フォトキナ2016

フォトキナ2016がいよいよ開催され、各社、新商品が発表されております。

気になるモノと言えば
a0321323_23465822.jpg
オリンパス OM-D E-M1 MarkII

主な特長
1、一瞬を切り取る高速連写とAF性能、AF/AE追従で最高18コマ/秒の連続撮影を実現
2、防塵・防滴・耐低温(-10℃)設計ながら小型・軽量、高い機動性と信頼性を両立
3、高速画像処理エンジン「TruePic VIII」&有効画素数2037万画素Live MOSセンサーによる高画質
4、進化したボディー内5軸手ぶれ補正+電子手ぶれ補正で安定した高画質、4K対応OM-D MOVIE
5、撮影領域を更に広げる静音モードなどオリンパスならではの充実の撮影機能

オリンパスのいいところは、今載せられる機能、全部載せで出してくれるところ
小出しでマイナーチェンジみたいな事がない分、思い切って買える気がする

a0321323_00003413.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
単焦点を買うなら25mmと思っていたので、これまたすこぶるいいのが出た
a0321323_00022673.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
登山の時に1本しか持って行けないなら・・・となると丁度いい焦点距離だと思う

E-M1 MarkII の値段がこなれてくれば何とか手をだしたいけど、この性能なら20万近いんじゃ・・・
カメラ・レンズ貯金が追いつかない・・・
おそらくPROレンズキットが出るだろうけども、どの組み合わせで出してくるか
a0321323_00110098.jpg

バッテリーグリップまで着くとマイクロフォーサーズとしてはかなり大きなカメラになってしまう感はある・・・
誰か買ってプレゼントしてくれないだろうか・・・

そして
a0321323_00445784.png

GoPro も 5 まで来ましたか・・・
a0321323_00180568.png
ハウジングがいらないのは魅力的(47000円)
ここのところHERO3 Blackの調子が悪く、何とかならないか考え中
今回は5の話題より
a0321323_00222346.jpg
a0321323_00223523.png
自分とこでドローンを出してきた事が話題に
今までGoPro搭載用のドローンは何社かあったが自社で出しちゃえば連携がいいのは当然
しかも
a0321323_00224004.png
セット内容にジンバルも含まれている
で、フルセットで9万円!(カメラなし)
麻痺しだしてきているのかとも思ったが、これだけのセットで9万は安いと思う
カメラ足して137000円
DJI ファントムより汎用性が高いし、いつもながらアクセサリーが豊富なのはGoProの特権

んー欲しいな!

RICOHはTHETAの新作が出るような話だったが情報がない・・・

Canonがいつのまにか EOS M5 を出してミラーレスに若干力が入ってきた感じだけども
レンズもEF-Mレンズ出してきたけど、ガチで性能いいのはやはりEFレンズな姿勢
EFレンズ使うならボディだけM5で小さくしても旨みは薄れるなぁ・・・

何にせよ年末商戦が楽しみなラインナップ!
何か・・・いい稼ぎがないかなぁ・・・


[PR]

by mystxl1200 | 2016-09-25 00:00 | カメラ | Comments(0)

RICOH GR 救出活動

先日のキャンプで水濡れさせてしまったGR

状況としては朝起きてみたら、水濡れてしていた
という状況なため正確にはどのくらいの水にさらされていたのかは分からない
ただ付近に置いてあったiPadや携帯の濡れ具合を見る限り、流水にさらした程度の水濡れではあると思う
水たまりになっていたわけではないので水没ではない

発見後、電源ボタンは押さずに電池、SDカードを抜き取りタオルで水気を拭き取った
その後、エアコンを効かせた車内に電池カバー、フラッシュを開放状態で放置

水濡れに気づいたのが朝7時くらい
13時頃、家に帰り着き、ひとまず防湿庫で保管
防湿庫の設定は40%前後

まずはダイソーに行って密閉できるケースと乾燥剤を買ってきた
a0321323_01512379.jpg
食品用の乾燥剤(シリカゲル)や下駄箱に入れるような湿気取りなど、一通り買ってきて
全てを密閉ケースにGRと一緒に入れる
湿度が分かるように時計も一緒に入れた
当初、密閉ケース内の湿度は51%
a0321323_01543880.jpg
翌朝、確認してみるとケース内の湿度はLoとなっていた
計測範囲が20%~90%という事なので、少なくとも20%以下なのは確か
あとは乾燥剤に頑張って貰うしかない・・・

7月30日
ケースに入れてから6日・・・
開封してみる

電源を入れる前にレンズカバーを手動でスライドさせレンズを見てみる・・・
水滴や曇りは見られない

それでは電池を入れ、電源を押してみる・・・

いつも通りの音がして、電源が入り、レンズが飛び出してくる
シャッターを押せば、問題なく可動

RICOH GR 無事、生還!

