タグ:動画 ( 49 ) タグの人気記事

WR250X しまなみの旅 その2

2017年5月4日(木)
a0321323_17421201.jpg
13:13 朱肉ロストのため歌仙ダムを諦め、今回もメインに向かう

r164から今治に向けて伸びる広域農道を走る
なかなかの快走路!

R317まで出て今治北ICを目指す
島内はガソリンが高い事が見込まれるため四国内で入れておいた


高知側はあいにくの曇天だったけど、瀬戸内海は好天気でしまなみ海道を堪能できた
高速道路も心配したほど全然走れないわけでもなかった
ただオンタイヤに比べると明らかに振動が多い
スプロケ交換の弊害でメーターがハッピーすぎるので
スピードヒーラーが欲しいところ
a0321323_00134214.jpg
14:33 大三島IC

さすがにGWのため混み混みなICの出口
ICの出口、入口の整備が追いついていない様子
年に数回のためにわざわざ整備されるような事もないだろうなぁ…
そもそも島の人達は外からくる観光客を歓迎しているのだろうか?

大三島ICで降りて、島内を反時計回り巡る
一応、多々羅キャンプ場の状況を見るも満員なご様子
当然予測はできたんだけども現実を知るのが怖くて事前に電話はできなかったw

一旦、島の北部を目指す
島の北海岸沿いに盛キャンプ場がある
こちらなら何とか…と思い目指してみるが…

閉鎖…( ಠωಠ)

周囲の砂浜を見てみると…
テントがすでに張られている
チャリダーの人達は道の脇にも張り出している…
まぁ…もう…この時期は、多分こんなもんなんだろうなぁ…

ひとまず宿泊地は後回しにして明るいうちに堰堤巡りをしておく
r51で島をさらに反時計に周り台ダムへ
a0321323_00552619.jpg
15:31 別院堰堤札所第2番 『台(うてな)ダム
ダムカード:台ダム管理事務所9:00~17:00(土・日・祝日含む)

付近の山は岩肌が見えて屋久島っぽくてなかなかいい
来た道をもどり東西に走るr21へ
a0321323_01033214.jpg
15:50 別院堰堤札所第1番 『上浦ダム

さて…ここで宿探しを開始

大三島には二箇所
多々羅キャンプ場:満員
盛キャンプ場:閉鎖

大島に1箇所
カレイ山展望公園キャンプ場

伯方島に3箇所
鶏小島キャンプ場
船折瀬戸キャンプ場
沖浦ビーチキャンプ場

見近島
見近島キャンプ場

電話してみるも、まぁ…何処も満員デスヨネ…

何処か人が来ないような迷惑のかからない場所…何処かないかなぁ…
と付近を見回すと南にテレビ塔なのか大きな電波塔が立っている山がある
あそこなら誰も来ないかも!?と思い調べてみると…

鷲ヶ頭山というらしい
登ることもできるようだ
ネットで写真や情報をあさってみるがテントを張れるような場所はないようである

誰も来ないような…
誰も来ないような…
人も来ないような…
人も来ないような…

あぁ…そうか…堰堤ってそういうとこなんだ…
かれこれ1時間ほどいますが、誰かが来るような様子はありません

a0321323_01191530.jpg
16:58 今夜の野営地はここ!

完全に日が落ちる前に買い出しとお風呂に行こう!
a0321323_01262812.jpg
17:28 多々羅温泉
それほど広くはないけど小綺麗にまとまっている
今日はおそらく結構な混み具合

