タグ:桜&紅葉 ( 24 ) タグの人気記事

2016年 安居渓谷 紅葉の旅 中津明神山

2016年11月13日(日)

今週も紅葉を探しに山の中へ・・・
今年は気温が高く「まだ」紅葉していないのか、紅葉「せずに」枯れてしまっているのか
何処にいってもイマイチ

というわけで本日は仁淀川町へ
8:21 だいたい家から1時間半程度、安居渓谷へ到着
歩いて辺りを散策する
a0321323_23323536.jpg

a0321323_23324630.jpg

a0321323_23325458.jpg


a0321323_23330669.jpg

a0321323_23332264.jpg

a0321323_23333421.jpg
なんつ~か・・・今年は・・・ダメだぁ・・・
9時前には駐車場に戻り、この後どうするか考える
この付近のダムはすでに巡り終えているため、池川まで戻り中津渓谷方面へ

先月、剣山に登ったが、その時の別候補だった山「中津明神山」
麓から登ればそこそこ時間がかかるようだが頂上まで車で行けるため候補から外れた

地図には頂上までの道が載っていないため、てっきり愛媛側から登るものだと思い33号線を走るが、どうにも山頂を目指す道が見当たらない
勘違いに気がつき高知に戻り中津渓谷からさらに奥へ走る
363号をひたすら山へ向かって走り吾川スカイパーク

a0321323_00095972.jpg
10:37 かつての村営スキー場、吾川スカイパーク
地図上ではこのあたりで道の表記が終わるが写真右上の山頂まで道が続く
a0321323_00140174.jpg

a0321323_00141165.jpg
道中、何箇所か離陸場があり、スキルに応じて色々な場所から飛び立てるようです

頂上までの道は舗装もしっかりしておりダートはなし
道幅はそれなりに狭いですが、ところどころ行き違いできるスペースもあるので何とかなるでしょう
ほぼほぼ人は来ないので、それほど苦労しないと思われる
a0321323_00175551.jpg
11:02 中津明神山 到着

a0321323_00174731.jpg
展望は360°すこぶるいい!
a0321323_00181841.jpg
ここに来るまで完全にド忘れしていたのですが、尾根沿いにダートが見えます・・・
あれ!?ここ走りたいと思ってたダートちゃうんか!?
天空の林道 とか呼ばれてるようで途中で行き止まりになっておりピストンらしい
原因が崖崩れなのか、何なのかわかりませんが、仁淀出身の嫁さんのお父さんによれば、本来は池川から入る酷道494号へ繋がっているとの事
a0321323_00184743.jpg
とりあえず「暖かくなったら走ってみるリスト」に入れておこうと思う
a0321323_00323539.jpg
12:32 お昼はいつもの自由軒 本店
今日はKAWASAKI W系が多め
綺麗にしてあるW1も複数台見かけた
a0321323_00345919.jpg
14:04 すぐ近所に
第36番堰堤札所 『筏津(いかだづ)ダム』

すでに判子は頂いているが筏津ダムには非公式ダムカードが存在する
判子台にも案内があるが前回は早朝だったため、今日もらいに行ってみることに
a0321323_00381528.jpg
社員さんの有志が集まって作ったとの事でラミネート加工してある特製ダムカードがいただけます。

早いとこ暖かくならないかなぁ・・・
ダート走りてぇなぁ・・・


[PR]

by mystxl1200 | 2017-03-02 00:00 | 高知ネタ | Comments(0)

WR250X 紅葉じゃない旅 その1

2016年11月5日(土)

何か・・・11月の出来事を今書いていることに驚愕してしまう自分がいる・・・

四国でもそろそろ紅葉が見頃なのではないかと思われるこの時期
a0321323_00432370.jpg
8:13 アンパンマンミュージアム
本日は195号から徳島へ入る

