里山登山 神峯山(こうのみねさん)

a0321323_00145950.jpg
2018年3月24日(土)
今年の高知県のソメイヨシノ開花は3月15日でした
安定の日本最速です
というわけで今週も近場を巡ることに

出発は7時過ぎ
ひさしぶりの高知県東部
a0321323_00434282.jpg
9:01 唐浜駅(土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線)
a0321323_00571848.jpg
都会の方にはピンと来ないかもしれませんが、車は駅に放置します(もちろん無料)
a0321323_01021281.jpg
上まで車で登ることが可能ですが、それでは意味がないのでへんろ道を歩いて目指す
a0321323_01062168.jpg
ごめん・なはり線に沿って歩いていく
未だにごめん・なはり線には乗ったことがない
a0321323_01102567.jpg
春と言えば「啓蟄」
色んな物が這い出て来ます
嫁さん一家はカエルがダメ
殿様カエルとかかわいいのになぁ…
a0321323_01194989.jpg
しばらくは舗装路を歩いていく
桜もちょうど見どころ
a0321323_01201844.jpg
振り返れば水平線が見える
a0321323_01212058.jpg
30分ほど歩くといよいよ坂道が始まる
この辺りからお遍路さんを見かけるようになる
a0321323_01242203.jpg
35分経過、残り1500m…
神峯山は四国八十八箇所霊場 第二十七番札所 神峯寺
「遍路ころがし」と呼ばれる屈指の難所
酷道439で言えば京柱峠みたいなもん
a0321323_01304846.jpg
つづら折りの舗装路で神峰寺まで行くことも可能ですが、せっかくなのでへんろ道を通って向かいます
a0321323_01371229.jpg
道はどんどん険しくなっていく
a0321323_01341702.jpg


a0321323_01404667.jpg
9:59 九丁公園

九丁は九合目な意味合い
もうすぐたどり着きます
九丁公園には800本のソメイヨシノが植えられているという事で今回来てみたが…とてもじゃないけど800本なんて規模ではなかった
a0321323_00133147.jpg
桜は八分咲きといったところ

a0321323_00160799.jpg
まだまだ本堂は遠い
遍路道を進んでいく
a0321323_00165144.jpg
10:12 神峯寺 駐車場 到着
駅から遍路道を1時間ほど歩いた事になります
駐車場は有料ですが、京都や奈良のお寺さんと比べれば、それほど法外なお値段でもないでしょう

a0321323_00172120.jpg
お遍路さんの集団に着いて行く
a0321323_00175184.jpg
とにかく手の行き届いた境内
a0321323_00182124.jpg
10:28 本堂へ

神峯寺本堂から、さらに裏手に向かい、神峯神社方面へ
a0321323_00225852.jpg
道中の樟(くすのき)
かなりの大木

さらに奥へ奥へと進んでいく
a0321323_00401998.jpg
10:52 神峯山 空と海の展望公園
a0321323_00480502.jpg
a0321323_00472129.jpg
西も東も大絶景
室戸岬から桂浜まで見渡せる
a0321323_01042387.jpg

a0321323_01045633.jpg
唐浜駅から空と海の展望公園まで歩いてきた事になる
歩いてきた甲斐がある大展望、トイレもあり
展望公園付近は茶畑があり、そこまで道もついているので車で来ることも可能
ただし看板等は皆無なためかなり不安になる道中になるだろう

a0321323_01054877.jpg

a0321323_01150523.jpg
行き 3時間
帰り 1時間半 といったところ

a0321323_01184843.jpg
駅に戻ってお昼ごはんにして今回の里山登山は終了

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mystxl1200 | 2018-06-28 01:22 | 四国ネタ | Comments(0)

バイク、アウトドア、カメラ、アクアリウム、プラモデル、ゲームなどなど 好事家らしく色々な事に手を出していきたいと思います。


by myst
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31