ホンダ カブのUTを着ていたんだが、脱衣所で若い兄ちゃんが
目を輝かせながら「カブ乗っているんですか!?」と聞いてきた

う~ん…若いって…イイネ!w

「今はもう乗ってないけど昔乗ってたんよ」
「今はもうちょっと大きいのになっちゃった」と答えておいた
友人と2人でカブで大三島に来たとの事

しまなみ海道はやっぱり自転車と125ccまでの楽園だなぁ…

多々羅温泉を出る時にカブが二台、駐輪してあった
あーこのカブだろうなぁ…と思いながら温泉をあとにする

そのまま付近のコンビニへ
夜食と酒を買い込んでコンビニを出たらカブの2人がコンビニに入ってきた
やっぱりこの2人のカブだったのね

あまり見ないカスタムの形
かなりデカイ箱が付いている
ホムセン箱とかでなくジャイロに付くようなかなりデカイ箱
これならキャンツーが捗るだろうなぁ…
a0321323_01364272.jpg
18:02 多々羅大橋を見てから2人に挨拶し野営地に帰る

多少、曇ってきたが雨が降るような事はないようだ
a0321323_01380974.jpg
後片付けとか明るさを考えればLEDランタンとかの方が
お手軽で便利なんだろうけど、ガスの方が雰囲気は出るんだよなぁ

気温もそれほど下がらず、先日の剣山付近に比べれば全然温かい
ゆっくり寝る事ができた

a0321323_23253735.jpg
























その3へ続く

PRIMUS(プリムス) P-541 マイクロランタン P-541【日本正規品】
PRIMUS(プリムス)
売り上げランキング: 67,428

[PR]

by mystxl1200 | 2017-06-21 01:44 | ツーリング | Comments(0)

WR250X WR250Rな旅 その4(動画)

2017年4月30日(日)
a0321323_22451433.jpg















16区間から戻るわけだが…
a0321323_21523927.jpg














かなりの距離を戻る事になる
それでも来た道を戻るよりは舗装路を走った方が早いだろう

a0321323_00042344.jpg















10:08 岳人の森 帰着
    チェックアウトは11時なので何とか間に合いそう
    過ぎたとしてもデイキャンプ料金をお支払いすれば問題なし
a0321323_00074523.jpg
10:46 撤収完了!
a0321323_00090464.jpg
11:08 大釜の滝
a0321323_00094988.jpg
気温も一気に上がり陽気の誘われ眠気がスゴイ…
a0321323_00102878.jpg
11:26 大轟の滝
a0321323_00111385.jpg

a0321323_00183282.jpg
















195号線が遠い…
眠気がスゴイ…
オフはやっぱり体力使うんだなぁ…と痛感する

a0321323_00205621.jpg















12:27 高の瀬峡側 終点 62km/62km
    剣山スーパー林道の整備には、あまりお金をケチっている感じは受けないので
    よほど崩落状況が難しいものと思われる






a0321323_00271515.jpg
14:58 土佐山田でお土産も確保し無事帰宅

オフタイヤに変更して初のロングツーリングでしたが、WR250Rっぽい場所も走ることができました
そろそろ北海道への準備にも取り掛からないといけません!

ダムカード:五郷ダム、豊稔池ダム、前山ダム、門入ダム、大川ダム、五名ダム
      大内ダム、千足ダム、旧吉野川河口堰、今切川河口堰

四国堰堤ダム88箇所巡り:前山、二股上池、門入、大川、五名、大内、千足、川股池

活動時間:22時間
走行距離:614km

オフタイヤって行って帰ってきたら眼で見て分かるくらい減ってるんだけど?!
a0321323_02013183.jpg

バイクランキング
[PR]

by mystxl1200 | 2017-06-08 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 初オフタイヤの旅 その2

 2017年4月15日(土)
a0321323_00201650.jpg
人間の眼だとスゴイ桜吹雪なんだけどなぁ…
写真って難しいな
a0321323_01234883.jpg
13:01 ひとまず麓まで下りてくる