紅葉の名所、別府峡(べふきょう)
前回行ったのは高知にいた頃なので4,5年前
嫁さんと行ったのだが、到着して写真を撮ろうと電源ONしたら電池が入ってなかったw
今回は別府峡をスルーし、トンネルを抜けると
a0321323_00433573.jpg
8:57 徳島県に入る
こちらは高ノ瀬峡(こうのせきょう)
こちらも同じく紅葉の名所
標識通り剣山スーパー林道の入口となるが、高ノ瀬峡からの林道は数年、通行止めな気がしないでもない
埼玉にいる頃から、ちょくちょく見ていたが通行止め解除を見た記憶がない
a0321323_00532467.jpg
橋を渡って4.5kmほどは走る事ができる模様
四国でいうクマは一般的にはツキノワグマになります
ヒグマはいません

a0321323_00581951.jpg
9:29 第14番堰堤札所 『小見野々(こみのの)ダム』
ダム周辺が立ち入り禁止になっており、下流側から見ることができなかった

195号から193号へ入りさらに山の中へ
a0321323_01034191.jpg
ツーリングマップルで場所に当たりを着けて走ってみるが、いまいちしっくり来ない
わけの分からないところにたどり着いてみたり・・・最終的には随分手前ですでに間違っていた事が判明
何度か道を行ったり来たりしつつして
a0321323_01051055.jpg
10:47 第15番堰堤札所 『大美谷(おおびだに)ダム』
ようやく到着

面倒なので193号まで戻らず、さらに山中を通って県道16号へ抜ける
道中、多少険しいがそこまで酷い道ではなかった
a0321323_23431825.jpg
11:46 第11番堰堤札所 『正木ダム』
正木ダムではダムカードも頂けます
8:30~17:15(土・日・祝日含む)管理所玄関のインターホンを押してください。

そのまま16号を走り、勝浦町へ
283号へ右折し那賀川沿いを高知に向けて走り出す
195号へ入ったらあとは一直線
a0321323_23570798.jpg


a0321323_00010962.jpg


a0321323_23595756.jpg


a0321323_23573656.jpg
12:41 第12番堰堤札所 『川口ダム』
川口ダムもダムカード頂けます
9:00~17:00(土・日・祝日は除く)
土日祝日除くとなっておりますが、この日はミュージアムの開館イベントみたいな感じでした
ミュージアムは月曜閉館日のようですが、ミュージアムが開いていれば、おそらくカードももらえるのではないだろうか

その2へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2017-02-26 00:00 | ツーリング | Comments(0)

2016年10月 剣山登山 その2

一度、筆が止まるとトコトン止まってしまうようです・・・( ゚Д゚)y─┛~~
久々の更新、剣山登山の続きを書いていきます

2016年10月30日

リフト駅の脇から頂上を目指す
a0321323_09062831.jpg
10:27 剣山本宮 到着
a0321323_21443584.jpg
本宮とヒュッテの間を抜けて登って行けば・・・
a0321323_21471869.jpg
一気に開けます
a0321323_21481574.jpg
視界はいいのだが、遮る物もなく、風がさぶい・・・
a0321323_22432906.jpg
山頂には日本で一番立派なんじゃないかと思うほどの公衆トイレがあったり
a0321323_22435805.jpg
10:52 剣山 山頂
a0321323_22464838.jpg
ここから次郎笈に向かって縦走します

剣山が「太郎笈(たろうぎゅう)」、お隣が「次郎笈(じろうぎゅう)」となります
奥祖谷のなかでも最奥となるため、山には困りません
縦走ルートも豊富にありますが、日本アルプスほど手入れはされていないため水場などが少ないため、水をそれなりの量背負って行かないと行けないようです

a0321323_22485171.jpg
次郎笈へは割となだらかな登りとなります
a0321323_21292081.jpg
次、いつ登るかは分からないが、今日以上の天気に恵まれる事はなかなかないのではないだろうか?
a0321323_21305123.jpg
一面のミヤマクマザサは四国の山ではよく見られる光景な気がします
笹ヶ峰なんて山もありますしね
a0321323_21385800.jpg
11:28 縦走路との分岐
三嶺へは、ここから16kmという事になる
登山道を16kmて・・・縄文杉ですらほぼトロッコ道を片道10km弱なのに・・・