適当に撮って大画面で確認するも、とくに問題はなさげ
直接、水がかかったわけではなく、水滴となった水がテーブルにしたたり落ちて、その飛沫を浴びていたのかもしれない

何にしろ よかったぁ・・・

今後は精密機器は寝る前に車内に避難しようと深く反省・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2016-08-16 00:00 | カメラ | Comments(0)

2016年7月 四万十川 天満宮前キャンプ場 その3

00000010_1257561.png





2016年7月24日(日)
a0321323_23102430.jpg
昨夜、何時くらいからなのか記憶にないが、結構な雨で蒸し暑く寝苦しかった
木陰だったので雨水が大粒になりテントをなかなか激しく叩いてくれた

かなり打ち込んでいたのにパイルドライバーも朝起きたら倒れていて、結構な雨だったんだなと改めて思った
倒れたランタンはそのまま地面に叩き付けられたようだがマントルは破損していたがグローブは割れてなかった
とにかくイエローグローブが割れなくてよかった・・・
a0321323_23222449.jpg
結局、天満宮前キャンプ場は今回も雨に降られた・・・
一般的なキャンプ場ではチェックアウト時間が設けられており、雨だろうが槍だろうが時間までに片付けをして出て行かないといけない
天満宮前キャンプ場にはチェックアウト時間も特にないため、ゆっくり片付けができる

雨がやむかなぁと思いつつ片付けを始めるが、結局やむ事もなく、シトシトしとしと降り続けた
a0321323_23420542.jpg
片付けを始めだして一気に目が覚めた
覚めた というより 冷めた

シェードの天幕に水がたまっており、そこから横幕を伝ってテーブルの上に水が流れ込んできている
テーブルの上には水浸しの RICOH GR と携帯電話とiPadが・・・

携帯電話は電池切れだろうか?画面が消えており反応がない
iPadはケース、本体ともびしょ濡れ・・・
GRもなかなかのびしょ濡れ具合だ・・・

ひとまず通電させる事が一番マズイので外側を拭き上げカバーを外し、電池を取り出す
iPadは濡れているものの反応もあり、特に問題が見あたらない
GRも電池、SDカードを抜き、フラッシュを立ち上げできる限り開放する
今やれる事はこれくらいなので車の中に引き上げ、これ以上濡れないように確保・・・

バイクキャンパーも5台ほどいたが、みんなずぶ濡れのまま帰っていった
車の私ですら雨はホトホトなのにバイクとなると・・・

ハンモックは嫁さんに言われて寝る前に車に引き上げておいたが正解だった!
ただ、まぁ、残りが悲惨な事に・・・
今後は眠くても雨が降る前提で最低限な片付けはしよう・・・

12時前に片付けも終わりキャンプ場をあとにする

高知県中土佐町 四万十川
天満宮前キャンプ場

1泊のお値段は・・・・・・・・・

お一人様

300円w

つまり1泊2名で 600円
区画無し、車乗り入れ○
予約いらず、先着順
炊事場、トイレ、シャワー あり

今回のキャンプ場代は600円となります・・・
石川県健康の森オートキャンプ場もかなりな金額設定だったが、それを上回るこのお値段・・・

a0321323_00100912.jpg
14:45 家に帰って、持ち帰った久万秋の湧水でコーヒーを入れホットサンドを作る

GR・・・頼む・・・頑張ってくれ


[PR]

by mystxl1200 | 2016-08-14 00:00 | アウトドア | Comments(0)

長考

マイクロフォーサーズでの機種選定を行う
オリンパス or パナソニック という事になるが
ファインダー有りで無骨なデザインとなると オリンパス となる

わかり易いスペック差となると 4K動画 の有無くらい
「あと数年もすれば4K、8Kが当たり前になる」みたいな事をよくネットで耳にしますが「んなこたぁ~ない」と私自身は思っております
地上波の4K放送が一般的にならない限り普及するとは思えないんだけどなぁ
というわけで4Kには特に魅力は感じません
今持ってるGoProでも30fpsでは4K撮影できますし・・・