それなりにオフタイヤを体験できたのでどうしようかと考える…
まだ帰宅するには早いのでちょっと遠回りして帰る事に
33号まで戻り、そのまま大渡ダム方面(愛媛方面)へ
440号でアーチ橋を渡り、再び山中へ

a0321323_23453263.jpg
14:29 四国カルスト 到着
埼玉ナンバーの車のおじさんに話しかけられしばらく談笑
225ccの頃のセローに乗っていたらしい
石鎚山方面に行きたいらしく石鎚スカイラインの状況を気にしてた
それこそ4月15日、今週くらいには通行可能になってたはず
土小屋(登山口)までは間違いなく行けるだろうと答えておいた

a0321323_23442105.jpg

a0321323_23445094.jpg
ついついモタード感覚で走ってしまって、たまにとっちらかるけども以前よりスピードは落ちているので安全ではある

a0321323_23442105.jpg
北海道ツーリングへの準備の第一段階としてナンバーを高知ナンバーに変更
これによって、せっかく高知から行ったのに「あ、関東からなのね…」的な事を回避w

地芳峠から入り、天狗荘側から下りる
439号へ降りて津野町方面へ南下
197号で須崎方面を目指す

さらに寄り道をする…
a0321323_00044905.jpg
15:36 風の里公園 到着
第1号機風車から順番に周っていく

a0321323_00051892.jpg

a0321323_00052922.jpg
ここが晴れていた時に来たのは初めてかもしれない…



色々あったけどひとまずオフ化も問題なく終えた模様
次の林道は…

[PR]

by mystxl1200 | 2017-05-29 00:28 | ツーリング | Comments(0)

WR250X 抜けてた旅 その2

2017年3月19日(日)

ひとまず香川の堰堤(千足ダム、川股池)を次回に持ち越し徳島を終わらせて行こうと思う
a0321323_01064594.jpg
第十堰をあとにして15号で西へ
次の橋で吉野川を左岸に渡り北上
14号、12号と繋いで318号で北上
a0321323_22385733.jpg
15:02 第1番堰堤札所 『宮川内(みやごうち)ダム』 到着
1番札所ですよ、1番札所
本家で言えば 霊山寺
a0321323_22390632.jpg
ダム湖ではポツポツと人がいてキャスティングにいそしんでいる
結構人気のあるバス釣りスポットのようです
フローターも出ていたな

宮川内ダムから318号へ戻りちょっとだけ北上すると「たらいうどん平谷家」の看板
これを左折して山へ入っていく
少し大きめのダートへ左折して進めば
a0321323_22543879.jpg
なかなかひっそりとした感じ
a0321323_22542318.jpg
15:18 第2番堰堤札所 『御所池』 到着

判子を押していたら軽トラが入ってきた
おっちゃんが出てきて「ちょくちょく押しにきてんなぁ」との事
地元では相坂ダムというよりは「御所さん」(御所池)と呼ばれているよう
判子がどういうものか知らなかったようで四国堰堤ダム88箇所巡りについてご説明
御所池向けてのダートへ入らず舗装路を山へ入る道は立ち入り禁止になっているが、イノシシ捕りなどで結構な人が山に入っているらしい

おっちゃんに挨拶をして御所池をあとにする
時刻は15時半、次がラストくらいか

318号に戻り道の駅どなりへ
結構なライダーがたむろっている
トイレをすませ次の堰堤「高西ダム」について調べる
高西ダム その1 その2 と説明されているだけあってなかなかの秘境のようである

318号を南下し、高速道路手前139号を右折して西へ
しばらく行くと阿波市役所が見えてくる
かなり立派な建物なので分からない事はないだろう
阿波市役所の前の道を走ってさらに西へ進んでいく
すると日開谷川にかかる橋があるのでこれを渡らず広域農道へ右折して北上

広域農道を左沿いに進んでいけば高速道路にかかる高架を渡る
さらにそのまま進めば春日神社
春日神社まで行くと行きすぎである
a0321323_23160673.jpg















高架の名称が 八坂金清跨道橋
春日神社の方に行けば 第2、第3八坂金清跨道橋となっていたので分かりやすいと思う
a0321323_23181034.jpg
さらにもう1本西に跨道橋があるが行き方は分からなかった
a0321323_23160673.jpg
四国堰堤ダム88箇所巡りのサイトではかなりの秘境な感じで書かれていますが、2017年3月現在では道が整えられかなり楽になっているようです
上の写真のコンクリ舗装へ進んで行けば1本道
a0321323_23223899.jpg
16:18 第3番堰堤札所 『高西(こうざい)ダム』 到着
え!?何処!?って感じでしょうが、ここです(笑)としか言いようがありません・・・
堰堤は左側に見えますのでそこまで分からない事はないと思われる