ただ、まぁ、いつかは行ってみたくはある

a0321323_21313132.jpg
だいぶん登ってきた
剣山山頂がそれなりに遠い
a0321323_21390375.jpg
12:09 次郎笈 頂上 到達



山頂で昼食でもと思ったが、2人とも大しておなかが空いてなく、風が寒いので小休止後、下山を開始
a0321323_21574270.jpg
次郎笈から剣山へは最後、急登となりますが、山頂へは登りなおさず巻いて帰りますw

12:51 巻き道途中にベンチがあったため、昼食に
a0321323_21320732.jpg
ちょっとずつ雲も出てき始めた
やっぱり登山は午前中に限るなぁ・・・
a0321323_22242996.jpg
今年は何処行ってもホント紅葉が残念だった
来年に期待

そういう意味では去年、涸沢に行けたのは幸運だった

14:26 無事下山、見ノ越駐車場着
a0321323_22034724.jpg
高知に帰ってきて初の登山でしたが、十二分に満足が行くものとなりました
標高的には東日本には到底及びませんが、それ以外の部分で満たされる事もあります

来年は石鎚も久々に登るかなぁ

[PR]

by mystxl1200 | 2017-02-23 00:00 | アウトドア | Comments(0)

2016年10月 剣山登山 その1

2016年10月30日
高知に戻ってきて半年、元旦のダイヤモンド富士以来の登山となります

今回のお山は 剣山
四国には2つの百名山があり1つは西日本最高峰石鎚山、もう1つが今回の剣山

剣山に登るのは30年振りくらいでしょうか
リフトで登った事は覚えてますが、山頂の様子などは全然、記憶にありません
当時は登り口に見せ物小屋的な物があって、熊がいた記憶があります

年内に1箇所くらいは登っておきたいと思い選定した結果、剣山となりました
標高、ルート、距離など関東の頃と比べるとかなり楽な部類になってしまうのではないでしょうか
標高:西日本最高峰 石鎚山ですら 1982m
ルート:わざわざ泊まろうとしない限り日帰り可能
距離:四国を南北に分断する四国山脈、四国内どこから行っても大した距離ではない
1年前はテント背負って涸沢行ってたわけですから結構な変化です
チャンスがあれば涸沢は、また行きたいなぁ

a0321323_08070421.jpg
6:48 道の駅 大歩危
5時半くらいに家を出た気がする
最近は何となく天候が読めるようになったので今日は快晴だ!と思っていたのに曇天である・・・
昨夜の冷え込み方から考えると晴れ渡ると思っていたのになぁ・・・

国道32号で徳島県にはいり県道45号で祖谷渓へ
県道32号でかずら橋を通り過ぎ県道439号をどんどん東に進む
高知方面から32号でずっと走ってくるとJR土讃線豊永駅手前で439号への分岐があるが、これは京柱峠への酷道439号のため三嶺や剣山に行く場合は大歩危から廻って行った方が結果的に楽できる
a0321323_08140615.jpg
8:21 剣山 見ノ越駐車場 到着
この時点で、まだ曇天模様
どうやら今年の紅葉はダメっぽい
ここ数週間、色々見てきたが何処もいまいちな色づき具合
a0321323_08230576.jpg
8:30 準備完了!
私:カリマー リッジ TYPE2 40L (ポカリ1L 水1L)
嫁さん:カリマー リッジSL TYPE2 30L (ポカリ1L )
重さは計らなかったので不明ですがカメラ込みで10キロちょいと思われる
嫁さんは1桁台

リフトで登れる事もあって観光地化されており駐車場にトイレもあります
a0321323_08280112.jpg
8:38 劔神社を抜けて登山開始
今回はリフトなしで下から歩いて登ります
a0321323_08303919.jpg
8:49 まだ早い時間帯なのでリフト客はほとんどおらず
お昼くらいになればもっと増えるであろう
逆に言えばお昼に来てもリフト乗っちゃえば、それほど時間もかからず頂上目指せます
a0321323_08391778.jpg
9:29 ようやく予想どうり雲が晴れてきた
お隣の次郎笈(じろうぎゅう)、剣山が太郎笈
今日は剣山山頂から次郎笈へ縦走して下りてくる予定