オリンパスに絞られた事でまた新たに迷いがでます
OM-Dなのか、PENなのか・・・
a0321323_00301720.jpg
本田にするか、宮崎あおいにするか・・・
a0321323_00034339.jpg
もちろんEVF内臓と外付けを考えると内蔵であるOM-Dなのですが、PENは父親から一時期、PEN-FTを借りていた事もあって思い入れがあります
と、まぁ、そういってもここでブレるとあとあと面倒なのでEVF内臓であるOM-Dを選択します

年末、クリスマス、ボーナス商戦のため、各社キャッシュバックキャンペーンが行われております
O-MDも当然対象となります
a0321323_00321740.jpg
O-MDシリーズでの最新機種はE-M10 MarkII
実店舗で実際に見てみる
大きさ、デザインは好みなんだけど塗りが何だかちょっと・・・
ただ防塵防滴でないため選定から外れます
a0321323_00330032.jpg
残りはE-M1、E-M5、E-M5 MarkII
MarkIIが出ているという事でE-M5はなし
フラッグシップのE-M1か、5軸手振れのE-M5 MarkIIか
ここでかなり悩みました
E-M5 MarkIIが出ているという事はE-M1 MarkIIも出るわけです
色々調べてみると、おそらく2016年に発売されるのでは?的な感じでした
出たとしてその時にレンズキットで購入すると考えると
E-M1発売当時のF2.8のPROレンズキットで初値20万弱

んーちょっと現実的ではない気がしないでもないような、そうでもないような・・・

フルサイズのLレンズは金額的に手が出せませんが、マイクロフォーサーズの大三元レンズなら手が出せない金額でもありません
そういう意味でもマイクロフォーサーズを選んだのです
小型、軽量なうえに財布にも優しい!
それがマイクロフォーサーズw
a0321323_01001361.jpg
E-M1とE-M5 MarkIIを比較してみる
・センサーサイズは同一だが搭載センサーは同一の物ではない(M1搭載センサーは高感度に弱いと言われている)
・5軸手振れ補正は両機種搭載(性能はM5の方がシャッタースピード1段分上、動画での手振れ補正も上)
・AFはM1が像面位相差AF搭載、M5はコントラストAFのみ搭載(フォーサーズレンズを使用する上ではM1が有利)
・M5のみ40MPハイレゾショット可能(今後のファームアップでもM1はハイレゾショットはできない模様)

ここで改めて使用用途を考える
登山、バイクツーリングに持ち出す事を考えて動画に関してはバイクではGoProが必須
O-MDをちょんまげスタイルでヘルメットに取り付けるわけにはいかないw
登山には今までタイムラプスのためだけにGoPro一式を背負って登っていたわけだが、これはO-MDで代用できると考えていい
となると少しでも動画性能がいいM5となる
プラス 40MPハイレゾショット
マイクロフォーサーズのセンサーサイズでも静物ならハイレゾショットを使えば十分フルサイズ画質になるのではないか!?
フォーサーズレンズも手持ちがあるわけではないので重要視しなくてもいい

というわけで
O-MD E-M5 MarkII に決定いたしました

あとはボディ色かなぁ・・・

[PR]

by mystxl1200 | 2015-12-22 00:00 | カメラ | Comments(2)

熟考

色々考えた結果、手放したG3X
無事、次のオーナーさんに引き取られて行きました
a0321323_23580137.jpg
RICOH GR は、日常的に使い勝手は非常にいいのでそのまま使う前提としてもう1台のカメラを考えて行きたいと思います

G3X購入まで求めていたモノ
・コンパクトデジタルカメラ(レンズ交換式でない)である事
・ある程度の広角、ある程度のズームを有する
・センサーサイズは1インチ以上
・登山、バイクツーリングに耐えうる機種(大きさや重さ、防塵防滴)
・光学ファインダーは必須ではない
・液晶のバリアングル、チルトは必須ではない

a0321323_23575192.jpg
このあたりの条件に合致した物が PowerShot G3X でした
でG3Xを購入した結果、手放す事になったわけですが、G3Xのおかけで色々気づかされた点もあります
・EVF または 光学ファインダー は必須(外付けEVFではありましたが非常に見やすく液晶で確認して撮影する事はなくなりました)
・防塵防滴は必須(リュックのショルダーベルトに取り付けた際に砂埃や急な雨等、気にせず使用できるのは便利!)
・G3Xは600mmを考えると驚異的な大きさだが、G3Xを持ち運びする事を考えるとレンズ交換式と大きさでは大差がない
・画像の綺麗さはセンサーサイズ的な部分でどうにもならない事がある