私がたどり着いた時に横浜ナンバーの車が停まっており何かしてんなぁ・・・と思ったら判子押してました
自分以外で判子押してる人、初めて出会った・・・
a0321323_23264884.jpg
堰堤の選定基準が分からないんだが・・・どういう基準なんでしょう・・・
a0321323_23283064.jpg
写真左に判子があるのが見えますでしょうか?
a0321323_23290084.jpg
木の根っこに取り付けられております
a0321323_23293065.jpg
先日、結婚式に行った際にISO感度の上限を25600にしたの忘れてて今回の写真はノイズがひどい・・・

本日の堰堤巡りはここまで
南下し吉野川を渡り192号で西へ
32号で大歩危小歩危走って帰宅


ダムカード:福井ダム、宮川内ダム
四国堰堤ダム88箇所巡り:旧吉野川河口堰、吉野川第十堰、宮川内ダム、御所池、高西ダム

活動時間:13時間
走行距離:425km

数日後、ダムカード整理していたら・・・

旧吉野川河口堰・・・
ダムカードもらってねぇじゃねぇか・・・
マックス 瞬乾 スタンプ台 小型 1号 赤 SA-101SE
マックス(MAX) (2004-02-01)
売り上げランキング: 46,651

[PR]

by mystxl1200 | 2017-04-04 00:00 | ツーリング | Comments(0)

飛翔&別れ

2017年1月7日(土)
a0321323_22352731.jpg
近場でよさげな海岸を探していたが、なかなかなく結果的に仁淀川の河口付近となった

体感でちょっと風が強いため、様子見に
a0321323_20273331.jpg
鳥さんを揚げてみる
風が強いので揚がるには揚がるが風向きが安定しない
a0321323_00384496.jpg
カイトフォト用の凧としては小さなサイズではあるが、ストアウェイ・デルタですら161cm×93cmあるので
強風だと独りでは降ろせなくなる可能性がある
嫁さんがいるので私が下げて嫁さんが糸を巻く事でなんとか降ろせるが、上空まで揚げると結構な引きがあるので無理にさげられない

ひとまず50mほど揚げてみて、これなら降ろせそうだったため一旦降ろしてカメラをセットする

では記念すべき初フライト!


水糸の長さは250mなので45°くらいの角度で揚がっていたとして高度180mほどと思われる
一旦、動画で揚げてみたがブレがハンパなく見れたものでないのでタイムラプスで撮影した
タイムラプスの方がその瞬間瞬間のため、画角的にも面白くカイトフォトには合ってる気がする

カメラの直下は海面のため糸が切れれば凧はおろか、GoProも失う事になるw

そんななか嫁さんの鳥さんがテトラの向こう側に墜落し、そのまま帰らぬ鳥となった・・・

今回の反省点として
糸が切れてない状態での墜落の場合、海面に落ちた場合は糸で回収ができるので沖にテトラがない海岸を選ぶ必要がある
同時にGoProも回収可能な事を考えると防水ハウジングでリグに取り付ける必要性を感じた
裸ハウジングだと軽量化はできるが、落下の衝撃や水没した場合にGoProが故障するため使いづらい


a0321323_22584406.jpg
水糸だと糸巻きに巻き付けられる量が少ないため(糸が太い)海釣り用のPEライン(強度も高く糸も細い)に変更
6.0号 80lb 500m 
計算上、糸を全て出し切れば350m近く揚げることができるはず
a0321323_22582264.jpg
巻き取りは500mのため、巻き取るだけで30分とかかかりそうな気がする・・・

近場にテトラがないような海岸がないかなぁ・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-12 00:00 | カメラ | Comments(0)

WR250X 紅葉じゃない旅 その2

2016年11月5日(土)