リフトは駐車場 見ノ越 から 西島 まで
西島手前にテント場がある
a0321323_08451260.jpg
9:32 テント場 到着
なかなか綺麗に整地されてて良さげ
星を見るにはいいかもしれない
5張りくらいは張れそうな感じ
a0321323_08483511.jpg
9:35 西島駅 到着
インナーにフリース、ハードシェルでちょうどいいくらい
動けば暑いが、停まればちょっと冷たい
a0321323_08515993.jpg
テント張っていた人は1組のみ
a0321323_08532206.jpg
西島駅で複数ルートに分岐
写真の鳥居を抜ければ三嶺(さんれいorみうね)からの縦走ルートへ接続
危うく間違えるとこだった
剣山山頂へは西島駅のリフト脇を通る

三嶺(さんれいorみうね)
昔は「さんれい」って呼んでたけども最近は「みうね」と呼ぶらしい
高知県最高峰、日本二百名山
山小屋があるらしく父と姉は泊まった事があるらしい

その2へ続く

[PR]

by mystxl1200 | 2017-01-26 00:00 | アウトドア | Comments(0)

WR250X いっちきちもんちきちの旅 その3

00000010_18534469.jpg





2015年11月7日(土)
a0321323_01523942.jpg
13時過ぎにふれあいの森を出発
来た道を戻っても味気ないので金山志賀坂線(ニッチツ方面)を走って帰る事に

途中、火事か何かで消防車両が対向から入って来た
何かあったのだろうが何があったのかは分からない
八丁峠のトンネルを抜けて北側斜面に出てからは紅葉がピークで非常に綺麗!


299号に入り秩父へ下りて行く
140号を跨ぎ定峰峠へ
a0321323_23520483.jpg
14:33 定峰峠 到着
とにかく先週の重い荷物からのギャップが大きく今週は軽いので乗ってて楽しい!
時間も早いし、まだまだ走りたいので奥武蔵グリーンラインへ入る


14:48 刈場坂峠 到着

道中、今度は警察車両
チャリダーが胸を押さえて警察に何か説明していたのでおそらく事故ったのであろう
鎌北湖へ下りて本日のクネクネは終了

軽いって・・・いいなぁ・・・

活動時間:9時間ほど
走行距離:330km


[PR]

by mystxl1200 | 2015-11-26 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X いっちきちもんちきちの旅 その2

00000010_18534469.jpg





2015年11月7日(土)
a0321323_01055502.jpg
11:41 三国峠 到着
ふれあいの森を出たのが10時過ぎ、普段は三国峠まで40分ほど
撮影にかなりの時間を割いたため倍以上の時間がかかっております
a0321323_01095408.jpg
三国峠から南側の山々は一面、紅葉しております

20分ほど休憩して、さて下りようとした時にWR250Xが1台登って来る
私以外にも物好きがいるもんだなぁwと思っていると
「WRですよね?」と声をかけられた
そうか・・・サイクロップなんでパッと見は分かんないモノなのか!?
まだ買ったばかりとの事で非常に綺麗です
神奈川から来られたそうで最近、林道にハマっているらしい
色々カスタム談義に花が咲き、お互いのWRを観察する
私自身はカスタムしてあった中古車両の購入だったためノーマル状態を知らないので色々見せていただいた

「キャストでも大丈夫なんですか?」とよく聞かれるが、私的にはパンクの方が怖いし、Rのホイールなら現地でチューブ交換できそうなイメージがあるが、Xのホイールだとビードを落とせる気がしない

私自身も会話においてスポークホイール(リム、ハブ、ワイヤースポークから形成されるホイール)に対してキャストホイールと言ってしまうが本当のキャストホイール(鋳造成型で製造されたホイール)だと確かに振動や衝撃でホイールが割れてしまうような気がしないでもない