このあたりを踏まえた結果、新しいカメラに必要な条件は
・EVF または 光学ファインダーを有する
・防塵防滴
・一眼レフ、ミラーレスも候補に入る
・センサーサイズは現在の1インチより大きな物

この条件にプラスして
・できる限りの軽量、コンパクト
・ある程度のレンズが用意されており、手を出せる値段のレンズである事(数十万円ってのは無理です・・・)

という事で
G3X購入の際に最後まで迷っていたのは EOS M3 でした
今までと同じキヤノンのミラーレスのため、操作体系は変わらず使える事も有利です
G3Xで気に入っていたEVFも同じです
センサーサイズはAPS-Cのため、フルサイズまで行かないものの十分なサイズ
デザイン的には全体的に丸みを帯びていて、そこはあまり好みではない

では EOS M3 にするかとも思ったのですが非常に気になる点がひとつ、レンズです
EF-Mマウントが登場してからずいぶん経つにもかかわらず、未だ専用レンズは4本しかない
EFレンズが使えるといっても、あくまで専用レンズはEF-Mマウントであるべきはず
EFレンズとM3ボディでは外観のデザインが違いすぎて違和感がある
EF-Mレンズに関してはEFレンズのLレンズに該当するグレードの物はなく、非常にやっつけ仕事感を感じてしまう
今後の事を考えてもキヤノンやニコンはフルサイズ一眼レフが主戦場ですし、ミラーレスに本気で力を入れてくる感じはしない・・・

となると同じAPS-Cサイズで探すとなるとソニーかキヤノンのkissシリーズ
ソニーのカメラは現在、高性能なのは理解しているつもりだがデザイン的に無骨なのが好きなのでソニーもなし
ニコンは重たいっていうイメージがどうしても付きまとう
キヤノンだと6Dまたは70Dあたりを考えたいが何とかボディは買えてもレンズを買えるお金は残りそうにない・・・

という事でフォーサーズに落ち着きました
というわけでマイクロフォーサーズで機種選定して行きたいと思います









[PR]

by mystxl1200 | 2015-12-20 00:36 | カメラ | Comments(0)

葛藤

G3Xを買う時にもコンデジとミラーレスの狭間で非常に葛藤があった
そしてG3Xを買ってからも改めて思う事が色々あった
比較対象がGRとG10しかなかったというのもありましたが色々考えるきっかけになったのは間違いない

とにかくEVFが便利で今や液晶パネルは確認用でしかありません
両手と頬で抑えるためGRやG10に比べるとブレに強い
ズームレンズは今までに持った事がなかったため、どういった使い方をすればいいかよく分からない
どちらかと言えば望遠鏡代わりw
重さはコンデジというには重いが24mm~600mmをレンズ1本でと考えれば、これに代わる物はない
アウトドアだけでなくツーリング用途も考えると防塵防滴が非常にありがたい
ダートはほこりっぽくなるし、急な雨にも多少の濡れなら気にしなくていい
メーカー自ら山カメラと言うだけあります
そんなこんななG3X

a0321323_21594181.jpg
RICOH GR + GW-3(ワイコン)
a0321323_00253194.jpg
Canon G3X

我が家では写真を撮ったあとはTVにHDMI接続して確認するのがいつものパターンとなってます
PCのモニターは22インチ、TVは42インチのため印刷しなくても確認に便利!
で、上記の2つの写真、構図はほぼ同じで広角端で撮影したもの
「どっちが綺麗?」と嫁さんに聞いてみるとGRとの事
だよなぁ・・・私もそう思う・・・
私的には色味はキヤノンの方が好きなんだけども、でもそれもずっとGシリーズを使っていたからだけなのかもしれない・・・
これが1インチとAPS-Cとの差なのかなぁ・・・と
嫁さんはカメラの知識はないので純粋な印象のみでの感想となる