川口ダムで写真を撮っていたら別のライダーが来たんだけども、何に乗っていたかすら、今はもう思い出せないw

195号、那賀川をさらにさかのぼり
a0321323_00182278.jpg
13:11 大迫力の 第13番堰堤札所 『長安口(ながやすぐち)ダム』
a0321323_00185167.jpg
ゲートを増やす工事の最中

a0321323_00203197.jpg
こんな工事を貯水したままできるんだから、スゲェなぁ・・・

ダムカードは通常時のと工事中のもの、2枚
おそらく工事中のは期間限定と思われます
8:30~17:15(土・日・祝日含む)管理所玄関のインターホンを押してください。

時間的には13時すぎ
このまま帰るのも何だかなぁ・・・と思い、海でも見ながら帰ろうかなぁと思い立ち193号で海陽町へ抜けて海へ出ようと考える

意外と道が悪くなかなか進まない
途中で心が折れたあたりで・・・
a0321323_00391443.jpg
14:38 ちょうどいい脇道がアルジャナイカ(ノ゚ο゚)ノ

下調べ一切無しの思いつきのため、ひとまず行ってみる!
ダートかなぁ?舗装かなぁ?
a0321323_00401300.jpg
あんまダート区間なかった・・・
a0321323_00394613.jpg
何処へ抜けるのかねぇ・・・

15:30くらいで195号へ復帰
海を諦め、家を目指すw

途中、紅葉を確認しようと思い高ノ瀬峡にちょっと入ってみる
a0321323_00405642.jpg
やはり今年は残念なようだ・・・

来年に期待しよう

四国堰堤ダム88箇所巡り:小見野々ダム→大美谷ダム→正木ダム→川口ダム→長安口ダム
ダムカード:正木、川口、長安口ダム(2枚)

[PR]

by mystxl1200 | 2017-02-28 00:00 | ツーリング | Comments(0)

2016年10月 剣山登山 その2

一度、筆が止まるとトコトン止まってしまうようです・・・( ゚Д゚)y─┛~~
久々の更新、剣山登山の続きを書いていきます

2016年10月30日

リフト駅の脇から頂上を目指す
a0321323_09062831.jpg
10:27 剣山本宮 到着
a0321323_21443584.jpg
本宮とヒュッテの間を抜けて登って行けば・・・
a0321323_21471869.jpg
一気に開けます
a0321323_21481574.jpg
視界はいいのだが、遮る物もなく、風がさぶい・・・
a0321323_22432906.jpg
山頂には日本で一番立派なんじゃないかと思うほどの公衆トイレがあったり
a0321323_22435805.jpg
10:52 剣山 山頂
a0321323_22464838.jpg
ここから次郎笈に向かって縦走します

剣山が「太郎笈(たろうぎゅう)」、お隣が「次郎笈(じろうぎゅう)」となります
奥祖谷のなかでも最奥となるため、山には困りません
縦走ルートも豊富にありますが、日本アルプスほど手入れはされていないため水場などが少ないため、水をそれなりの量背負って行かないと行けないようです

a0321323_22485171.jpg
次郎笈へは割となだらかな登りとなります
a0321323_21292081.jpg
次、いつ登るかは分からないが、今日以上の天気に恵まれる事はなかなかないのではないだろうか?
a0321323_21305123.jpg
一面のミヤマクマザサは四国の山ではよく見られる光景な気がします
笹ヶ峰なんて山もありますしね
a0321323_21385800.jpg
11:28 縦走路との分岐
三嶺へは、ここから16kmという事になる
登山道を16kmて・・・縄文杉ですらほぼトロッコ道を片道10km弱なのに・・・

ただ、まぁ、いつかは行ってみたくはある

a0321323_21313132.jpg
だいぶん登ってきた
剣山山頂がそれなりに遠い
a0321323_21390375.jpg
12:09 次郎笈 頂上 到達



山頂で昼食でもと思ったが、2人とも大しておなかが空いてなく、風が寒いので小休止後、下山を開始
a0321323_21574270.jpg
次郎笈から剣山へは最後、急登となりますが、山頂へは登りなおさず巻いて帰りますw

