だけのアップとなるともうちょっと欲しいけど600mmなんてのはいらないと思う

そもそも私自身、一眼レフを使った事がないので比較のしようがないが
一眼レフに比べて動きモノが苦手なのは紛れもない事実

でも飛行機(戦闘機)やスポーツ観戦(サッカー)まで激しい動きではないし
縦横の動きでなく、前後の動きで収めるようにすれば、そこまで問題を感じなかった

そもそも当日天気がすこぶるよかったしミラーレスに好条件だったのではないだろうか
徒競走なんかは前後の動きで収めるのにゴールテープ持っている子に置きピンしておいて
ゴールするの待ってれば問題ない気がした

まぁ、そんなこんなな初運動会でした
しいて言えばM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4xテレコンバーターキットが欲しくなったなぁ・・・


昼過ぎに甥っ子の競技が全て終わったので
五台山に行ってきた
というよりは牧野植物園

高知市内にすむ人ならほぼほぼ一度は行った事があると思われる施設
小中学校では遠足で何度も来た

昔はそれほど大した施設ではなかった
たぶん誰に聞いても遠足の行き先くらいな答えじゃなかろうか・・・
劇的に変わり始めたのは1999年にリニューアルして以降
継続して増園しており集客もずっと伸びているのではないのだろうか
3年前、高知にいた頃は年間パスポートも持っていた

高知県立牧野植物園 も龍馬パスポートに対応する施設のため赤パスポートの1個目はここに来てみた
a0321323_01594927.jpg

a0321323_01564686.jpg

a0321323_01553866.jpg
ヤマアジサイの展示会が行われていた
Nakaさんのブログにもよく高知県産のアジサイが出てくるのを見てるとアジサイ界では有名なのかもしれない?!
a0321323_02041244.jpg


a0321323_02042334.jpg


a0321323_02043588.jpg


a0321323_02044621.jpg


a0321323_02045775.jpg
これぐらいの器があれば、睡蓮そだて放題なのだが・・・
a0321323_02063314.jpg
a0321323_02062321.jpg
a0321323_02061296.jpg
園内、様々な植物が生息している
a0321323_02080188.jpg
そろそろ睡蓮かと思って今回来てみたわけだが全然、まだまだだった・・・
夜にしか咲かない睡蓮とかあったなぁ・・・
a0321323_02091014.jpg
一路、温室へ
a0321323_02092205.jpg

a0321323_02093410.jpg


a0321323_02094455.jpg
このラピュタ感!!!w
a0321323_02100328.jpg
デカめのプレコも生息・・・
数いるのはフラワーホーンか
a0321323_02130737.jpg

a0321323_02130737.jpg
ピークは夏休みくらいなのかなぁ・・・
a0321323_02131954.jpg
浅草寺にもこんくらいのあったな・・・

赤パスポートは宿泊がネックだなぁ・・・



[PR]

by mystxl1200 | 2016-06-12 00:00 | 高知ネタ | Comments(0)

ダムカード 茨城 残雪の旅 その4

2016年2月12日(金)
茨城県、最後の1枚は 利根川河口堰
現在14時、距離は150km弱
タイムリミットは17時

分かりやすく言えば霞ヶ浦の河口にあたるのでしょうか
千葉県と茨城県の県境
かといって千葉や栃木のダムから近いわけでもなく孤立した存在となります
九十九里浜や犬吠埼にでも行く用事があれば、その時にでも寄ればいいでしょう

飯田ダムから友部ICへ
茨城空港北ICで降りて南下する
ひたすら18号を走り河口を目指す
途中で右手に大きな水たまりが見え始める
北浦沿岸部を走っていく
琵琶湖に比べるとやはりスケールは小さい
今思えば霞ヶ浦沿岸を走ってみればよかったかもしれない
でも18号の方が空いてる気はする
鹿島を通り過ぎ18号から124号へ

a0321323_01164214.jpg
16:13 利根川河口堰の天端というべきなのだろうか?
橋を渡る

a0321323_01174015.jpg
16:16 利根川河口堰 到着
利根川河口堰:8:30~17:00(土・日・祝日を含む)土日祝日は、管理所の門の脇にあるインターホンを押してください。
配布場所:管理所
管理所:利根川河口堰 千葉県側の沿岸
a0321323_01210999.jpg
ズラーっと並んでおり番号が振られている

16:24 高速道路による移動前提で何とか1日で廻る事ができるでしょう
利根川河口堰は土日祝日もOKなので無理して廻らなくても何かのついででいいんじゃないでしょうか

茨城県 ダムカード 8/8 コンプリート

ひとまず昼の部の目的は達成しました
次は夜の部の目的を達成するため移動を開始します

目指すは木更津
また100km以上の移動となります・・・

佐原香取ICから木更津金田ICへ
ナビの到着時間は18時半過ぎ
この日の満潮時刻は19:20

時間的には余裕はある
a0321323_01344543.jpg

a0321323_01352582.jpg
2015年2月27日
海から生える電柱を撮りたかったのだが干潮だった・・・

今年は潮目も調べて万全な体制で挑む
ただし時間的に明るい時間帯では撮影ができなかった
朝の5:57 満潮であるが、その時間には福島に向けて走っていた

江川海岸に駐車し1年ぶりに電柱を目指す
空は曇りで星は到底見えない

海岸に着いたら先客がいらっしゃった
特に声をかけるでもなく距離を取って撮影を開始する
a0321323_01484267.jpg

a0321323_01490610.jpg
潮は問題なく電柱は海から生えている
a0321323_01492222.jpg

a0321323_01493875.jpg
思っていたよりも対岸が明るい
a0321323_01500160.jpg

a0321323_01501657.jpg
晴れていたとしてもこの明るさだと星は写らないかもしれないなぁ・・・
a0321323_01503090.jpg
a0321323_01505258.jpg
ひとしきり写したあと久津間海岸の電柱にも歩いて行ってみたが、こちらはなかなか構図が厳しく感じた

これにて夜の部も終了
海ほたるに渡り晩ご飯を食べて埼玉へと帰る
ETCの0時跨ぎを待っていた結果、2月13日 0時半くらいに帰宅
a0321323_01583626.jpg
移動距離:871km
活動時間:22時間
a0321323_00590093.png
それなりに大変だったけども、それなりに報われた結果になった気がする・・・



[PR]

by mystxl1200 | 2016-03-01 00:00 | ダム | Comments(0)