G3Xの不満点はAF精度
空などコントラスト差が少ない場合はもちろん、普段のちょっとした時にも黄色枠(被写体にピントが合わない場合に表示される)が発生します
G10の頃と比べて被写体が大きく変わったりしている事もありません
同じような用途で使っていてもG3Xは黄色枠が非常に多く感じました
結構なストレスになります
過去の機械でできていた事が今の機械でできない事に不満を感じます
ただし黄色枠を表示させる条件がG10の頃と比べると変更されているのかもしれません
G10の頃はピントがあってるあってないの判断ができなかっただけかもしれない
ただ、まぁもしそういった事であったとしてもメーカーとしてやり方はもっと他の方法もあったように思う
唯一の不満点にして最大の不満点

a0321323_23271261.jpg
G3Xが悪いというわけではなく私が使いこなせていないという部分も当然あります
G3Xでお気に入りの写真を撮ることもできた
G3Xでないと撮れなかったかと言われれば、そうでもないとも思う
でも、この時、この場所でG3Xを持っていたから撮れた写真なのは間違いない!

短距離のツーリングから1800kmの長距離ツーリング、半日の登山から泊まりの登山まで
いろんな場面で使ってみた結果、1インチ以上のサイズのカメラを使ってみたくなった

残念ながらG3Xを手放す事にしました

[PR]

by mystxl1200 | 2015-11-29 10:30 | カメラ | Comments(0)

涸沢に向けて カメラ編

衝動買い的な部分も多少あり、ちょっと記憶があいまいなのだけれども
これを買ったから涸沢に行きたいと思ったのか、涸沢に行きたいからこれを買ったのかいまいち思い出せない・・・
a0321323_00245153.jpg
RICOH GRにこれといった文句はなくコンパクトで使い勝手もよくデザインも好みである
GR2 も発売されたが、2年後のモデルチェンジで変更されたのはwifi内臓とファーム関連くらい
大きな変化がないのは完成度の高さからなのか、それともメーカーの・・・

a0321323_00253619.jpg
a0321323_00254608.jpg
Power shot G10からだと7年ほどになるのか・・・
ブログの写真はここのところGRばっかりだったので出番がなくなってきたG10
防水ハウジングも今やGoProがあるため微妙になってきた

久々にキヤノンのサイトを見てみると面白そうなカメラが発売されていた
G7XやSonyのRX100シリーズは写りはいいのでしょうが、形が好きになれない・・・
G1X MarkIIはGシリーズの正当進化系な気はするけど14年3月発売なのでMarkIIIが近年中に発表されかねない・・・
ついにデジイチか!?とも思ったけどEOS kissクラスですら大きく感じてしまう・・・
ならミラーレスか!?と思ってEOS M3を見てみると、サイズ的には手に収まりそうですごくいい!
しかしレンズ沼が怖くて、この世界には入り込めない・・・
a0321323_00561469.jpg
というわけで
Power Shot G3X を購入いたしました
ここのところ来年3月に向けて、いらない物をどんどんオークションに出品していたのだが、予想以上に売り上げが伸び、ボーナスも支給され、社内の試験の報奨金も出て、嫁さんも「誕生日にいいんじゃない?」的な後押しをしてくれたので購入に至りました

G10、ハウジングもセットで3万弱で売れたので十分、お役目を果たしてくれたのではないでしょうか
あのハウジングがなければ屋久島では使えなかったと思います

a0321323_00514853.jpg
G10との比較
左がG3X、右がG10にG12のフィルターアダプターをつけた物
一回り大きくなりました

a0321323_00584679.jpg
a0321323_00585577.jpg
ハンドストラップ E2を取り付けました
グリップ部分がポッコリ大きく出ているためかなり持ちやすいです
a0321323_01003213.jpg
24-600mm 光学25倍
1.0型CMOSセンサー
防塵・防滴
タッチパネル・チルト液晶
ズームサポート機能
星空モード・バルブ撮影
60pフルHD動画

a0321323_01043609.jpg
今なら5000台限定で EVF KIT があります
外付けEVFで確かに邪魔にはなりますが、他機種でも使いまわしができるとも考える事ができます
G1X MarlIIやEOS M3にも対応

a0321323_01261041.jpg
ロープロクイックローダー ネオ120
ハンドストラップなしなら幅はジャストサイズ
a0321323_01254506.jpg
ハンドストラップありだと多少収まりが悪くなりますが、レンズ右の隙間にEVFを収納できます
レンズ先端部分はかなりの余裕があるのでフードをつけても問題がなさそうです
むしろ問題なのはフードとフィルターアダプターが売り切れで生産が全く追いついていないところ・・・
a0321323_01312417.jpg
さらにこれの一回り大きい140サイズがありますが(ネイビーのみ)、さすがに大きすぎる気がします
100サイズは逆に小さすぎて話しになりませんでした

メーカーサイトでは山カメラとして取り上げられていますが、24-600mmまでカバーできて防塵防滴、重さ733gは結構なハイスペックなのではないでしょうか?
値段もハイスペックでしたが・・・
EVFを持ってる人は急がず、騒がず、本体が値下がるのを待ったほうがいいですね

今年の涸沢の紅葉をこれで撮ってみたいと思います!