12:51 巻き道途中にベンチがあったため、昼食に
a0321323_21320732.jpg
ちょっとずつ雲も出てき始めた
やっぱり登山は午前中に限るなぁ・・・
a0321323_22242996.jpg
今年は何処行ってもホント紅葉が残念だった
来年に期待

そういう意味では去年、涸沢に行けたのは幸運だった

14:26 無事下山、見ノ越駐車場着
a0321323_22034724.jpg
高知に帰ってきて初の登山でしたが、十二分に満足が行くものとなりました
標高的には東日本には到底及びませんが、それ以外の部分で満たされる事もあります

来年は石鎚も久々に登るかなぁ

[PR]

by mystxl1200 | 2017-02-23 00:00 | アウトドア | Comments(0)

WR250X SEA to SEA の旅 四国ツーリングのすゝめ その3

2016年10月16日

さぁ野郎ども!
他のお客様が来る前に、まるでヴィラサントリーニに泊まったかのように写真を撮ってしまうぞ!
a0321323_23553495.jpg


a0321323_23554618.jpg
今回、無事に高知のお宿までたどり着いた方は8名
道中合流、別ルートや日帰りの方、お見送りの方を入れると14名

さて・・・昨日の夜から協議に協議を重ね本日の予定を決定
食べる物は同じだが、場所が違う
つまりカツオのたたきを食べたいが、何処で食べましょうか?というお話

あくまで今日現在での私の勝手な価値観です!
1番:味は抜群!間違いなし!ただし関西から反対方向へ70km
2番:味はそこそこ、ただし関西から反対方向へ45km
3番:行った事がないので味は不明!?ここから関西方面へ20km

私以外、3番、満場一致 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

9時にお宿を出発
太平洋を右手に海岸線を走る
ひとまず、さっき朝ご飯を食べたばかりなのでちょいと寄り道
a0321323_00210075.jpg
9:54 桂浜 到着
今回で31回目のツーリングですが、2003年秋、第5回ツーリングは、ここ桂浜でした
この頃、私はまだ参加しておりません
大型取得したのが2006年なので、この頃はエストレヤ乗りなはず
a0321323_00262064.jpg
桂浜荘も、まだまだ綺麗ですね

a0321323_00262441.jpg
2003年には今回停めた駐車場に坂本龍馬記念館はなく、こんな船がおいてあったそうな
a0321323_00301822.jpg
今日は凪の太平洋

桂浜から浦戸大橋を渡り三里へ

3番:行った事がないので味は不明!?ここから関西方面へ20km

10時過ぎ、土佐タタキ道場 に到着
開店は10:30という事で、名前を書いて待機・・・

開店の頃には、すでに行列が・・・
来た事なかったけど人気があるようだ

お店に入ると、まずカツオを1節渡されます
a0321323_00355326.jpg
藁の上にセットし・・・
a0321323_00364287.jpg
一気に炙る

たたき はwikipediaによりますと
食材をブロック状に切り、数本の串を打って火の上にかざす。表面を軽く焼く程度にとどめ、中には火を通さない。これを切り分け、香草や調味料をつけて食べる。直火と湯煎の差はあるが、半生の状態という意味では湯引きに類似した調理法である。
使われる食材としてはカツオが多いが、マグロや鮭、ウツボが用いられる場合もある。特にカツオは傷みが速く、表面を炙ることにより殺菌効果が期待出来る。またカツオは炙ることで水分が減り食感が向上し、味が濃厚になる効果がある。カツオのたたきは、高知県が本場として有名であるが、九州、紀州、遠州など鰹節の産地でも見られる調理法である。市販品の中には、焼く代わりに油通ししたものもある。
ガスコンロの火で焼くことも多いが、藁を燃やした火や松葉を燃やした火、または炭火で焼くと、ガスの臭いがつかず独特の香ばしさがつき、より美味しい。家庭で作る場合、コンロの五徳を外して焼くと良い。カツオの場合、皮の方を先に焼くのがきれいに焼き上げるコツである。また、焼いた直後に氷水につけるなどして急速に冷やすと身が引き締まっておいしくなる。
食べる際には、ショウガ、にんにく、大根おろし、ネギなどが薬味として用いられ、すだちなどの柑橘類の汁で酸味をつけた醤油たれやポン酢をつけることが多い。
なお、この調理法における「たたき」の語の由来については、火であぶり、刺身にした鰹に、手を皿のようにしてタレを入れ、指の隙間から滴り落ちるタレをたたくようにし、タレを馴染ませたことが由来という説[要出典]、魚肉に予め塩をする際に包丁の腹や手のひらでたたき、あるいは、焼いた食材に薬味をまぶして包丁の腹や手のひらで叩いたことに由来するという説など諸説ある。