しかしながら会話上でのスポークホイールに対してのキャストホイールという言葉には鋳造ホイールと鍛造ホイールが含まれてしまっている
マルケジーニは鍛造ホイールですし実際のスーパーモタードで飛んだり跳ねたりしている代物なので、素人が少々ダート走ったくらいでホイールが割れるわけない!と私的には考えておりますw
ただし明らかに大きな石に乗り上げたり、段差を無理に登ったり、壁に激突したりといった衝撃は危険なのでは?とは思う
ダート走行時は少しでも衝撃を和らげるためサスを前後、最も柔らかくした状態で走ってます

12:15 いよいよ中津川林道 ダウンヒルに挑戦!
モタードde林道 中津川 ダウンヒル 行ってみまーす


エンブレと後輪ブレーキで走っていくが下りなので後輪に荷重が乗りにくいためトラクションがかかりづらいのかリアが滑り始める
この滑りが非常に面白くて楽しくて、後半は意図的に強めにブレーキを踏んで滑らせるw
オフ車はこういう楽しみ方なのかねぇ・・・

a0321323_01523942.jpg
12:56 ふれあいの森に戻ってきた

さて・・・往復3時間以上かけて録画を繰り返し1本の動画が完成!
5分以上撮っているのに編集すると使える部分は10秒くらいだったりとか・・・
思ったほど迫力がなかったりとか・・・
落ち葉が舞う動画が綺麗だったりとか・・・
なかなか楽しい中津川林道、いっちきちもんちきちでした!


動画の最後にメイキングをオマケしてみた
間抜けだわぁw

その3へ続く










[PR]

by mystxl1200 | 2015-11-24 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X いっちきちもんちきちの旅 その1

00000010_18534469.jpg





2015年11月7日(土)
R2で中津川林道へ行ってから2週間、そろそろピークかと思い今週はWRで中津川林道へ
川上牧丘線は10月で冬季通行止めなため、今回は中津川林道をいっちきちもんちきち(往復)します
何度も走っている中津川林道だが、下りは初めて!
まともに林道の下りを走ったのは貫抜林道である御岳山林道の下りくらいなので大した距離を走った事ございません
川上牧丘林道はガレがひどくてとてもじゃないけど下れない・・・
もしR化したとしても川上牧丘は勘弁してもらいたいなぁ・・・
a0321323_00335692.jpg
7:30 まずは給油して出発
三国峠で折り返しなので、そこまで早朝出発でもなくこの時間に家を出る
8:22 定峰峠到着
いつもより若干早い気がしないでもない
a0321323_00475866.jpg
明日は雨のため昼くらいから天候は崩れていくらしい との事だが意外に天気が良い
a0321323_00493129.jpg
9:55 中津川、ニッチツ分岐 到着
ひょっとして・・・紅葉・・・終わってる・・・?
a0321323_00505588.jpg
山はそうでもないかも・・・?と不安を抱きつつ林道へ
a0321323_00550446.jpg

a0321323_00580765.jpg

a0321323_00552388.jpg
ちょっと・・・1週間・・・遅かったかも・・・w
a0321323_00555922.jpg

a0321323_00563717.jpg

a0321323_00574862.jpg
今日は時間的な余裕があるため、結構な頻度で停まっては写真と動画を撮って行く

その2へ続く





[PR]

by mystxl1200 | 2015-11-22 00:00 | ツーリング | Comments(0)

WR250X いっちきちもんちきちの旅 準備編

00000010_18534469.jpg





いっちきちもんちきち:土佐弁で行って来て戻って来て の意味

2015年10月24日
スバルラインが無料のうちに嫁さんと車で富士山を見に行こう的な話になったのだが出発は10時とちょっと出遅れた感じに・・・
秩父方面へいつもの道を走り車なので定峰峠まで行かず、彩の国ふれあい牧場経由で82号へ降りて皆野の道の駅へ
わらじかつを食べ、さぁ富士山へ・・・とナビで見る限りここから雁坂トンネルを抜けて4時間ほど
着いたら夕方かぁ・・・と
まぁでも明日も休みだしいいや!と思ってスバルラインの情報を見てみると・・・
weekday って書かれてある!?
あれ・・・ウィークディって平日の事なんじゃ・・・!?
ΩΩΩΩΩ<ナンダッテー!!!