[PR]

by mystxl1200 | 2015-08-28 01:45 | カメラ | Comments(0)

何を信じていいのやら・・・ その1

三脚のときにも触れましたが今回購入したUT-43Qには水準器がついておりません。
雲台は自由雲台ですし、RICOH GRには電子水準器がついているためカメラでの水平出しは容易にできます。
しかしながら水平軸で回転させてパノラマを撮ったりするにはカメラや雲台でなく、三脚自体で水平が出ていないと機能を活かしきれません。
というわけで色々考えてみました。
まずはこちら
a0321323_00322055.jpg
三脚と雲台の間にかまして水平を取りましょうタイプ
大体、2000円ほどします。
仕組的には簡単なので自作しようと思いましたが、それなりの強度で作らないと曲がってしまっては元も子もありません。
曲がらなくて、錆びなくて・・・と考えるとステンレスになりますが、それなりの強度となると3mmくらいは欲しいです。
ただ3mmのステン板を変形させずに丸くカットするのは無理だと判断しました・・・。
3mmのステン304 2B 200mm四方でカットしてすでに3500円ほどです・・・。
商品を買った方が安いw

とりあえず保留とします。

続く


SUNWAYFOTO レベリングプレート LP-76 [並行輸入品]
SUNWAYFOTO
売り上げランキング: 135,700

[PR]

by mystxl1200 | 2015-01-23 00:47 | カメラ | Comments(0)

三脚 買い替え検討

RICOH GR 購入に伴い、三脚も考えてみました。
現在使用中なのは、こちら
a0321323_00250138.jpg
SLIK プロミニIII N 2段 卓上三脚
これの雲台をクイックシュー仕様に変更して使っておりました。
一緒にツーリング行く方も一眼レフ使いですが、こちらの三脚を使用しておりましたので耐重量的にも問題ないのでしょう。
もちろんG10で使っていた分にも全く問題はありませんでした。
a0321323_01520169.jpg
最近はGoProタイムラプス専門になりつつありますw

RICOH GR 購入を機に、三脚も変えてみようと思いました。
要望事項
現在より高さを稼げる(プロミニIIIだと基本的にあおり(仰角)となる)
雲台は自由雲台(まぁ・・・あとで変更もできますが・・・)
出来るだけ軽く(登山にも持ち出したい)
出来るだけコンパクトに収納できる(バイクのタンクバッグ内収納が理想)
エレベータ機構は必要なし(サイズ的にもかさばりそうだし)

ゴリラポッドも考えましたが、ひとまずは標準的な三脚も1つ欲しいと思い却下しました。

アマゾンでとりあえず探してみる・・・。
引き続きと思いSLIKで探してみるが、イマイチごついのしかない・・・。
AmazonBasicが非常にお安いが重量的にはかなり重め・・・、そのため収納性も悪い。

2点ほどに絞りこみ
Velbon 三脚 CUBE 8段 小型 自由雲台 アルミ製 306500
Velbon 三脚 ULTREK 6段 中型 自由雲台 アルミ製 UT-43Q

携帯性 軽さ 収納性 CUBE
機能性 丈夫さ クイックシュー ULTREK

それぞれが50%以上割り引かれているうえにCUBEは3000円台なので「もういいかw」と思いどちらも購入・・・w
a0321323_00553484.jpg
CUBE
収納時の大きさはかなりコンパクト。
薄く平たく収納されるので荷物のちょっとした隙間とかに入れる事が可能な感じです。
足は全部伸ばすか、縮めるか、どちらかのみ。
かなり細く重量をかけると足がしなります。
しならせる事できっちり立たすような仕組みなのですね。
値段相応の作りです。丈夫そうではありません。
自由雲台ではありますが、そこまでの自由度はなし。
ワンボタンで足の伸縮ができる機構には感心させられました。