こまけぇ~こたぁいいんだよ
こまけぇ~こたぁ・・・
うまけりゃ!
a0321323_00372627.jpg
できあがり!(ノ゚ο゚)ノ
a0321323_00383797.jpg
その場で切って定食に
タタキだけも可能です

味もなかなかどうして
自分で炙ったカツオに間違いはなし!

皆さん、四国の道、食を堪能していただけたでしょうか?
次回は天狗荘を何とか押さえたいと思います

関西組のこの後の流れ等はこちら

ちなみに
1番:味は抜群!間違いなし!ただし関西から反対方向へ70km    道の駅 なぶら土佐佐賀
2番:味はそこそこ、ただし関西から反対方向へ45km        久礼大正町市場 or 黒潮本陣
3番:行った事がないので味は不明!?ここから関西方面へ20km   土佐タタキ道場
キャプテンスタッグ バーベキュー用 串 13点セットM-9098
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
売り上げランキング: 1,802

[PR]

by mystxl1200 | 2017-01-24 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X SEA to SEA の旅 四国ツーリングのすゝめ その2

2016年10月15日

石鎚山SAを出たのが12時頃
関西組に頑張っていただきかなりのいいペース
合流後、松山ICまで走り33号で四国山脈を越える
33号沿いならガソリンスタンドには困らない

33号から柳谷大橋で440号へ
地芳峠を上がり四国カルストへ
a0321323_22104602.jpg
14:46 四国カルスト 到着
朝、あれだけよかった山の天気も午後になると雲が入ってくる
a0321323_22130095.jpg


a0321323_22134309.jpg

a0321323_22143797.jpg


a0321323_22160957.jpg
多少の自由時間を過ごし、本来泊まるはずだった天狗荘で集合
UFOライン、面河渓を経由したルートであっても17時までには着けるであろう
唯一の怖さは宿がここなら悪天候だった場合も、ここまで何とか走ってこないといけない


天狗荘から48号へ
山を下りきれば439号へ
そのまま津野町方面へ走り197号へ接続
しんじょう君 の新荘川を下り須崎市街へ

市街を走りそのまま海を目指す
横浪スカイラインを抜けて太平洋へ

18時前に宿到着
a0321323_23213039.jpg
飯は皿鉢(さわち)料理
a0321323_23365364.jpg
左から 瀧嵐 久礼 㐂六 中々 ダバダ火振り
㐂六 中々 は 関西組
瀧嵐 久礼 ダバダ が私のGIVI箱にw

GPZくんと関西組は面識もなく今日が初顔合わせだが
GPZくんの膨大なバイク知識におっさん方が驚かされるばかりである
バイクが売れないこのご時世にこんな若者がいるとは

夜は更けて逝く

a0321323_23493717.jpg
我々が泊まったお宿からの太平洋

正確には

我々が泊まったお宿の隣のお宿を視野にいれつつの太平洋w

我々のお宿:国民宿舎土佐
お隣のお宿:ヴィラサントリーニ

ちなみにどちらも龍馬パスポートの対象施設です
お値段に差はありますが、押してくれるスタンプは同じですよ?( ゚Д゚)y─┛~~
a0321323_23495395.jpg
写真があまりにも少ないためメインの流れはこちらをどうぞ

その3へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2017-01-22 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X SEA to SEA の旅 四国ツーリングのすゝめ その1

2016年10月15日

1年振りに会社のツーリングメンバーでのツーリングに参加しました。
前回参加はこちら↑

前回は埼玉からの参加
埼玉から福井への旅

今回は高知からの参加
高知から高知への旅!?