到着も遅いし、有料だし・・・という事で結局プラン変更する事に
ここから近場で楽しめるとなると、中津川林道で紅葉でも見よう!

a0321323_00134066.jpg
14:20 彩の国ふれあいの森 到着
バイクでは何度も来てるけども、この周辺を散策した事は一度もなかった
a0321323_00165380.jpg
橋を渡り散策道へ
丈夫そうな橋なわりに10人しか同時に渡れません
祖谷のかずら橋ですらもっと人が渡っているのに・・・

a0321323_00135772.jpg
a0321323_00140845.jpg
a0321323_00142245.jpg
もうあと1週2週といったところでしょうか
黄色は見えますが、赤とまでは行っていません
a0321323_00143027.jpg
こまどり荘は形が福建土楼(ふっけんどろう)みたいで、ちょっと素敵やん?w

とまぁ、この週は準備みたいなもんでした
この1週間後は福井へツーリング
さらに1週遅らせて2週間後、紅葉がピークかなぁ?と思い再度、訪れます・・・

その1へ続く




[PR]

by mystxl1200 | 2015-11-21 00:00 | ツーリング | Comments(0)

ダムカード 中部北陸 机上論の旅 その2


00000010_18534469.jpg





2015年10月31日(土)
158号から156号へ入り北上すること10kmほど
道中、彼方にロックフィルダムが見えてくるが中々近づかない・・・
a0321323_23303293.jpg
10:28 御母衣ダム 到着



a0321323_23310470.jpg
ちょっと天端を散策してみる・・・が管理所は見当たらない



a0321323_23311303.jpg
10:41 ダムからさらに156号を白川郷へ向いて走ると MIBOROダムサイドパーク 到着



a0321323_23314758.jpg
紅葉もちょうどいい時期

この時点ですでに当初の予定から言えば1時間半以上、押している事になる・・・
何とかせねば・・・と地図を見る

次の予定は阿多岐ダム
156号を158号との分岐まで戻り156号で南下して45kmほど
やはり全部は無理だと判断し行けるダム、行きたいダムを選んでいく・・・

御母衣ダムも位置的には行って戻っての往復が20kmほどあるため、これはこれで失敗だったかもしれない・・・と思ったがロックフィルダムは見た目も壮大だし眺めもいいので外したくない・・・
阿多岐ダムの次は・・・九頭竜ダム、これまたロックフィルダム

阿多岐ダムを飛ばして少しでも時間短縮のため荘川→白鳥間を高速道路で移動する
白鳥から油坂峠を越えて九頭竜湖を左に見ながら九頭竜ダムを目指す
a0321323_22314452.jpg

a0321323_22315421.jpg

a0321323_22320252.jpg
12:03 九頭竜ダム 到着
ここも福井県には違いないのだが若狭湾からは遠く離れている
夕食までは6時間を切っている・・・
何処かで何かを諦めないと・・・

九頭竜ダムから158号を走り大野市街を目指す
途中、真名川ダムとの分岐があり行きかけたが往復10km以上と考え泣く泣く引き返す・・・

本来なら真名川ダム、笹生川ダムを経由して貯水容量日本一のロックフィルダム 徳山ダムを目指すはずだった・・・
大野市街への道中、雨が強くなってきたためレイングローブへ変更
a0321323_22444638.jpg
13:17 中部縦貫道 大野IC 付近のコンビニで昼飯を調達
ここに来るまでに多少降られたが西の空は明るくなっており、関西方面から向かってきているツーリングメンバーはみんな晴れているLINE画像ばかりなので悪天候になる事はないだろう