ULTREK
定価がそこそこのため、非常によくできていると感じました。
というより、まともな三脚を初めて買ったため、このクラスだと普通な出来なのでしょうか・・・。
a0321323_01055162.jpg
足の伸縮も回して伸ばして、回して固定。
ウルトラロックと言われる機構。
GoProのポールと同じ仕組みです。
昔みたいにくるくる何度も回さなくていいし簡単、お手軽です。
a0321323_01094518.jpg
自由雲台
水準器はついてません。
エレベーター機構あり。
水平軸で回せるので三脚の水平が取れればパーンも簡単です。
a0321323_01120647.jpg
脚の開閉角度はこの部分で変更可能。
左右3段階に動いて角度を固定できます。
a0321323_01054346.jpg
最大に開いた状態
a0321323_01053394.jpg
中間状態
a0321323_01143178.jpg
開閉角度機構部を浮かせて回転させると収納モードとなります。
a0321323_01164239.jpg
脚を反対向きに折り込んで行きます。
a0321323_01165517.jpg
自由雲台の角度を脚に合わせれば完了!

タンクバッグに入る形状なうえに重量も1.1kg
この重さなら登山でも何とかならない重さではないです・・・。
と思いたいです・・・。
CUBEとの重量差が700gなので登山だとCUBEなのかなぁ・・・。
バイク、車ならULTREK
700gだと缶ビール 2本多く持てる事になってしまうのかぁ・・・。

ひとまず、これまたTPOに合わせて使う感じになりそうです。

あとSLIKに比べてVelbonは予備クイックシューがお安いのもいいですね!
SLIK 1200円台
Velbon 500円台

CUBEも真ん中の脚だけ自由に長さが固定できれば、万能なのになぁ。












Velbon トラベル三脚 CUBE 8段 小型 自由雲台付 アルミ製 306500
ベルボン (2010-12-10)
売り上げランキング: 4,818

[PR]

by mystxl1200 | 2015-01-22 00:00 | カメラ | Comments(0)

完治!?

色々迷った結果、購入いたしました。
久々に現行機種に手を出した気がします。
Power shot G10と使い比べてみての感想
小さくて軽い
AF(オートフォーカス)が若干遅い
マクロ時、AFがなかなか合わない
ズームがないと割り切ってしまえば、気にならない
むしろ、ボケが簡単に出せる
ファンクションの機能割り当てが便利
クロップ機能が意外に便利で使いやすい

a0321323_01003586.jpg
色目的にも非常に気に入っております。
工業製品らしい表面加工です。
観光地とか展望台にあるお金入れて見る双眼鏡みたいなハンマートーンのような塗装です。
触った感じ、凹凸がないので、ハンマートーン塗装の上にクリアーを吹いているような感じです。
専門的にはウェーブトーンと呼ばれるようです。
a0321323_01004245.jpg
グリップ部分は木目調のグリップですが、ここは通常デザインの凹凸パターンでも良かった気がします。
限定色のネックストラップ、ケースも付属しておりますが、こちらは多少、問題があります。
まずケース。サイズ的には専用なので当然ピッタリなのですが、ピッタリすぎてクイックシューを付けた状態でケースに入れる事ができません。
ネックストラップですが、水平釣りをするとケースに入れづらいです。(横スライドで入れるため)
ネックストラップを使うなら水平釣りで使いたかったため、ケース、ストラップ共に使うのを諦めました。
ULYSSESの木製リングストラップを取り付けております。
カメラ重量がG10に比べ非常に軽いため不安感も特にありません。
a0321323_01004899.jpg
フードもついております。
見た目、同じくウェーブトーンに見えますが、金属ではなく樹脂製で表面加工されております。
軽さ的にもこちらの方が軽快でいいのではないでしょうか。
電池のもちはG10より若干、消費が早い印象です。
純正バッテリーが高めの金額設定ですが、SIGMA リチウムイオンバッテリー BP-41が使えますので気になりません。

8年前にすでにネタとして存在していたというのも非常に興味深かったです。

去年の年末に購入して使っておりますが、まだ慣れていない部分もあり、G10と併用している感じです。
ズームが欲しい時がないわけではないので車など積載に余裕がある場合は両方持ち出してます。

今後も長いお付き合いがしたい一品となるよう使い込んで行きたいですね。



[PR]

by mystxl1200 | 2015-01-18 02:05 | カメラ | Comments(0)