関西圏で勤務していた頃のお仲間なのでみなさん関西在住のため、四国ツーリングの際には私が幹事を務めております
a0321323_20314050.jpg

出発が一番遠い方ですと滋賀からとなるため、四国へのツーリングとなるとそこそこの距離となります
そのため足摺岬とかは狙えません
佐田岬もちょっと厳しいでしょうか

ただこちらとしては十二分に楽しんでいただきたいわけでルート下見にも力が入ります

7年前のルートは
大鳴戸橋から四国に入り、鳴戸スカイラインから南下し、山の中へ
徳島市街へ降りて、海岸線55号で海陽町で一泊
翌日、そのまま南下し室戸岬まで、その後、安芸、夜須を抜けて南国ICで解散
関西圏の方々はかなり遅い時間での帰宅となりました

前回あまりにも長時間走らされたため、各メンバーの警戒感がハンパありませんw

四国の道をそれなりに堪能でき、四国の食もそれなりに堪能できる
そんな旅を求められているわけです!
そのくせ出発はできる限り遅く、走る距離も短く・・・どんだけやねんw

こちらを立てればあちらが立たず・・・のため
出発に関してはかなり頑張ってもらう事に
前回、鳴戸スカイライン到着が12時でしたしね・・・


というわけで2016年秋ツーのルートがこちら
集合は石鎚山SAとなります


ルート選定と実走による時間測定などなど、3週ほどに渡って下準備
UFOライン、面河渓などもいれつつで考え、宿は天狗高原、天狗荘で宿泊!四国カルストで一夜を過ごす事を考えましたが、宿を押さえる事ができず断念・・・
四国カルストのみを残して瀬戸内海から太平洋へ、SEA to SEA の旅となりました

四国組、関西組に分かれ石鎚SAで合流予定
a0321323_21150600.jpg
四国組(と言ってもバイク2台の高知組)の出発は7時
GIVI箱の中身は全て今宵のための酒という恐ろしい仕様・・・

まずは2人旅
いの町から仁淀川を遡上し、山へ入る
194号で愛媛方面を目指す
a0321323_21223416.jpg
寒風山トンネル手前から 町道 瓶ヶ森線
8:45 町道 瓶ヶ森線 入口 到着
合流までの調整にUFOラインへ
a0321323_21281560.jpg
高知組
アラフォーWR250X と GPZと同い年という青年

過去最高の天気でしたが、ソロでないため写真を撮るタイミングを逃しUFOラインでの写真はありません・・・
動画で楽しんでいただければ・・・


UFOラインを堪能した後は合流地点へ
a0321323_21412427.jpg
10:14 194号と11号の交差点のファミマで小休止
GPZの持ち主は大阪からの転勤のため大阪ナンバー
学生の頃、2りんかんでバイトしていたため、かなりのバイク知識の持ち主
この齢にして恐ろしい片鱗を見せております・・・
a0321323_21413436.jpg
かなり綺麗なGPZ
17インチ化を考えているそうな
a0321323_21483989.jpg
長時間録画が可能となり、ますますカメラを出すのが億劫になりつつある・・・
4K動画から高解像度切り出し静止画ができるようになれば、もっとカメラの出番がなくなってくるのではないだろうか

石鎚山SAでの集合時間は11時
UFOラインでちょっと遊びすぎたかとも思ったが丁度いい時間

a0321323_21533521.jpg
関西組と合流し、まずは腹ごしらえ

改めてみると写真が全然ない・・・
合流後はさらに人任せになって写真がないw
幹事で先頭なためカメラが出せない


その2へ続く


[PR]

by mystxl1200 | 2017-01-21 00:00 | ツーリング | Comments(0)