ちなみに私の中部北陸ツーリングマップルは2008年度版のため中部縦貫自動車道は存在しないw
予定の線はかかれてあるが予定は未定であり決定ではない
ただETCの利用照会を見る限り福井北ICからの北陸道から課金されているため私が走った中部縦自動車道は無料区間だったのであろう

ここまでの道中に雨脚が強くなったため冬用グローブをリアバッグの上に置き、バッグにレインカバーをかけた
昼食後、雨脚が弱まり高速道路移動となるためレインカバーが外れて飛んでいく事を考えレインカバーを外す
大野ICから中部縦貫自動車道へ、その後福井北ICから北陸道へ
14:51 トイレ休憩に南条SAに到着
二輪車置き場にバイクを駐車し後ろを振り向くと・・・

バッグのうえには♪ グローブが♪ ひ と つ ♪

しばらくポルナレフ状態・・・
ダムは周れないわ、グローブはなくすわ、もう15時だわ・・・

結局、小浜ICまで北陸道、舞鶴若狭道をひた走る

16:00頃 小浜市 到着
色々な物を諦めてきた結果、そこそこ余裕ができたため福井県 大津呂ダムへ
しかしながら管理所が見つからず、これまた断念・・・
 
17:00頃 今夜のお宿へ到着
懐かしい面々との再会、お風呂を済ませ夕食へ
a0321323_23150658.jpg

a0321323_23151410.jpg
宿の様子や今回のツーリングに関してはツーリングチームの方がまとめてくださっております

その3へ続く










[PR]

by mystxl1200 | 2015-11-07 00:00 | ツーリング | Comments(0)

201510 涸沢カール まとめ

2015年10月3日(土)~2015年10月4日(日)
a0321323_01160287.jpg


a0321323_23094183.jpg


a0321323_23402404.jpg


a0321323_00024153.jpg

a0321323_00175992.jpg

a0321323_12032349.jpg


a0321323_12473427.jpg


a0321323_22590671.jpg


a0321323_23271261.jpg

a0321323_23425745.jpg


a0321323_00351159.jpg
人間側の時期的な調整や、天候、気候といった自然任せな部分の運などここに行くまでに非常に苦労しましたが、結果的に非常にいい山行となりました

来年からは2000mを超えるような山には当分・・・下手すれば二度と登ることはないかもしれません
初のテント泊として紅葉の涸沢に行けた事に満足しています

今後の課題としても色々気づかされました
とにかく・・・何とか・・・もうちょっと・・・スタミナがどうにかなんないものか・・・

   平坦な道  登り  下り
私    ◎    ×   ○
嫁さん  ×    ◎   ○

登りでどうしてもペースが落ちてしまい、そのうえ写真を撮るのに道中立ち止まるため嫁さんのご機嫌がななめになってしまいます・・・
このあたりを覆せるほどの体力が欲しい・・・

今回の涸沢では風が強かったため星空の軌跡など撮影できませんでしたが、せめてテントの花の夜景くらいは押さえておくべきたった
疲れきって夜起き出す気にはなれなかった
今思うと悔やまれるなぁ


さて・・・
普段のキャンプ場でのテントでは寝られる嫁さん・・・
雲取山の山小屋では寝られなかった嫁さん・・・

山でテントでは・・・

あのデコボコした石畳のうえでぐっすり眠れたようです

a0321323_00174959.jpg
金峰山で足裏が痛くなったためインソールを変更してみましたが、2人とも今回のような石が多い道でも足裏が痛くなる事はありませんでした
以前はビルケンシュトックのブルーフットベッドを使用していましたが、嫁さんはスーパーフィート、私はコミネのよくわからないインソールw
トータル17kgほど
フォーカスLだとG3XでEVFを着けたまま収納できます
フォーカスMだとG3XでEVFなしでピチピチ収納でした

a0321323_00354783.jpg
また、いつか、行きたいなぁ
a0321323_10513434.jpg
a0321323_10515399.jpg





[PR]

by mystxl1200 | 2015-10-22 00:00 | アウトドア | Comments(0)